寝苦しい高温期にがっつり寝るための10箇条

女性の身体と心というのは、はっきり知覚できるくらい、ときには自覚している以上にホルモンの影響を受けまくっているとかいないとか

生理前にイライラするだの排卵前におしゃべりになるだの、むくむだのしぼむだの、詰まるだのドカンと出るだの、十人十色のそれを挙げればきりがありませんが、私がここ数年で不快に感じている症状のひとつに、高温期、特に生理の数日前からの寝付きにくさ・寝苦しさがあります

昔はこんなこと無かったような気がするので「もしかして更年期?うっひょー、早くない?」とか思って同世代の友達数人と話してみたら意外や意外、わりとみんな経験あるとのこと

なんでも、排卵後の高温期は黄体ホルモンの影響で活動時間と休息時間の体温の差が曖昧になり、寝付きにくくなったり眠りが浅くなったりするらしいです
さらにはホルモンの影響で思考もリラックスモードに入りにくい、つまり交感神経が優位になりやすく考えが止まらないなどの厄介なエンジンがかかってしまうのだとか、いやもうほんまにこの通り

というわけで

この困った睡眠トラブルに見舞われがちな高温期にがっつり寝るための、YOGAKURAGE流対処法をいくつかご紹介させてください

***

心地よい睡眠への準備
高温期も低温期も男も女も関係無く、それはもう、朝起きた時からから始まっています

(1)朝日を浴びる
まずは日中活動的に過ごすために頭と身体をしっかり起こすこと
出来れば軽く太陽礼拝など行えれば尚良しですよね

(2)15時以降にカフェインを控える
・・・とはいえおやつタイムにコーヒー欲しいよね〜!って方は、ちょっと時間を前倒しするのがオススメです
ただでさえ寝にくい高温期に、夕刻以降のカフェインの影響は後々ボディブローのように効いてきます

理想的なのはカモミールとかに変更してみる事でしょうか

(3)夕飯は、少し軽めに
・・・とはいえ夜はがっつり食べたいよね〜!って方は、油ものを控えるのをオススメします
胃がもたれると不快感が増して余計寝られませんから

(4)お風呂少し熱めで、しっかり温まる位浸かる
これは賛否あると思うのですが、私はぬるいお風呂にじっくりじんわり、よりもちょっと熱めのお湯にのぼせない程度、入浴する方がその後寝やすい気がします
これは体質にも寄りそうですね

(5)19時以降はスマホやタブレットを見ない
これは難しいときもありますが、寝つきの悪い方は試す価値大の項目です
やるとやらないとで、ぜんっぜん、違います

(6)空間にアロマを取り入れる
オススメはクラリセージ+ラベンダー
クラリセージは普段は程よく安眠を促してくれるハーブ
高温期の不眠期にはこれだけでは効いてるのか効いてないのかあんまりハッキリしませんが、香りも好きなのでリラックスは出来ます
アロマはそれぞれが持つ効能も重要ですが、それよりも好き嫌いが肝心です
どんなに効果的なアロマでも、嫌いな香りであれば害になりますからね

(7)後屈のポーズ→前屈のポーズ
さていよいよ就寝時間が近づいて来たら、夜ヨガで自律神経に働きかけましょう
一般的に副交感神経を優位にするのは前屈系のポーズと言われています
確かに、前屈系は身体をしまい込むような体勢なので本能的にも心が落ち着きます
ですが私の経験上、前屈系だけをやるよりも、後屈のポーズ(胸を開き、反る方向性のポーズ)をやった後に前屈系をやるほうが、より効果的に心が落ち着くと思っています

例えばこのアーチのポーズ
arch
ものすんごいアクティブなポーズではありますが、その分呼吸が深まりセラピー効果も高いという夜向けの一面も持っています

その後、チャイルドポーズで休息しても良いし、鋤のポーズ、ハラーサナでシメるというのもありです
suki

ハラーサナはそれ単体でもかなりリラックス効果が高く不眠への効果が認められています
呼吸の深まり方も本当に気持ちよいポーズなので、男女関係なく眠りにくいときにオススメです

