猫のバランスポーズで身体のベクトルを感じ、歪みを矯正 vo.1

呼吸に合わせて背骨を丸めたり反らしたりする、猫のポーズ

呼吸に合わせて背骨一節一節を滑らかに動かすことで背骨全体のストレッチ、そして身体の中心軸に意識が向くので集中力も高めることが出来るという、レッスンの前半には持ってこいのヨガであります

neko

さて、そんな猫のポーズ

色々な、本当にたくさんのバリエーションがあるのですが、その中でもバランス感覚を高めることが出来るバリエーションに注目

身体の歪みを矯正する効果が高いのが猫のバランスポーズの良い点なのですが、身体の歪みって何かというと1番わかりやすいのは背骨の歪み、そして骨盤の歪みですよね

背骨や骨盤のゆがみを矯正するとどんな良いことがあるかというと、まずは姿勢が良くなります
あとは、ゆがみが原因で生じている痛みが改善されたり、表情筋にも影響してくるというのだから驚き!

ちなみに、ここでいう背骨とは背中の骨だけでなく頸椎から胸椎、腰椎までの脊柱全体のこと

脊柱と骨盤を猫のバランスポーズで効果的に矯正するためにはそれぞれ押さえるべきポイントがあります

というわけで、シリーズ 猫のバランス
まずはVo.1

***

猫のバランスポーズ、と聞いて、私がまず1番に思い浮かぶのはコレ

nekobal1

ヨガっ子にはたぶんかなりお馴染みのポーズかと
四つ這いになってあごを軽く引いて、片手と、反対の方の脚を床と平行に伸ばす

はい、ここでポイント

腕や脚を、持ち上げるのではなく伸ばす意識でバランスを取ります
つまり、背骨を前後に引き延ばす意識、こんな感じ

nekobal1_2

これが出来ると、開きがちな上げている脚の骨盤も修正されて骨盤が床と平行に保てます
その状態でキープすることが歪みを矯正するためにはずせない!

例えば右腕と左脚を上げているのなら、右手の指先から左の足先(もしくは踵)を遠ざけるつもりでやってみましょう
自然と右の骨盤が正しい位置に閉じて、体幹の感覚がありありと感じられるようになります

この、体幹の感覚、つまりは胴体中心軸の感覚がこのポーズの鍵なんですよね
体幹を意識出来れば、一気にバランスがとりやすくなるから不思議です★

コツさえ掴めばとても簡単なポーズなので、気軽に取り組むことが出来ます
バランス感覚の強化はもちろんのこと、腹筋と背筋を程よく使うので自然と呼吸が深まり、効果的な有酸素運動ができます

そう、ちょっとだけしんどい、のがイイ♬

めっちゃしんどいのは、イヤ
めっちゃ楽なんも、それはそれでイヤ

そんな時はこの猫のバランスvo.1で、ちょっとだけ頑張ってめっちゃヨガやった気になっちゃおうじゃありませんか!

つづく

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

クンバカ 吸いたくなる瞬間と吐きたくなる瞬間を吟味する

kokyu

呼吸とは息を吸って吐く事ですが、呼吸法では吸うと吐く以外にもうひとつの重要な行為があります

それは、息を止めること
ヨガではそれをクンバカ(クンバク)と言います

息を止めることがどうして重要な段階になるのかというと、身体の中にエネルギーを充満させて隅々まで行き渡らせるためなのだとか

・・・なんて言われてもいまいちピンとこない私

でも神経を一点集中するときに知らず知らずの内に息を止めていたりする経験を思い出してみると、なんか頷けませんか?
例えば針の糸通しとか、黒ヒゲ危機一髪(古!!)とか、ビリヤード打つ瞬間、ジェンガ、目薬さす瞬間・・・

あー、確かに止めてる止めてる

で、これがそのエネルギーを身体中に充満させている状態なわけです
なるほど、だからジェンガ崩れたときのため息ってあんなにもブワッと気がぬけるんですね

何かに狙いを定めて一点集中するにはそれだけでエネルギーが必要ですから、息を止めて大気のエネルギー=プラーナエネルギーを漏らさないよう保持することは理にかなっているように思えます

では、吸った後にそれを体内に保持するクンバカに加え、吐いた後に保持するクンバカも挟んで呼吸をしてみると、どうでしょう?

つまり、空っぽの状態もクンバカで保持してみると・・・

***

自然呼吸法にしても丹田呼吸法にしても、はたまた完全呼吸法にしても、どんな呼吸法も当たり前ですが吸って吐くを繰り返しますよね

私達が無意識に呼吸を繰り返せるのは、息を止めるのは苦しいからです

だって吐いたら吸いたくなるし、吸ったら吐きたくなるでしょ
ただ、無意識に呼吸をしているとそれを知覚する事は出来ないですよね

でも、吐くと吸うの間、吸うと吐くの間にクンバカを挟んでみるとどうでしょう・・・?

