体重というひとつのバロメータ

health

先日、ものすごーい久しぶりに健康診断なるものを受けてきました

社員だった時期には年1やってたのですが、ここ数年なかなか受ける機会が無くほったらかし・・・
うーんこれは良くないな、ってことで、受けてきました

結果元々軽く貧血気味なのを除いてはどこも異常はなかったのですが、驚いたのは、今回計測した身長162.5cm、体重47.1kgが、8年前の健康診断時(たまたま保管してあったのが8年前のだった)と、全く変わってなかったこと

ただの偶然とはいえ小数点以下まで全く同じ!
身長体重共に日中変動も誤差もあるので全く同じ数値というのは単なる偶然ではあるものの、久々に測ってたまたま8年前と同じって事はほぼ変わってないのかもしれません
体脂肪率は今回測らなかったので分かりませんが、こちらも体感的には大きな変動はないと思われます

***

ヨガを続けていると、自分の適正体重になるというのはよく聞きます
つまり、その人の身体にとって太り過ぎていた人は余分な脂肪が落ちるし、痩せすぎてきた人は身体に必要な分体重が増えるという事

そしてこれは多分、その通りです

私はあまり体重マメに測りませんが、例えば妊娠中は当たり前に増えました
後期なんてそこまで食べてなくても、体重だけはどんどん増えました
逆に授乳中は栄養吸い取られてガリガリに痩せました
授乳中はとにかくお腹が空くので食欲は凄まじかったですが、食べても食べても痩せました

そしてこれらのイレギュラーな期間を除いては、長年ほぼ変わってません

ダイエットをしているわけでもなく毎日暴飲暴食しているわけでも無く、普通の生活で維持される体重というのはその人にとっての適正体重ということなのだと思いますが、やはりそこは現代人
様々なストレスで甘い物やお酒が増えたり、逆に食欲不振に陥ったり、食事内容の乱れや運動不足なんかで適正なバランスが崩れがち、というのは何も体重に限った事ではありませんよね

ヨガはそんなアンバランスをカバーしてくれる力があると感じます
そのせいかレッスン後、全然食欲が湧かなかったり、逆に食欲不振だったのがお腹が空いて美味しく食べられたり、、という事がよくあります

でも考えてみたら10年程前はもっともっと食べる量がめちゃんこ多かった気がするなぁ
内容も脂っこい動物性の物もガッツリいってたし・・・一風堂ではバリカタ替玉がお約束でした
食べる量が少し減り(とは言え結構食べますが^^;)、でも同じ体重ってことは今の身体に今食べている量がやはりちょうどよくバランス取れているのかもしれませんね

自分の正常な感覚を取り戻させてくれるヨガ

ヨガを続けている限り、そのときそのときの適正体重を維持する事が出来そうです

 
 
↓よろしかったら、ぽちっとお願い致します!
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中