(8)「4 7 8呼吸」
いよいよ寝てみましょう
布団、ベッド、押し入れなど、寝慣れた寝床に入ったら、4カウント息を吸って、7カウント溜めて、8カウントで吐くという簡単な呼吸法を繰り返してみましょう
これ、ご存知の方も多いと思いますが、不眠に効くと言われている呼吸法です
本当に効きます

それでもダメなら・・・↓

(9)ヨガニードラで眠りの導入
安眠のためのヨガと言えばこれは欠かせません
ヨガニードラ、というのは、シャバーサナ(仰向け)で目を閉じた状態で、まずは身体の各部位に意識をフォーカスし、感覚を探り、リラックスしたまま集中することでマインドにも働きかけてゆくストレスマネジメントであり、究極のリラクゼーションとも言われています
・・・と言ってもなかなかどんなものなのか、どうすればいいのかって分かりにくいですよね、そんな方にお勧めしたいのがこのヨガーニードラアプリ

お手軽にヨガニードラを体験できる、秀逸なアプリだと思います
高温期の火照った身体と煮えた脳みそも、これでノックアウト!

そして最後に、スムーズに寝付くために絶対外せないのは・・・

(10)眠れなくてもま、いっか!手放せ、その執着
眠れない夜って、寝よう寝よう、寝なくちゃ寝なくちゃと思えば思う程にどんどん焦っ逆に寝られなくなりませんか?
「明日大事な仕事やのに〜!」「明日初デートやのに〜!」「明日バーゲンやのに〜!」「明日息子の運動会の保護者の部でリレーのアンカーやのに〜!」

分かります

現代人には色々な事情があります

でもそれに翻弄される前に、ちょっと冷静にならなくちゃ、寝られるもんも寝られません

ヨガの考え方では、予定通りに行かないと嫌だ、その気持ちもひとつの執着の形であるとされていて、平安な心で自由で軽やかな人生を送るためには、まず執着を手放さなければならないと説かれています

眠れない夜はその事で焦るよりも、まずは寝る事への執着を手放してみましょう

一日くらい寝られなくたって死にませんから!

寝苦しい夜はひとつ、予定への執着を手放して、起きている時間が長くもらえたことに感謝してみるのもまた、自分自身を深めるいい機会かもしれませんね♬

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

鼻のうがい ジャラ・ネティでマインドも浄化

鼻のうがい
実践していらっしゃる方は恐らく少ないでしょうが、聞いたことある方は結構いらっしゃるのではないでしょうか

30年来のヨギーニである母が鼻のうがいを行うのを幼少の頃から見てきた私にとってはもはや何の違和感も無いこの行為ですが、普通に考えて鼻をうがいするなんてちょっと抵抗あるもんです

「え!?あのプールのツーンッ!!ってするやつわざとやんの?無いわーそれは無いわー」

まあ、分かります
あのプールのツーンッ!!ってするやつは嫌です

でも、ヨガで行われる鼻のうがい ジャラ・ネティはそういうのとは違うんですよね
まずそうならないように煮沸済みのぬるま湯で作った薄い塩水を使い、ネティポットという道具を使って、こんな風に行われます
ネティポットは種類も豊富ですお安い軽量のやつで充分かと
(‼︎重要‼︎稀にですが水中の細菌で脳炎を引き起こす事があるらしいので必ず滅菌済のぬるま湯を使いましょう)

jaraneti

一見すると、な、なんじゃこりゃー

ってなりますが、
え、何してんの?ってなりますが、
実はこれが効果絶大
やり方は、顔を傾けて口呼吸しながら片側の鼻腔から水を通すわけです
反対側も同様に
慣れるまでは図のようにはいきませんが、鼻が激しく詰まっていなければすぐに上手く出来るようになります

なんでも、副鼻腔内を洗浄、浄化して、花粉等のアレルゲンや細菌を除去し、鼻の通りを良くして喉の痛みまでにも効果があり、もちろん風邪の予防にもなるという、とっても有益な行為なんだとか
また、視界と頭が冴えてスッキリし、感情のコントロールもしやすくなるというのだから、まさにヨガそのものです

とにかく、スッキリします

クリヤヨガでも日々の良き習慣として挙げられていますし、副鼻腔炎を予防するために耳鼻科でも推奨しているところがあるようです

インド古来のアーユルヴェーダは西洋医学のように病気を治療する方向ではなく、病気にならないよう心身を整える=予防医学の方向に発達した文化ですから、結局はライフスタイルそのものなんですよね