つまり
吸った後クンバカして吐きたくなる瞬間を味わってから吐く
吐いたらまたクンバカして吸いたくなる瞬間を味わってから吸う

これ、繰り返してみると自然に吸う量も吐く量も増えて長くなり、呼吸が深まってきます
何よりもこの呼吸は、感覚に意識が向くので集中力をアップさせやすい

集中力がなかなか出ない時に、瞑想の下地作りくらいにはなるんじゃないでしょうか

ちなみに、私が好きなのはこれを完全呼吸で行うことです

完全呼吸法とは、吸うときにまず腹式でお腹を膨らませて、そのまま肺にも空気を吸い込んでふくらませて、最後は鎖骨周辺まで空気を送り込み(この時点では空気の塊が肺全体を上に押し上げているので、腹部はむしろしぼんでいます)、1度そこでクンバカ

プラーナを体の隅々に送り届けてから、吐くときは腹部を凹ませながら肺をしぼませていきます
最後吐ききって、鎖骨の位置も戻ったらまた吸う、の繰り返し

完全呼吸法にはもともと吸うと吐くの間にクンバカが組み込まれているのですが、吸った後だけではなく吐いた後にもクンバカしてみるともう一段階呼吸が深まる気がします

吸いたくなるまで待ってから吸うので、めっちゃ吸えるんです 笑

ある程度繰り返してから普通呼吸に戻すと、行う前よりも呼吸のしやすやが感じられます
吐くと吸うってこんなに気持ち良いもんなんやなぁと

そんな「特別な当たり前」を見つけられるから、ヨガってやめられません♬

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

だんごで終わらない!中秋の名月をヨガで存分に味わう

今年もこの時期がやってきました
9月15日は、年に一度の中秋の名月
今年はその翌々日、正確には17日の明け方4時頃が満月になるようです

満月についてはこのブログでもこれらの記事で何度か取り上げてきました

身体の70%以上が水分で構成されている人間の身体は、月の満ち欠けによる引力の変化に大きく左右され、影響を受けるらしいです

月が満ちていく時期には身体は緩む力が働き、欠けていく時期には締まる力が働きます
つまり満月は身体が一番緩みやすく、月の引力の影響も大きい日だということ

それは身体にとってだけではなく心も又然り

満月の夜に出産が増えたり、交通事故や犯罪が増えたり、少し感情的になりやすかったりするのはまさに月の影響なんですね
私達が地球という星に巣くうひとつの自然物であることを思い知らされます

さて、満月の中でもとくに中秋の名月と呼ばれるこの時期の満月は、空気が澄んでいるためにとても綺麗に見えると言われています

といっても、雨も多い時期なので姿を拝めない年もありますが、雲の向こうに大きく輝く満月があることには変わりません♬
礼拝のナイスタイミングだということです!

というわけで、満月にヨガをするなら外せないのが月礼拝 チャンドラ・ナマスカーラ

chandra

ゆったりとしたヴィンヤサで心も身体も静かに整ってきます

女性の身体は偶然か必然か月の満ち欠けと同じ28日周期が理想とされていますが、月礼拝はその女性のリズムを整えてくれる効果もあるのだとか

男性的で陽な要素の強い太陽礼拝と比較して、月礼拝は女性的で陰のエネルギーを活性化させるシークエンスなんですよね♬

祈りのポーズで中心軸を意識し心身をセンタリング、まずは三日月のポーズで軽く体側を伸ばしてから女神のポーズで安定感を高め、三角のポーズで更に体側を伸ばしながら骨盤調整、そしてローランジで股関節周りの血流を促して、マーラーサナで子宮周りを緩める・・・

なんともまあ理にかなったプログラム!

ちなみに、私の生徒さんで1年程赤ちゃんを望んでいた女性が居たのですが、ある満月の日にレッスンで月礼拝をやったら、翌月に妊娠されたということがありました!

