共感覚が繋ぐ色 音 文字 そしてYOGA

この事を伝えてあるのは友人1人と旦那だけなのですが、このブログを読んでいただく小さな前提として、1度ちゃんと記事にしておこうと思います

******************

私には、共感覚があります

もはやヨガと関係ねー!
・・・とか思われたらアレなんですが、そして「え?何この人、いい歳こいてデンパぶってんの?ないわーそれはないわー」とか思われたらベコッと凹むわけですが、決してデンパぶるつもりは無く、そして私にとってはヨガと無関係でも無いのでどうか見捨てないで聞いてください

共感覚というのはご存知の方も居るかもしれませんが、五感の錯綜のようなもので、例えば音に色や形を感じたり、味に形を感じたり、文字や数字に色や香りを感じたりという風に、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられるちょっと変わった知覚現象のことです
五感が未分化な赤ちゃんや幼児は、ほぼみんな共感覚を持っているらしいです
それが成長とともに普通は分化して無くなるのだとか

そういえば、アニメ残響のテロルで、主人公ツエルブがリサに対して「リサの声は薄い黄色なんだよね、滅多に居ないんだよ、その色の声」みたいなことを言ってましたが、ズバリ共感覚
お話したいです、ツエルブのような方いらっしゃいましたら下記フォームよりご連絡を(笑)

私は長年、自分に共感覚があることを知らずに生きてきました
というより、自分が感じるその感覚が共感覚と呼ばれる誰にでもある訳ではない感覚であるということを、ずっと知りませんでした
以前、色彩とヨガについてでも触れましたが、私の脳の感覚を司る部分は色を感じる部分が、他の感覚に介入しがちです

私の中で、数字には色があります
あいうえおにもあります
ABCにもあります
そして、音楽、音にも色をはっきりと感じます

説明しやすいのは文字や数字ですね、
私の中では、こうなります

kazu

moji

平仮名は不思議なことにひとつひとつの文字単体で見るとそれぞれ色があるのですが、母音のあいうえお以外の行は、行としての色がはっきりとあります
こんな感じで

gyo

ところがあいうえおには、行としての色はありません
「なんであ行にはあ行としての色が無いんやろ・・・」と幼い頃から思ってたのですが、最近知りましたが文字に色を感じるタイプの共感覚者では、母音と子音の色の感じ方が違うのはよくある事らしいです

音に対する共感覚については、人の声は、はっきりと感じる場合もあるのですが、音楽や楽器の音ほどは感じません

とてもクリアに色を感じる音楽は、有名どころで言えば高木雅勝氏の楽曲やレイハラカミ氏の素晴らしき楽曲でしょうか
今は亡きレイハラカミ…
本当に大好きです どのCDも捨てがたいですが、やはり1番色を感じるのはred curb レッドカーブ

クラシックも然り
特にバッハとショパンとモーツァルトは鮮明な楽曲が多いです
その理由は、私は幼い頃にそれらの楽曲をとてもよく聞いていたので(というのは歳の離れた姉がピアノでよく弾いていた&影響されて私も好んで弾いていた)、共感覚がおそらく今よりも鋭かった時期の感覚が記憶されているからだと思います

とにかく、イメージとかいうレベルではなくて色を感じてしまうのだから仕方ない

ヨガと何の関係が?
という話なのですが、私は小さい頃から自分の感覚が少し他の人と根本的に違う部分がある、ということを、何と無くずっと感じていました
ただそれが何か分からず、そして皆と何かがズレていることの劣等感や疎外感を、そこはかとなく感じていました

幼少期は他の友達と遊ぶことを嫌がり、ただただ1人で自分の世界に閉じこもってひたすら絵を書いたり何かを作ったりして、心配した母に毎日散歩に連れ出されていた位です

私は、自分の内面で遊ぶことが大好きでした
ただ、他の子達とは何か違う、という何というか独特の孤独感みたいなのがずっと心にあったんですね
そしてそれは成長してある程度の社会性を身につけてからも消えませんでした

多分、私にとってその孤独感の原因のひとつでもあった共感覚を、楽しむ術が絵を描くことや創作であり、自己自覚して自分を受け入れる術がヨガでした

ヨガは自分の内面を観察します
自分にとっては全世界である自分の内面を観察し、受け入れること
何というか、ヨガは良くも悪くも、行う人の感覚を研ぎ澄ます要素があると思うのです
私にとっては、自分の感覚を客観的に知る事で、共感覚を含めての自分の感覚が以前より愛おしくなったし、その感覚を心地よいと感じられるようになりました

・・・『感覚マニア』

ヨガをすることをこんなに好きになれたのは、私に感覚マニアな一面があったからかもしれません

ヨガは、誰もが持つその人自身の色んな感覚を浄化して研ぎ澄まし、心地よく方向付けてくれる力があるような気がします
自己肯定と自己愛は愛情のチャクラである第4チャクラにも通じますね
己を知り、己を認めること
私はヨガをすることで昔より自己肯定ができるようになりました

それは、とても良い事です

******************

この感覚の私で生きていく事を楽しみながら、もっと自分にも他者に対しても愛情を深めていくために、これからもずっとヨガをしていくつもりです

このブログの記事は、私という人間の共感覚という超個人的な主観と触角で語られている事、ご了承ください(笑)
そして、お暇なときに、これからもお付き合いいただけると、とても嬉しいです

↓よろしかったら、ぽちっとお願い致します!

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中