個々の生活習慣や食生活をその人にとってより良く改善していく事こそが、相関し合う対の心と身体の健康状態を保つ事に繋がるという事です

確かに「生活習慣病」という言葉が表すように、生活習慣が乱れていれば病をひき寄せるのは当然っちゃ当然

さてこのジャラ・ネティ
なんと第6チャクラ=サードアイチャクラを癒し活性化してくれる働きもあるそうです!
第6チャクラについては、以前こちらの記事、そしてややしつこめにこちらの記事でも触れましたが、自分の本体の霊魂と繋がり直感力やサイキックな能力を開花すると言われるチャクラです
・・・と書くとなんだかオカルト臭漂ってきますが、その通り、オカルト臭満開のチャクラです

ですが、オカルトと嘘はイコールではありませんから!
第6チャクラが活性化する事で直感力が増したりするのは本当の事だと私は思っているし、ジャラ・ネティをする事で頭の中まで洗ったようにスッキリするのはやってみればお分かりいただける筈

何というか、ほらアレ、車の運転で言うと曇っているフロントガラスにプシューッと洗剤出してワイパーでしゅっしゅっとやるアレと近いですよ、うん

頭の中の靄が晴れるんです

もちろん、鼻が通れば頭がスッキリするのは当然なのですが、これはきっと、直感力が澄まされる感覚でもあるのだと思うのです

もしかしてジャラ・ネティで鼻が通れば、酸素だけではなくプラーナも取り込めるのかも⁉︎
そんな風に思ってから、季節問わずに行うようになりました

鼻の通りの悪いときだけでなく、なんか頭がスッキリしない、勘が冴えず調子が出ない、といったときにも、ジャラ・ネティでマインドを浄化してはいかがでしょうか(*^^*)

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

二日酔いに効くヨガ 本当のところ

先日こちらの記事でヨガ的飲酒について書きましたが

ついつい飲み過ぎてしまって二日酔い〜ツラい〜最後の3杯やめたら良かった〜
というときにヨガで出来るケアについて、一度考えてみようかと思います

まず、二日酔いって一体どういう状態なのか、って事なんですけど、黒幕はアセドアルデヒド
なーんか聞いた事ありますよね

アルコールは代謝の途中でアセドアルデヒドっていう物質になるらしいのですが、こいつが強烈な毒で、頭痛や悪心なんかの超不快な症状を引き起こす張本人なわけです!
アルコールを自分の身体の代謝能力以上の量摂取してこのアセドアルデヒドが翌日まで体内に残ってしまうと二日酔いになるという事

じゃあ代謝を上げればいいんじゃない!?

いかにも

二日酔いに効くポーズ、とかでググれば、代謝UPに効果が高いと言われている体側を伸ばすようなポーズや、内臓活性化でデトックス効果があるといわれているようなツイスト系のポーズが効く、みたいな記事がヒットしてきます

なので例えばこのパリブリッタトリコナーサナとか

trikona

写真は前足の外側に手を付く、よりツイストが深いタイプのトリコナーサナ
キツい場合は前足の内側(親指側)に手を付くといいかもしれません

あとは卍のポーズとか

manji

このポーズは普通にやるだけでも体側の伸びが半端ないのですが、胸を天井に向かって開く事でより腎臓活性化の効果が高まります

などなど、ちょっと思いつくだけでも結構あります

でもね

でも、ですよ

二日酔いでただでさえダルいときにやる気起こりますか?こんなポーズ

起こらないでしょ、やらないでしょ、ぶっちゃけ私はやりません

もちろん、軽い二日酔いならこの程度のポーズは出来るし、実際それなりにスッキリします
二日酔いに対する速攻性というよりも、血行がよくなるからか身体が整う気はします

でも本当にツラいのはこんなポーズやる気起こらないレベルのハイパー二日酔い
それをどう乗り切るかってことですよ!

そういうときにヨガでケアするとしたら、真っ先に思い浮かぶのは、シャバーサナ

そう、屍のポーズ
要は仰向けで全身脱力ってことです

そして自然な呼吸が整ったら、その体勢のまま腹式呼吸(腹筋を使った呼吸)に変えていく・・・

私はこれが一番効くと思っています!