もちろん、たまたまタイミングがジャストミートしただけかもですが(^^;)
それでもこのタイミングのドンピシャ感はゾクゾクですよね〜
やっぱり月礼拝には心身をありのままのバランスに整えて、本来の働きを取り戻す効果がある気がしてなりません

さらに、今日は秋の満月にお勧めしたいアーサナをあとひとつご紹介させてください

満月は一番身体が緩むときなので、同時に余分なものを排出しやすいときでもあると言われています
そして、骨盤の骨自体(骨も水分を含んでいますから)にも、骨盤内の臓器にも陰のエネルギーを活性化する効果が出やすい時期
季節的にも、夏で緩んだ身体が少しずつ締まる方向へ向かう時期でもあります

そこでオススメしたいのはデトックスと骨盤調整の効果がある、やさしいねじりのポーズです

nejirir

ツイストすることで内臓の活性化、骨盤の歪みの調整、そのどちらも叶えてくれる優秀なポーズ

何よりもツイスト系のポーズは吐くときに腹圧がかかり腹式の呼吸をしやすいので、副交感神経を優位にさせて、心をゆったり穏やかにするのに適しています

捻りのポーズにはもっと強度のあるアサナもありますが、強い捻りでなくて良いし、難度の高いものじゃない方が良いんです

月礼拝の後ですから

満月の夜ですから

とにかく柔らかい呼吸が出来る、穏やかなポーズをチョイスする、これがポイント

ちなみに、ツイストポーズのデトックス効果は、内臓への物理的な刺激よりも、リラックス作用がもたらす通便の促進の方が比重が大きいと私は思っています

心も体も、溜め込んだらあかんねん

月礼拝でゆるやかに動のヨガの気持ち良さを味わった後は、このやさしい捻りのポーズで無理なく、静のヨガ特有の深い呼吸に身を委ねるというゴールデン満月ヨガはいかがでしょう?

さあ、せっかくの中秋の満月
だんご食べたら、すぐには寝ないでレッツヨガ!

 

↓人気のヨガブログ情報、満載★
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

菜食主義について 私の本音

yasai

世の中には食に対して色々な思想や嗜好を持った人、逆に食にあまり思い入れのない人までさまざまいらっしゃいますね

ヨガを愛好していると、自然とオーガニックに興味が湧いたり、マクロビオティックな食事に触れる機会は多くなります

また、ベジタリアンを貫いている人と会ったり食事を共にすることもちょくちょくあり、私自身「ベジタリアンですか?」と質問を受けることもたまにあります

以前にもヨガの八支則についての記事を書きましたが、ヤマ(禁戒)の中にアヒムサー=非暴力という項目があり、これを貫徹しようとするとどうしたって獣を殺生して食するという肉食行動を断たざるを得ませんから、ヨガ愛好家にベジタリアンが多いのも当然ですね

で、私はどうかというと、全くもってベジタリアンではありません

食べてます、肉

そして卵やお魚その他動物性のタンパク源を、厳しく制限した食生活はおくっていません

でも、かく言う私も以前1年以上、菜食生活を送っていた時期があります
そのときは「よし、今日から肉を絶とう!」と決めたわけではなく、徐々にお肉を食べなくなりその内授乳をきっかけに油物を摂らなくなりついには全然食べなくなっていた、という感じだったので「ほぼベジタリアン」な時期を入れるともっと長かったと思います

結果どうだったか?

まずめっちゃ痩せました
今より5キロくらい痩せてたんじゃないかな…木の椅子に座ると坐骨が当たって痛かったのを覚えています、ズボンはスカスカ

健康診断の結果はヤバかったです
体重足りてない、体脂肪足りてない、コレステロール足りてない、血が足りてない…
痩せる事それ自体は悪い事でもなんでもありませんが、大切なのは痩せ方ですよね

確実に栄養不足のあかんやつでした

「そんなにお肉食べたくないし、私は健康!」と思っていたのに、まさかの再検査になってショックを受けたものです

もちろん菜食主義で良かった事もあります
スタミナが無かったかというとそうでも無く、逆に身体が軽くてフットワークは軽かったです
あと、あまり間食を取りたい欲求が無くなってお肉系を食べない以外は理想的な食生活でした

にも関わらず、健康診断の結果からも分かるように全然健康では無かったし、生理が乱れたりもし出してこれはいかんなあと気がついたわけです

身体の声、聴けてないやん!ってね

***

というわけで、私は人間本来の雑食生活に戻りました

私には菜食主義はまだ早かったようです

健康的な菜食生活に必要なのは、それを良しとする思想だけでなく、順応する体もまた然りなのですね

気持ちだけで、安易に動物性のタンパク源を断つべきでは無い事を学びました

断っておきますが、思想を持って菜食主義を貫いている人達は素晴らしいと思います!
それだけで意志の強さも感じますし、真似できないのでリスペクトです

ただ私が言いたいのは、菜食主義というのは本来、心と身体が両方整ってから自然とそうなっていくべきものだということ

元より人間は雑食の生き物なのですから、下手に制限するよりは感謝の気持ちを持ってありがたく頂けば良いのではないかと思うわけです

もし自分からは食べないとしても、心のこもったお料理をもてなされて、そこにお肉が使われていたときはその気持ちごとありがたく頂く、くらいの緩さがあった方が、今のこの世の中を生きる上でバランスが良いのではないでしょうか

