美味しすぎる穀物を食べ過ぎないちょっとしたコツ

自分は、
肉を我慢しろ!
と言われるのは案外耐えられるクチなのですが、
米を我慢しろ!
と言われると、一気にオロオロして涙目になって、やがて死んだ魚のような眼になるタイプ、つまりは炭水化物は我慢出来ないクチであります

それについて以前、多くの知識や経験をお持ちの鍼の先生に、「あなたは五行で言うと心も身体も引き締まり易い木のタイプで、それを緩めるために糖質を好む傾向があり、適度に摂取するのは理にかなっていますよ」という助言を頂き、合点がいったのを覚えています

さて、何を食べるかは一旦置いといて、ヨガ的に食生活を語るとすればまず良く無いのは「食べ過ぎること」ですよね
これが難しい

必要以上に摂取する事は消化力(=アグニ)を無駄遣いして弱める事に直結し、結果として毒素(=アーマ)が溜まり、様々な不調の原因になると言われています

その観点で言うと、ついつい食べ過ぎてしまいやすい米は、ちょっと要注意な食べ物かもしれません

その、ついつい食べ過ぎる、を防ぐためにも効果があるとされているのが玄米や雑穀米などの、噛み応えのある穀物ですが、正直白米よりも美味しくて、逆に食べ過ぎるわ!
というのが私の感想
zakkokugohan
特に雑穀米

玄米も美味しいですが、雑穀米も危険なまでの美味しさ!

その美味しすぎる雑穀米を、食べ過ぎない簡単な方法とは・・・

***

雑穀米・・・あのプチプチ感と独特の風味で、おかずが要らない、それ単体で充分なご馳走になります
お気に入りの食べ方は、粗塩のごま塩+梅干し+焼き海苔、これの「何杯でもいける感」の凄まじいこと

あかん、食べ過ぎてまう!

って事で、食べ過ぎを防ぐために私が用意する雑穀米のお供

それは、白湯なのです

10分から15分かけてゆっくり沸かし、ちょい熱まで冷ました白湯を、コップ1杯

これを、食べる前に半分ほど飲みます
後はゆっくり食べながら、ちょいちょいと飲みます

アーユルヴェーダでも白湯は消化力を高めて、代謝を高めて老廃物を排出しやすくするデトックス効果まであるとされていますが、私が雑穀米をはじめとする美味しすぎる穀物のお供に白湯を飲む理由は単純に満足感が格段にUPするからです

具沢山の味噌汁の方が、栄養的に優れているのはガッテン承知

でもね、雑穀米や玄米そのものの美味しさを存分に味わいたい場合、白湯が1番です
なのでこれって無類の米好き以外の方には共感していただけない事なのかもしれません、という、ブログネタとして致命的なターゲット層の狭さに今、気がつきました

sayu

でも、聞いてください

消化しにくい雑穀米や玄米は、消化力を高めてくれる白湯と相性バッチリなのです

私は基本的に玄米、全粒粉、ライ麦・・・などの未精製な穀物が大好物ですが、実はそんなに胃が強い方ではありません

雑穀米なんか、食べ過ぎるとテキメンにきます

でもね、白湯を飲みながら食べると、不思議と食後に膨満感や胃もたれを起こす事は無く、何より満腹感が得られるのでそこまで食べ過ぎる事が無いんですよね
そしてそれはとても重要なことです

「足るを知る」
そそそそれって、、まさにサントーシャやないかい!

・・・ということで、
白湯は私にとって知足を促してくれる、頼りになる存在というわけ

ついでに便秘知らずですがこれも白湯効果かもしれません、だとしたらいい事づくめです

ちょっと慣れるまでお茶より飲みにくいと感じる方も居るかもですが、シンプルな飲み物なのですぐに気にならなくなりますよ〜

大好きな雑穀米で正しく満足するために

温かいお白湯で、身も心も満たしてみませんか(*^^*)

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中