半月のポーズのこんな練習方法

ヨガのアサナには、正しくポーズを取るための適切な身体の使い方=アライメントがそれぞれにちゃんとあって、その正しいアライメントに自分の身体を近づけようとする事で然るべき箇所に効いてきたり、身体の感覚に意識を向けやすくなったりという効果が得られるという大前提がありますが、自主線しているとどうしてもツメが甘くなってしまったりするものですよね

特にちょっとツラいアサナはその傾向が強くて、ついついやりやすいアライメントや短いキープ時間で満足してしまったり・・・

これぞヨガの自主練あるある

バランス感覚も筋力も必要なアサナは尚のこと

アルダチャンドラーサナ 半月のポーズなどはその代表格です

hangetu_var

このアーサナ
ちゃんとやろうとすると本当に難しいとやればやるほどに思います

要になるのは軸脚

軸脚が真横を向いてその延長線上に手が来るのが本当の正しいアライメントですが、これってかなり柔軟な股関節と、その姿勢を支える体幹のバランス感覚が無いと実現し得ないのです

なのでいきなり軸脚真横、ではなく少し内に向ける軽減法でまずはバランス感覚を鍛えていく事が妥当な練習方法かと思っているのですが、先日、この半月のポーズのとても面白い練習方法を教えていただきました

軸脚を股関節から横に向けて、ゆらゆら左右に揺れながら自分自身のタイミングで一気に完成形へ持っていく、というもの

p_chandra

この練習方法の良いところは、何と言っても誤魔化しが効かないところです
逆に、この方法でピタッと完成形に持っていくことが出来れば、通常のやり方なら楽勝でバランスを取れるということ!

めっちゃいい練習方法やん!

ということで最近ちょくちょくやってます
なかなか難しいのですが、たまにピタッとハマるときがあってそれが爽快
そしてその感覚こそがアルダ・チャンドラーサナに必要なバランス感覚であり、キープする事で集中力と体幹を鍛えることができるというわけです

慣れるまでは軸脚方向を少し内に入れ込んでやりやすくしてもいいし、軸足が少し曲がった状態までで止めてみてもいいですね
慣れてきたら徐々に正しいアライメントに近づけていけることでしょう

コツとしては、息を吐くタイミングで軸脚に全ての体重を乗せることでしょうか
お腹に力が入るので安定しやすくなります★

***

こんな風に、ちょっとゲーム感覚で練習するのも面白いものです♬

楽しみながらアーサナを鍛錬できる方法、もっと探っていきたいです

 
 
 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中