ヨガとエゴマ油で記憶のデトックス

siso
油の話ってココナッツオイルの投稿から2回目でしょうか、実は私、結構油にはこだわっています

キャリアオイルや精油のようなものもそうですが、体に直接取り込まれる食用油は特に、せめて家で自分が作り家族が食べる料理にはなるべく良い油を使おうと心がけています

外食や市販の食品には良くない油も使われているし、それを全部避ける事は絶対不可能な上、そこまで神経質になるのもどうかと思うので、せめて自分が作る料理だけは、ね(^_^;)

で、そんな私が気に入っている油の1つが、紫蘇油、いわゆるエゴマ油と呼ばれているやつです
エゴマというのは紫蘇科の植物で、その実から絞ったのがエゴマ油
熱に弱いのでパンやサラダにかけたり、納豆に混ぜたり、加熱せずに頂くのがお約束egoma2

脂肪酸には色々あって、私たちがよく口にするサラダ油や市販の菓子類総菜類によく使われているのはオメガ6と呼ばれ、摂りすぎるとアレルギーを悪化させたり悪玉コレステロールを増加させたりしてしまうので、気をつけなくてはならない油

対して青魚に含まれるDHA・EPAや、エゴマ油や亜麻仁油に豊富に含まれるαリノレン酸はオメガ3脂肪酸に分類されます
そしてそのオメガ3脂肪酸は、最近の研究で海馬の働きを活性化させPTSDや痴呆などにも効果を発揮する事が分かったのだとか!

へ〜、それって・・・

そうです、ヨーガ、瞑想と同じなんですよね
毎日30分弱の瞑想を行う事で海馬が大きくなり、反対に不安や恐怖感に関係する扁桃体は小さくなる事も、ちゃーんと判明しています

海馬には色々な記憶が保管されていますが、海馬の働きが弱っていると、その中にある嫌な記憶、特に思い出すだけで辛い感情が蘇るような嫌な記憶を、思い出すたびに事実よりさらに嫌な印象を上塗りしてまた海馬にしまい込んでしまうんですって!

そら、あかん
要らん服も要らん思い出も、断捨離断捨離!!

嫌な思い出は誰にでもあるものですが、その思い出にまつわる嫌な感情まで一緒に覚えているのは決して記憶力が良いからではありません
海馬の働きが悪くて、嫌な印象を脳からデトックス出来ずにいるからなんですね〜!

これを知った私は、目から鱗、落下

***

瞑想を毎日続けるのは、なかなか難しい場合もあると思います
忙しいと「そんなことに時間掛けてられない」って思う気持ちもよーく分かります

でも、それをやってみることで海馬が活性化されストレスにも強くなれたら、自分がやりたいことがもっと気持ちよくできて、色々上手くいくようになるかもしれません

なんたってあのGoogleも瞑想を取り入れてるってんですから
健やかなメンタルは健やかな身体をつくり、集中力や創造性を高められそうじゃないですか?

あとはエゴマ油を毎日の食生活にちょっと取り入れるヾ(・∀・)ノ

自分の外の事に不満不満を言うよりも、嫌な感情はすっと流して忘れる力を養って、自分の中から楽しく生きられるように改善していきたいものですね

 

人気ヨガブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

コメント1件

  1. ピンバック: 今年最後の満月はスペシャル月礼拝で心のデトックス « YOGA KURAGE


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中