コブラとアップドッグ どう違う?

taiyo

太陽礼拝を、完璧に行うこと

それは、他のどのヨガのアサナ=坐法を行う上でも強力な基礎となり、ヨギ・ヨギーニとして一段も二段もレベルアップすることに繋がります

それほどまでに、ヨガの坐法に必要な色々な静と動が網羅されている太陽礼拝
流れるようなフロースタイルは色々なヨガクラスのプログラムにも組み込みやすく、その反面、ひとつひとつのポイントがおろそかになりがちな側面もあります

単純に身体を動かしたい、という場合はそれでもいいのかもしれませんが、ひとつひとつのポイントをしっかり押さえて行うことが、実は太陽礼拝の醍醐味!
正しく丁寧に行ってこそ、太陽礼拝の本当の気持ち良さを実感することができるのです
(と私は思っています 笑)

さて、では太陽礼拝の流れの中でも、「何と無くこんな感じかな?」になりがちなところを、「ここはこうやねん」に変えるべく、じっくり丁寧にやってみましょう★

suriya

太陽礼拝は幾つものアーサナが流れるように構成されています
立位からランジ→プランクへ
チャトランガから八点のポーズを経てコブラあるいはアップドック(上向き犬のポーズ)そしてダウンドックへと(下向き犬のポーズ)へと戻っていきます
太陽礼拝にも色々ありますが、大まかにはこんな感じ

難易度で言えば、チャットランガからアップドッグではなくコブラやベイビーコブラへ移行するほうが易しい太陽礼拝になるかと思われますが、今日はあえて難易度の高いほうのアップドッグへ移行する流れにスポットを当ててみましょう

まず、コブラのポーズとアップドッグってどう違うの?
ってゆー話
これは生徒さんから質問される頻度の高い内容でもあります

簡単に言うと、コブラのポーズは背筋を使って胸を持ち上げます
あくまでも背筋が主動なので、大コブラまで上体を持ち上げたとしても腕の筋肉はお手伝い程度
何と言っても力の入れ方はシンプルなポーズです

それに比べ、アップドックは手足の力を使って、胸を開き押し上げることで背中が伸びます
腹筋を使って下腹部を引き締める(おへそをたくし込む)ことで腰の辺りも伸びていきます
このときに無理に腰を曲げて反ろうとすると、腰に負担がかかってしまいます
アップドッグは本来腰に負担のかからないポーズなので、もしアップドッグをやったときに腰に痛みや違和感が出るようなら、正しくアップドッグを行えていないということですね

というわけで、今日のレッスン

太陽礼拝の抜粋、ダウンドッグからアップドッグまで(山から谷へ)をアホほど丁寧にやってみよう!

uddog

ダウンドッグからチャットランガを経て、そこから胸を押し上げておへそを引き込む意識をしましょう
そうすることで尾骨が自然と少し内側に向き、下半身に力が生まれます
足の甲で床を押しながら更に胸を引き上げる!
アップドッグの完成です

で、またここからダウンドッグへと移行していくわけですね

いかがでしょう

ダイナミックに動く太陽礼拝だからこそ、正しい力の使い方で丁寧にやってみましょう
体の中で、パワーが練られる感覚がもっとはっきり感じられると思いますよ♫

↓よろしかったら、ぽちっとお願い致します!

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中