二日酔いに効くヨガ 本当のところ

先日こちらの記事でヨガ的飲酒について書きましたが

ついつい飲み過ぎてしまって二日酔い〜ツラい〜最後の3杯やめたら良かった〜
というときにヨガで出来るケアについて、一度考えてみようかと思います

まず、二日酔いって一体どういう状態なのか、って事なんですけど、黒幕はアセドアルデヒド
なーんか聞いた事ありますよね

アルコールは代謝の途中でアセドアルデヒドっていう物質になるらしいのですが、こいつが強烈な毒で、頭痛や悪心なんかの超不快な症状を引き起こす張本人なわけです!
アルコールを自分の身体の代謝能力以上の量摂取してこのアセドアルデヒドが翌日まで体内に残ってしまうと二日酔いになるという事

じゃあ代謝を上げればいいんじゃない!?

いかにも

二日酔いに効くポーズ、とかでググれば、代謝UPに効果が高いと言われている体側を伸ばすようなポーズや、内臓活性化でデトックス効果があるといわれているようなツイスト系のポーズが効く、みたいな記事がヒットしてきます

なので例えばこのパリブリッタトリコナーサナとか

trikona

写真は前足の外側に手を付く、よりツイストが深いタイプのトリコナーサナ
キツい場合は前足の内側(親指側)に手を付くといいかもしれません

あとは卍のポーズとか

manji

このポーズは普通にやるだけでも体側の伸びが半端ないのですが、胸を天井に向かって開く事でより腎臓活性化の効果が高まります

などなど、ちょっと思いつくだけでも結構あります

でもね

でも、ですよ

二日酔いでただでさえダルいときにやる気起こりますか?こんなポーズ

起こらないでしょ、やらないでしょ、ぶっちゃけ私はやりません

もちろん、軽い二日酔いならこの程度のポーズは出来るし、実際それなりにスッキリします
二日酔いに対する速攻性というよりも、血行がよくなるからか身体が整う気はします

でも本当にツラいのはこんなポーズやる気起こらないレベルのハイパー二日酔い
それをどう乗り切るかってことですよ!

そういうときにヨガでケアするとしたら、真っ先に思い浮かぶのは、シャバーサナ

そう、屍のポーズ
要は仰向けで全身脱力ってことです

そして自然な呼吸が整ったら、その体勢のまま腹式呼吸(腹筋を使った呼吸)に変えていく・・・

私はこれが一番効くと思っています!

腹式呼吸をするときは、お腹の上に手を置いてお腹が膨らんだりしぼんだりするのを感じてみてもいいかもしれません
不思議と身体がただの仰向けよりも安らいで、吐く息ごとにアセドアルデヒドの血中濃度が下がるかのような気がします(笑)

なんだかんだいって、ヨガをすることの一番の特筆すべき身体への効果って、呼吸の深まりだと思うのです
ただ代謝を上げるだけならそれ以外のスポーツとかでもできますから

そして呼吸を深めることが身体に対してだけでなく心にも好影響であることは、シャバーサナの体勢で腹式呼吸をしてみればよく分かります♪
心身が深い呼吸で癒されれば、ツラい二日酔いも少しはマシになりますよ〜♪

次回のハイパー二日酔いで、ぜひ試してみてくださいね!

・・・何はともあれ、お酒は適量を★

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中