太陽礼拝しかやりませんでした

明けまして、おめでとうございます!

お正月は家で家族とゆっくり緩んで、美味しい物をたくさん食べて、お酒を景気良く飲んで、気がついたらブログの更新も1回お休み、体重計に乗ったらまんまと1kg増加しててシマッター!妖怪正月太りにヤラレター!な、yogakurageですこんにちは

さあ年明け一発目、まずは太陽礼拝やらなきゃ始まらないでしょう
ということで、本年最初のレッスンは、太陽礼拝、スーリア・ナマスカーラをひたすらやってみるの巻

もちろん、空には新年の太陽をイメージして

ウォームアップも特にせず、まずはタダアサナで吐く息に比重を置いた呼吸を丁寧に行って、呼吸と身体をしっかり結びつけて心身を整えて準備します

太陽礼拝って、永遠の象徴のような恵みの太陽への感謝の念と同時に、自分自身の生命エネルギーへの感謝の気持ちも涌き起るような、実はとてつもなく偉大なシークエンス

本当の意味で良い太陽礼拝を行うためには、正確にやる事よりも伸びやかな気持ちで呼吸と身体をしっかり繋ぎ合わせる事こそが重要だと思うわけです

だって、上手くやろうとか間違えずにやろうとか、そういう気持ちが大きすぎると、大地との一体感とか空に向かって伸びる開放感とか、そういう太陽礼拝の一番美味しいとこが味わえないじゃないですか、まあ大変

だから疲れて途中でズレても間違ってもいいから、気持ちよく伸びやかに行うためにとにかく呼吸!そして足裏の感覚をいつもよりちょっと丁寧に感じ取ろうとすること

「失敗が何だ!下手ウマ上等!」的なノリで
今日のポイントは、そんなとこです

***

太陽礼拝Aから軽く始めて、そして太陽礼拝Bへ
まずは素直にそのまま4クール行って身体を芯から温めて、集中力を高めます

suriya

suriab

同じ動きを繰り返す事で集中力が高まり、トランス状態に近づく事は太陽礼拝のひとつの目的でもあるそうで、確かに、単純作業を繰り返していると頭ん中が空っぽになって没頭していく感じってありますよね

そして充分に身体が温まってきてからは徐々にポーズのホールドも入れて、更に呼吸を深く

終盤は清々しさだけが残るように、もう一度太陽礼拝Aをゆ〜っくり行い、そのままクールダウンへ

神聖なる新年の太陽への、心を込めたご挨拶

新年の空気の中で太陽礼拝をひたすらやるなんて、年に一度のお楽しみです
その年のその時の天気、スタジオの空気、自分自身の状態、色んな要素でどんな太陽礼拝になるかも変わりますから、ある意味福袋みたいなもんです

太陽礼拝って、神道が強く根付く日本人のメンタリティにもぴったりな礼拝であり、「調和」の術でもあるんですよね
一人一人が、自然と調和することによって、スタジオの中にも独特の調和が生まれて、相乗効果でみんなの呼吸が深くなってゆく・・・

1人でやる太陽礼拝もいいものですが、スタジオでみんなとやる太陽礼拝もまた違った良さがあります!

今日は本当に、皆様と清々しい太陽礼拝が出来ました★

今年1年が、実りある素敵な年になりますように・・・
そして今年もどうぞ、よろしくお願い致します♬

 

↓人気ヨガブログランキングに参加中です☆
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中