ルイボスティのアレンジ幅は私のデコよりも広い

世の中には色々なお茶がありますが、
美味しいお茶が飲めたときの満足感は、
「美味しかった〜」だけにはとどまらない、心の栄養補給ができますよね

何故人はお茶を飲むのか・・・
単に水分補給であれば水で充分なのに、
歴史的に見ても地球上のあらゆる場所に住む人が、
それぞれのお茶の文化をそれぞれ培ってきたという事実は
お茶という物が何か人間に必要な物なんだということを物語っていると思います

私は日本茶も中国茶もチャイもコーヒーも大好きですが、
今日はルイボスティの、YOGAKURAGE流アレンジ(←いや別にみんなやってますけどね笑)をひとつご紹介しましょう★

まずルイボスティってどんなお茶?
ってところなんですが、ルイボスは、南アフリカのマメ科のアスパラトゥス属の一種で、落葉するときに葉が赤褐色になります
これがルイボスティのあのきれ〜な琥珀色の元
ノンカフェインでミネラルが豊富なため、
妊婦さんや小さなお子さんも安心して飲むことができるし、
整腸作用やアンチエイジングなど様々な効用があるので、
健康志向の方や女性にも人気です

ちなみに、今飲んでいるのはCARMIEN(カーミエン)オーガニック ルイボスティー ティー


香りもいいし、私は何よりあのスッとする後味が好きです!
脂っこい料理にも合いますよ〜♪

もうね、豚骨ラーメンにはプーアル茶かルイボスかってゆーくらいの相性です
天一のこってりタイプでさえ、食後にルイボスでプラマイゼロですから
・・・おっとヤバい、ラーメン食べたくなってきました
話を元にもどしましょう もとい・・・

さてそのように料理と一緒に飲むときはストレートがとっても美味しいルイボスティですが、
実は色々な飲み方があります

中でも人気があるのは例えばラテ
砂糖とミルクを使ったレシピはやはり鉄板ですね
シナモンやカルダモン、生姜、ブラックペッパーなどを加えて
ルイボスチャイにしても美味しいです!

でも私は、どちらかというとルイボスは透明度を保ったまま
頂く方が好きなので、一番オススメなのは
レモンジンジャールイボスティです

tea2

レシピってほどのものは無いのですが、
茶葉と一緒にレモンピールと生姜を煮出します
レモンピールが無ければ輪切りレモンでもいいのですが、
レモンピールの方がレモンの風味が強い気がします
ぶっちゃけ、私もレモンピールは無い事も多々です・・・
生姜に関しては、私は以前こちらの記事でも紹介したウルトラ生姜を使ってますが、んなもんねーよ!
という場合は刻んだ生姜でOKかと(^^)

そしてそこへ蜂蜜とレモン汁少々を入れて完成

材料の量はすべて適当で!お好みで!

レモンの酸で色は少し薄く明るくなって、蜂蜜でまったりして、とっても美味しいのでオススメです

ほっとしたいとき、スッキリしたいとき、ヨガ後のひとときにもぴったりですよ〜♫

気分に合わせてアクセサリーを選ぶように、
ルイボスティも色々アレンジして楽しみたいですね☆

↓よろしかったら、ぽちっとお願い致します!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中