道具はお気に入りを一つ持ち、シンプルライフを

自慢じゃないですが物持ちがいい方ではありません
多分使い方が荒いのか、もしかして使い方が荒いのか、それとも使い方が荒いのか分かりかねますが、よく使うものはもうすぐボロっとしてきます

その上それをあまり気にせず使い続けるので、私の愛用品は基本すべてボロいのです
そのボロっ子愛用品達の中でも、さすがにこれもうそろそろダメじゃない?ってレベルになってたのが、suria(スリア) ヨガマットバッグです
image
この、suriaのヨガマットバッグ
いつから使っていたのかもう忘れましたが、随分前から縫製がほつれてきてて、それがひっかかって「横開きでマットを出し入れしやすい!」というこのヨガマットバッグの良さが台無しになってきていたので・・・そろそろ替え時かなあと思っていました

このバッグはそれ自体が軽いのもポイント高いです
「マットが重いんは我慢するけどその入れモンが重いんは、許さへんでー」
そんな私にはぴったりで、マットを持ち運ぶ強い味方として活躍してくれました

ベルトの太陽礼拝イラスト部分がちょっとアクセントなデザイン

価格も手頃&急を要するアイテムなので、取り急ぎ同じのをリピしたのですが、新しいのはやっぱり良いですね!
出し入れしやすい!
そうそう、こうでなくっちゃ

前代のヨガマットバッグさん、バイバイ
今までどうもありがとう
長い間お疲れさま

***

扱いの荒い私が言うのもなんですが、物は大切にしなければなりません(笑)
多少使い方が荒くても、その物の一生を全うさせてあげられるように、どんな物でも使っていきたいです

そして基本的には、道具は気に入ったものをひとつだけ持つこと
何種類も持って、タンスの肥やしにするのはあまり好きではありません

この考え方は自分自身の母の影響が多分にあるのですが、ヨガ歴30年を越える私の母は、例えばウェアなんかには全くこだわりません

もちろん母だって選べるなら動きやすかったりなるべく自然素材だったりを選ぶ、というのは言うまでも無い事ですが、そんなことよりどんなにヨレヨレでも、例え娘達の高校時代のジャージであろうとも、そのときあるまだ使える服があるならそれを着て、ただしヨガの内容(肉体的にも精神的にも)は70を越えた今まで、誰よりもストイックに取り組んできました

私はまだ母のように外見や形に無頓着にはなれませんが、そんなストイックなオカンの姿から学んだ私的なヨガ哲学があります

それは、本当の意味でヨガをやろうとすると自ずとつつましく丁寧な生き方に変わってくるし、だからこそヨガは素晴らしいのだということ
必要な分だけ物を持ちそれを大切にする事、そして最も身近な自分自身の身体と心を大切にする事こそヨーガの生き方であり、シンプルライフに繋がるのだという事

これって物も情報も溢れた世間に生きているとついつい見失ってしまいがちだったりするんですよね〜

ちょっと本屋に行けばファッション誌はもちろんの事、yogaの情報誌ですら無駄に購買意欲を掻き立てるように洗練された商品達がずらりと紹介されているし、それを鵜呑みにして「欲しい!買わなきゃ!おしゃれな人はみんな持ってる!」とアホみたいに洗脳されてしまうアホも居ます(例えば私とか・・・)

大切なのは、1度立ち止まる事ですよね

素敵な物を見てテンション上がるのは最高の事だと思います
ファッション誌もデザイン雑誌も大好きです
本当に欲しい物は、やっぱりちょっと高くても買っちゃいます

ただ、その瞬間の満足感だけを追いかけながら生きていると、気がついたときに目的と全然違うゴールに向かう道を猛進してたりするんじゃないかな、と思うのです

このヨガマットバッグひとつとっても、オカンなら一生使いかねへんなあ・・・w
そんな事を思いながら、今日からマットを持って外出する時は新調したバッグ入れて

ヨガと、そしてシンプルライフのお供として、私のヨガライフに仲間入りです★

 

↓ヨガブログ ランキング

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中