倍音の揺らぎと癒しの効果

なんでも

音楽が人の心に大きく作用するのは、メロディラインなどの情緒的な要素だけではなく、70%近くが水分で構成されている人間の身体に音そのものの音波の振動が響くことによる物理的な現象の結果だったりするらしいです

例えば、以前サイマティクスとヨガのコラボレーションのお仕事をさせて頂きましたが、サイマティクスなんかはまさに倍音、つまり音の周波数で心身を整える効果が認められている究極のリラクゼーションであり、同時に治療法でもあるわけです

私はサイマティクスというものをその時に始めて体験したのですが、倍音(音の振動)で身体の水分が細かく波打つ感覚がなんとも心地よく、精神的にも落ち着いていくのがよく分かる衝撃的な経験でした

もともと、ディジュリドゥやホーミーの音のような倍音は大好きで、何にこんなに惹かれるのかと思っていたのですが、つまりは倍音による振動の心地よさがその魅力の正体だったんだなぁと、その時に合点がいったものです

で、その倍音とは何なのかって言うと、

楽音の音高とされる周波数に対し、2以上の整数倍の周波数を持つ音の成分

と、wikiにあります

ああ、なるほどね〜!

・・・ってならないです
なんのこっちゃ、翻訳プリーズ

まあそんな倍音の意味定義は置いといて

身体で感じれば感覚で分かります
YOGAKURAGipediaによると耳から音が入ってその響きが耳の奥の方を振動させて、さらにその波動が体全体に伝わっていくのが倍音です
音の周波数は身体の水分に限らず、その場の空気をも振動させるので、倍音が響く空間はまるで倍音によって浄化されていくかのようにも感じられます

瞑想に倍音が良いと言われているのはなるほど、頷けます

で、その倍音をヨガレッスン時にも取り入れるべく、愛用しているのがこのammoon シンギングボウル

sing

シンギングボール(別名ドニパドロ)とは元々チベットの高僧が儀式や瞑想の際に使用するためのものなのですが、この器の淵を棒でこすることによって吸い込まれるような倍音を奏でる事ができます

これを、シャバーサナからの目覚めのきっかけとして使っています

なんでもこのシンギングボウルの音の波動を身体に響鳴させていくことで副交感神経優位の状態になり、深いリラックス状態に入ることができるらしいです

シャバーサナのときはすでに副交感神経が絶好調に優位の状態ではありますが、目覚めのときに空間と身体に倍音を浸透させることで、空間も身体もさらに浄化されて、透き通った空気の中で最後の挨拶ができる気がするのです

空間には音の波動もそこに居る人の心の波動も伝わりますから、その場に居る人たちの心も澄み切った状態で行うレッスンの締めの挨拶は、誰にとってもきっと気持ちのいい時間になると思っています

倍音の揺らぎと波動って、実はものすごく色んな可能性を秘めていて、今後もっともっと注目されていくものかもしれませんね
少なくとも私は、自分の心にも倍音が響鳴して癒されるのを感じるし、倍音の波動は大きなパワーを持っていると思っています
倍音の癒し効果で現代人の心の棘を丸くして、一人一人が本来の明るさをキープできれば素敵ですね!
かんかちょっとわくわくします♬

そんな事を想像しながら
今日もシンギングボールを鳴らすのでした

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメント1件

  1. ピンバック: 荷物多いねん…ヨガイントラのかばんとその中身 « YOGA KURAGE

  2. ピンバック: 荷物多いねん…ヨガイントラのかばんとその中身 « YOGAKURAGE


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中