ダウンドッグをやればやるほど・・・

ダウンドッグ
下向き犬のポーズ
サンスクリット名を、アド・ムカ・シュバナーサナという、あのポーズ

dound1

もう今まで何度練習した事でしょう
ポーズとポーズの繋ぎでもあるこのポーズは太陽礼拝やるだけでも何回も出てくるし、毎回のレッスンに何かと必ず、絶対出てくると言っても過言ではありませんよね

言うなればクイズダービー(古ぅ!!)でのはらたいらレベルの絶対的なレギュラーっぷり

さあこのダウンドッグ

ポーズとポーズの間の、実は休息のポーズでもあるはずなのに「ダウンドッグが辛いです」というのは結構な頻度で聞くお話でもあるわけで・・・

つまりダウンドッグって簡単そうに見えて、ポーズ本来の休息のポーズとして楽にキープ出来るようになるのはなかなかに難しいって事なんですよね

何故なんでしょう

私もヨガ始めた頃は腕が辛くて「何が気持ち良いのかこのポーズ」と思っていましたがだんだんと、少しずつですが身体の使い方が分かってきたように思います

***

ダウンドッグが辛いと感じる人のまずひとつの共通点は、腰が伸びていない事
柔軟性が足りないと、どうしてもかかとが持ち上がって腰が伸びきらずに肩が前に出てしまいます

なのでそういう場合はかかとを持ち上げたまま、膝を曲げてお尻をぐっと持ち上げて、手からお尻を一直線に保つのがお約束なのですが、問題はここから先

掌前面で床を押すのは間違いないのですが、ここで腕に頼りすぎると二の腕がツラ〜くなってきてしまうという落とし穴が在ります
形は綺麗に完成していても、これだと全然心地よいポーズにはならないんですよね

じゃあどうするか

掌で床をグッと押し、その力をお腹に伝えてお腹の力でお尻を斜め上に持ち上げる、という感じでしょうか

これが出来ると、腰周りは伸ばそうとしなくても自然に伸びてくるから不思議

お腹の力でお尻を斜め上に突き上げた結果として腰回りがぐーんと伸びるのが、良いダウンドッグだという事です

これが出来るようになると、腕がツラいという事もなく四つ脚の状態を自然体として感じられるようになってきます

まさに、犬のポーズ!

やればやるほど、深まれば深まるほど、四つ脚の犬の気持ちに近づいていく・・・
ヤバイです、そのうち庭駆け回り出しそうです

***

以上が一般的に言うダウンドッグのやり方ですが、例えば脇の下を思いっきり伸ばしたいときなんかは少し脊柱を反らす位に肩甲骨を寄せてみても、個人的には良いんじゃないでしょうか

downd2

こんな感じで
負荷をかける場所をコントロールしやすいのもダウンドッグの良いところだと思うんですよね

もちろん、本来はポーズとしては背中は真っ直ぐに伸びるべきなのは大前提なのですが、それを理解した上でより心地よいようにアレンジするのは楽しいものです

ポーズとポーズの繋ぎとしてダウンドッグを行う場合は特に、次のポーズへ移りやすいように自分の身体をダウンドッグで調整して用意するのも、全然アリなんじゃないでしょうか!

そんな感じで、最近私はダウンドッグに対してわりと柔軟に考えるようになりました★

それって、正しいダウンドッグをようやく習得できて、その良さやターゲットマッスルが身体で理解できてこその変化だと思うんですよね

なんか、ちょっとヨガを深められた気がします!

やればやるほど四つ脚の気持ちに近づくダウンドッグは、やってもやっても新しい発見がある、偉大なアーサナ

人間は二足歩行の生き物ですが、第2の基本形として四つ脚をマスターして、心身ともに色んな意味での柔軟性を高めていきたいです♫

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中