自分の感覚と自分の形との差を感じるヨガ

気がついたら最近全然レッスンの事書いてませんでした・・・

どちらかと言うと最近は生活の中のヨガ、みたいな事に自分の関心が向いていたように思います、これ自体はたぶん悪く無い傾向です

でもたまにはやっぱりレッスンの事、書きましょう!
っていう気になったのが、昨日のレッスン

楽しかったなあ〜
何が楽しかったかって、ノリで深めてみたこの、賢者のポーズ バシッツァ・アサナ

kenja

いつもは、お尻が下がらないようにお腹の力をしっかり使う事!をとりあえず意識してもらっているのですが、昨日はさらに、頭から踵までをキレイに一直線に保つ事に追求してみました

お尻を持ち上げようとすると陥りがちなのが持ち上がりすぎる事

そうなると逆に楽です
賢者のポーズは引き締めや強化の要素が強いポーズなので、楽したら、あかんあかん

ちゅうわけで

下腹部やウエストラインに1番効果的な、頭から踵までを綺麗に一直線に保つ賢者のポーズを目指して、ミラーの前で練習しました

ところでスタジオのミラーの前でレッスンするのはいい面と悪い面とあって、自分のフォームを確認して正しいアサナの形に近づけられるのは良い面
逆に、形に捕われすぎて、内面への意識が薄れがちなのが悪い点だと思います

なのでミラーの無い空間でのヨガレッスンもそれはそれでいいものではありますが、あえてミラーでばっちり確認しながらのバシッツァ・アサナに挑戦です

やってみると分かるのは、自分が「真っすぐだ」と思っている感覚は、結構本当の真っすぐからはズレている事が多いという事

「え〜!?これで真っすぐ?なんかお尻が上がりすぎてる気がします」
とか
「もうちょっとお尻を上げないと、下がってる感じがする」
とか

ひとそれぞれその感覚の誤差も違うのですが、それって見ていると本当に面白かったです♬
身体の使い方には個々のクセがあって、知らず知らずのうちにそのクセに感覚が慣れてしまっていて、実際の身体の形や動かし方と、自分の感覚との間にはちょっとした差があるんですよね
そういう自分の情報も、ミラーのあるスタジオのレッスンでは目の当たりにすることができます

人様にヨガのレッスンを提供する側のインストラクターとしては、その感覚と実際の形の誤差はなるべく無くしていかなくちゃなあなんて、私も思ったのでありました

ちなみにこちら、片足上げたバージョン

kenja_p

体幹の力に加えて、バランス感覚がより一層必要になります

以前はもっとお尻が下がりがちだったのですが、ちょっとずつ持ち上がるようになってきたかな?
でもこのポーズ、筋力少なめの私にはやっぱちょっと苦手です・・・

まずは一直線の基本バシッツァで持続力のある腹筋を強化しなければ

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中