だってもてなされたお料理のお肉にすら手を付けないのは、思想なのかエゴなのか微妙じゃないですか?
その獣がどんな残酷な経緯でそのお料理になったのかは分かりませんが、今、自分の眼の前にお料理として巡り合わせているわけです

それを食べないことで、その獣は浮かばれるのでしょうか
それとも、食べると獣への暴力に加担した事になるのでしょうか

私はそうは思いません

そんな事より目の前に居る相手の温情を有り難く受けやがれ、と言いたい

だから、ガチガチに主義を貫こうとするあまり、その主義がエゴになるような生き方はしたくないのです

***

ヨガを深めたその先に、本当の意味で心身が肉食を必要としない日が来るとすれば・・・

私にはまだまだずっと先の話になりますが、生きているうちにいつかは到達できるかもしれません
もしそうなれたら、それは素晴らしいことです♬

そのためにもまずは足るを知ること、そして感謝することから、もっともっと練習していきたいと思います★

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

片脚のダウンドッグで骨盤を意図的にコントロールする

今までのヨガのレッスンでもしかしたら1番回数やってるんじゃないかってくらい代表的なアサナ、ダウンドッグ
いわゆる下向き犬のポーズですが、このアサナには色々なバリエーションがあります

例えば足踏みしてみたり、片手で反対足の足首を掴み脇から覗き込んでみたり、爪先立ちしてみたり・・・

片脚を蹴り上げた3本足の犬のポーズ(エカパダ・アドムカ・シュバナーサナ)なんかはヴィンヤサのクラスでポーズからポーズへの移行時によく組み込まれます

私も自分の受け持ちレッスンでヴィンヤサ的な内容の時はよくこの片脚を蹴り上げたダウンドッグを入れたりするのですが、繋ぎのポーズと捉えるとどうしてもその段階で立ち止まってじっくり深めるのが難しい

良くないのは、片脚を蹴り上げたときに陥りがちな、骨盤が横に開いてしまう型をそのままスルーしてしまう事です

いや、故意に、あえて骨盤開きたいわぁ〜っ!っていう意図の元、開いてるなら問題ないのですが
「うっかり骨盤開いちゃったバージョン」はテヘペロでは許されません

そして骨盤開いたバージョンを本当に意図的に気持ちよく行うためには、やはりまずは骨盤を閉じて安定させたまま脚を上げるバージョンを習得した方が良い、というのが私の持論

何故なら、骨盤の向きを固定させられるようになると体重の掛け方と体側の伸び感が変わってくるからです

ちょっとやってみましょう

まず片脚を背骨の延長線上に伸ばしたバージョン

単に脚を上げようとすると、おそらく骨盤が傾いてフワッと脚は上がるかと思います
んで、これは割と楽勝
楽勝ってことはですよ?

ズバリどこにも効いてないってコトです

やりたいのはダウンドッグから上半身は全く動かさないまま、股関節から片脚を後ろに伸ばす意識で上げること

dd1

これが上げている脚の太腿の裏側、ハムストリングに効いてくる
しかも骨盤が開かないように安定させるためには、腹筋に加えて下ろしている方の脚のハムストリングも使うのです

では今度は骨盤をあえて横に開いてみましょう
そのかわり脚はもっと高く高く!

dd2

両手にかかる体重が偏りそうになりますが、両手に50%ずつ体重を乗せようと意識することでしっかり床をプッシュ出来て脚が上に伸びやすくなります

このとき「脚伸びろ〜!長く伸びろ〜!」という気持ちでやってみましょう
スラリとした長い脚が手に入りスタイル抜群になった自分を、イメージする力が付きます
(注:実際には伸びません)

現実に効いてくるのは、お尻の筋肉
お尻がギュッと引き締まる感覚があれば大正解

引き締まったプリプリお尻を、目指せます

さて、骨と筋肉を使う、使う、とくれば、今度は伸ばしたくなるのがザ・人体

伸ばした脚を膝曲げてさらに反らしてみましょう
骨盤は、今度は逆にひっくり返すぞくらいの意識で!

もう両手に乗る体重が偏っても構わないので、とにかく引っ張り伸ばーす

dd3

うっひょ〜伸びる〜!これでもかってくらい伸びる〜!

 

はい
気が済んだら、ゆっくりと戻って反対側行きましょう

***

ダウンドッグって、片脚になる事で骨盤の向きが自由になります
ちょっと不安定になるわけです

その不安定な骨盤を安定させるも、自由自在に動かすも、目的を持って取り組む事が大切

自分の意思でコントロールするからこそ、効いてくる箇所があり、意識を内面に向けやすくなると、思うんです

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村