美しき合掌 アンジャリムドラーのはなし

今日はヨガで非常によく出てくる合掌の印、アンジャリムドラーについて書こうと思います ちょっと小難しいかもしれませんが、気負わず読んでくださいね(;^_^)
ムドラーとは本来、印章とか封印とかいう意味なのですが、分かりやすく平たく言うと、型(体の型、プラナ=エネルギーの流れを良くするテクニック)の事です
アンジャリムドラーとは、合掌の印のこと
日本人は日常的に、いただきます、ごちそうさま、寺社参拝のときにも合掌をするので、とてもなじみが深く、すんなりと感情移入できるアサナですよね
ヨガで言うアンジャリムドラーにも感謝や尊敬の念が根本にあるのですが、合掌の種類によって、更に少しずつ違った意味合いを持ちます
どのアンジャリムドラーも、まずは肩の力を抜いて顎を引き、脊柱を立てて姿勢を正し、左右均等に体重をかけます
一つ目は、右手左手を左右同じ強さで合わせ、親指を胸の前(胸骨)に付けた合掌

gasyo1

これは、自分自身への敬意と感謝を表す印とされていて、自分の内側に帰るための循環の形でもあります
そして内なる感謝の思念は、宇宙の一部である自分の中心から広がり、目の前の相手への感謝としての意味も持つようになります

私はこの印を自分のレッスンの最後には必ず行って、皆様に自分自身へ感謝するための時間を作ってもらうようにしています
あなたは日常的にありますか?自分自身に感謝する時間って
私は、ヨガを始める前は皆無でした(笑)
というか、その発想自体無くて普通だと思います
このアンジャリムドラーはこうして合掌するだけなのに、自分自身の内なる循環が宇宙の循環と一体である事を感じられる、とても美しいムドラーです

二つ目は、親指と親指を鼻の下当てて、合掌した手を顔の中心に持ってくる形

gasyo2
これは、世界のあらゆる全ての物(=あらゆる意味での命)に感謝と敬意を表す印です
対象は違えど、結局はどちらの印も、自分の存在を形作る境界を取り払って、自分=全 全=自分という真理に近づいていくためのムドラー(=印)なのですね

右手(陽)と左手(陰)
右手(神聖)と左手(不浄)
宇宙と自我・・・
両の掌を合わせる事で、これらの様な2つの相反する対の要素は、調和して初めて完成する唯一の理である事を表しています

自分の内に帰ることは、実は自分という枠を取っ払って、あらゆる次元の命と調和することである… まだまだ私には到底到達出来ない境地ですが、アンジャリムドラーを組んでいると心が静かになって、少なくとも心地よいと感じられるのは事実です

1日に1度は、アンジャリムドラーを組んで、心を静かにする時間を持ちたいですね

↓よろしかったら、ぽちっとお願い致します!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中