鋤のポーズでリラックス上手に

「はい、深い呼吸して〜!」
…と言われて、すぐに深い呼吸が出来る人って多分居ないのではないかな
単純に、自分の体の中に貯められる精一杯の空気を、意識的にゆっくり長く吐いて、ゆっくり吸って…というのも勿論深い呼吸なのですが、本当に体が空気を欲している状態で、だからこそ自然とカウントが長くなるような、気持ちの良い深い呼吸というのは、やろうと思ってすぐ出来るものではありません

ヨーガのアサナで少し動いた後は、自然とこの空気がとても美味しく感じられる呼吸が出来るのですが、実は呼吸の美味しさだけで言うと頑張って動き過ぎたり、キツいポーズをキープしすぎるのもあまり良くありません
…と言うのも、息が上がってしまったり、胸式だけの浅い呼吸になってしまったりするからです

アーユルヴェーダの考え方でも体の代謝機能を正常化するためには、じんわり汗をかく程度の運動が良いとされています
それがまさに、自然と空気がとても美味しく感じられる深い呼吸ができるような運動なんですよね

今日のレッスンは、生徒さん達に、呼吸が美味しく感じられる瞬間を味わっていただくために、鋤のポーズ(ハラーサナ)を行いました
鋤のポーズは、仰向けのときに何気無く組み込みやすいポーズですが、じっくり行うと気持ち良さも効果も倍増だと思います
足先をしっかり床に降ろすと割とハードなんで、まずはじっくりストレッチで、しっかり体を温めてから行います

suki

このポーズは、首や肩周りの凝りの解消は勿論のこと、
逆転による血流改善や、お腹の引き締めなどの効果もあります
そして何と言っても、自律神経のバランスを整えてくれること!
ぜひ色んな方に味わっていただきたいのは、このポーズを解いたとき、体が勝手に深い呼吸をし始める感覚です
私が初めて「これが深い呼吸か〜!」とヨガで実感できたのは、
鋤のポーズを解放したときでした
そしてそれ以来、大好きなポーズでもあります(^^)

背筋が垂直に上がるように、脚も腕も真っ直ぐに伸びるようにポーズを完成出来れば、美しいですね
そして丁寧に呼吸をしながら仰向けに戻った後は、筋肉を緩めて思い切り深い呼吸を味わいましょう

「自律神経が整う」という効果は、肩凝りが解消するとか、ヒップアップとかに比べると漠然としていてなかなか感じにくい効果でもありますが、
この鋤のポーズで深い呼吸の爽快感を味わうと、自律神経が整っていくのがしっかり感覚として体感できるように思います

ある意味究極のリラクゼーション!

それが自分の身一つで実現するなんて、何とも凄い事だと思いませんか?

実は誰しもが持っている、体の「リラックス機能」
上手に使っていきたいものですね★

↓よろしかったら、ぽちっとお願い致します!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

コメント1件

  1. ピンバック: 地球人には逆転のポーズが必要なのです « YOGA KURAGE


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中