ヨガで便秘が解消できる、その理由

よく、ヨガの効果効用のひとつに便秘の解消、と謳う書籍やメディアを目にします
特にガス抜きのポーズをはじめ、腰回りをツイストさせるようなポーズは、物理的に腸を刺激するので腸の蠕動運動を促す効果があるそうな

かく言う私は毎日ドッカン快便野郎なので、正直ヨガのポーズで便秘が本当に解消するのかは実感に至らないわけですが、例えばこんな風に単純な捻りのポーズや、

nejirir

今日のクラスでも取り入れたのですが、パリブリッタトリコナーサナ(捻った、三角のポーズ)などは便秘解消の効果が強いとされています

trikonar

特にパリブリッタトリコナーサナはわりと強度のあるポーズなので、頑固な便秘で悩む方でも、比較的速効性があるようです

写真は床に着く手を、前足の外側(小指側)につく、更に捻りが深まるバージョン

上半身と下半身を引き離すような意識でお腹周りを伸ばし、捻るこのポーズ
確かに内臓にも動きが作用して便秘にも効きそうですね★

ただ、そういう物理的な刺激だけであればヨガじゃなくても運動なら何でも良さそうですし、正直そこまで顕著な効果が見込めるとも思えません

実はヨガには直接的な腸への刺激だけではなく、もっと根本的な原因から便秘=排泄機能を正常化してくれる効果があるらしいのです!

その鍵は、自律神経にあり

***

腸の蠕動運動や排泄機能というのは、副交感神経が優位のとき、つまりリラックスしているときに弛緩し、働きが高まるそうです

普段快便な人が旅行中にいきなり便秘になったりするのはまさにそれで、普段と環境が変わり緊張状態が続くと、腸の働きにも悪影響が出てしまうんですね〜

そこでその副交感神経の働きを正常化してくれるのが、ヨガです

交感神経と副交感神経のバランスを上手く取れるように自律神経を整えて、心身を副交感神経優位にして緩めてくれるヨガは、便秘がちな人の緊張した腸にもしっかり効いてくるということ

お腹を捻ったり圧迫したりするポーズでは無くても、丁寧に呼吸することこそが便秘解消への効果が見込めるというわけですね!

***

いやはや、やっぱりヨガの効果って凄いですね
そして、人間の身体の摩訶不思議な自律神経は、乱れると当たり前の通常運転すら上手くいかない

ヨーガで目指せるのは、何もダルシムになることでは無くて、心も身体も本来の正常な機能を持つ人間になることなのでしょうね

あ、ひとつ浮かびました

便秘とかけて、かかりすぎたパーマと解く
その心は

「どちらも、緩めていきたいところです」

・・・まだまだですね(^^;;

 

 

↓よろしかったら、ぽちっとお願い致します!

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中