腹式呼吸をするときは、お腹の上に手を置いてお腹が膨らんだりしぼんだりするのを感じてみてもいいかもしれません
不思議と身体がただの仰向けよりも安らいで、吐く息ごとにアセドアルデヒドの血中濃度が下がるかのような気がします(笑)

なんだかんだいって、ヨガをすることの一番の特筆すべき身体への効果って、呼吸の深まりだと思うのです
ただ代謝を上げるだけならそれ以外のスポーツとかでもできますから

そして呼吸を深めることが身体に対してだけでなく心にも好影響であることは、シャバーサナの体勢で腹式呼吸をしてみればよく分かります♪
心身が深い呼吸で癒されれば、ツラい二日酔いも少しはマシになりますよ〜♪

次回のハイパー二日酔いで、ぜひ試してみてくださいね!

・・・何はともあれ、お酒は適量を★

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

フローヨガを彩るYOGA GROOVE

久々に食べたらやっぱり美味しかった!
とか
久々に観たらやっぱり面白かった!
とか

そういう、しばし離れていたお気に入りの良さを再確認するタイミングって新発見とはまた違ったプチハッピーで、日々の中のちょっとしたアクセントだと思いませんか?
ちょうどかばんのポケットの奥に、忘れられてた美味しい飴ちゃんを欲しいタイミングで見つけた時のそれと近いような

最近あった、そんなプチハッピー

しばらく聴いてなかったあるCDの良さを、ヨガレッスン中に猛烈に再確認したのであります

***

レッスン中にかける音って、そのレッスンの内容を左右するほどの影響力を持っていると思っています

例えばスローなアンビエントならリラックス系のヨガになりやすいし、メロディアスな音楽ならハマれば自分の感情とリンクして、内面への集中力が高まりやすかったり・・・

なので音選びっていうのはかなり重要で、しかも楽しみでもあるんですよね
そんなわけで、音を選ぶとき、私の気持ちはDJ YOGAKURAGEなんです
音源っていうかもはや「皿」なわけです

で、ヨガ用に使えそうな音源は、DJ YOGAKURAGEの脳内で
「これはオールマイティに使えるな」とか
「リラックス系にぴったり」とか
「ヴィンヤサヨガに合う」だの「BGMぽいからアットホームな緩いクラス向き」「人数が多いフィットネスクラス向き」
更には「宇宙」「ネイチャー」「手塚治虫+スピリチュアル」「異国で出会ったその少女は、初対面なのに何故か目が合った瞬間に心が揺さぶられ、魂のレベルでとても縁が深い相手である事が分かったのです」・・・
というように何となくカテゴライズされているんですよね

さて先日、あるレッスンで「パワーヨガ(流れるように動くフロースタイルの割とハードなヨガ)っぽい部分も入れて欲しい」という指示を頂きました
DJ YOGAKURAGEはノリノリで皿をぱらぱら、じゃあ音はアレをかけようって事で、後半にパワーヨガ用にかけたのがこのCD

その名もYoga Groove

確かこのCD、視聴で買ったんですが最初にジャケ見た時は「なんじゃこら(笑)すごいセンスやなめっちゃ勧誘してきそうw、もしくはゴアトランス??」とか思ったのを覚えています
そして5分後に即買いノックアウト

電気グルーヴが電気のGROOVEなら、YOGAのGROOVEはコレで決まりと納得させられるような、まさにノリが良くてかっこ良くて、うねりながら登ってくるような高揚感

これがどんぴしゃりにフローヨガに合うんです!!

何がこんなに合うのか

私なりに考えてみましたら、音質とテンションですね
流れるように動きながらフロースタイルのヨガを行う、その呼吸とこのCDのリズムはめっちゃリンクしやすいようです
つまり、音に乗って動ける

ノリノリでも無く、ゆるゆるでもなく
ユルノリです

最近ちょっと遠ざかっていたのですが、やっぱり秀逸な音楽であることを再確認♪

家でやる1人ヨガでも、スタジオでやるフロースタイルでも、
しばらくはYOGA GROOVEブームが再燃しそうです★

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村