サンカルパ 言葉の響きは脳に届く

komorebi

アファーメーションという言葉、最近よく耳にするようになりました

成功者はみんなやってる!的な自己啓発本から
今の自分を変えたかったら、どっておきの方法をお知らせします!今すぐただちにクリック!的な胡散臭い系から

私はこのアファーメーションをヨガを通じて初めて知りました
そして実行するまで、人の性格とかってあんまり変わらないもの、というより変えられない物だと思っていました
ですが、実は全然そんなことないんですよね、むしろ人は常に変化し続けるのが自然なんです
ただ、目標を持たずにただのうのうと生きているとなかなか内面の変化は訪れないのかもしれません

ではどうやったら、自分を変えられるのか・・・

実はアファメーションにその糸口があるのですが、方法は意外にもに簡単でシンプルでした

***

人間の脳みそって、ものすごく高度で緻密で精巧なシステムで、その上ただのAIとは違い有機的なゴースト(霊魂・心)が核となってできたすんごい未知なる神秘なるしわっしわの、味噌やねん!
・・・て私、ずっと思ってたんですけど、まあそれは確かにそうなんですけど実は結構、機械的で無機質な性質も持ち合わせているそうな

というのも、人間の潜在意識はコンピューターと同じでそれが是か否か、真か嘘かの判断よりも先に、ただインプットされた情報(言葉)の通りに自動的に動いてしまう、ということが最近の脳科学で明らかになっているんです

そして無意識のレベルで、誰しもがその潜在意識のメッセージに従っているのだとか

つまり、過去にインプットされた言葉の響きは思い込みとなって、その人の才能や性格までにも影響を与えているという事なんです
結局は、脳内ハードディスクにメモリされているものは単なる言葉の羅列でしかない

うーん怖いですねえ
日本では古来から「言霊」なんて言われて、言葉の持つ意味や響きに力があるものと信じられてきましたが、実際多いにその通りってわけです
「おまえは、あほや」と言われ続ければ簡単にその人はザ・自虐人間になりうるし、「やればできる!」と言われ続ければのび太だって大発明をしでかすやもしれません

これはどう考えても言霊の力で潜在意識を味方につけて、人生をより良くする方向に生かすべきですよね!

その方法が、ヨガでもよく言われる「アファーメーション」というやつです

アファーメーションとは肯定的な言葉で行う「自己宣言」のようなもので、一種の自己暗示でもあります
例えば「私はおおらかで優しい人間です」「私は豊かな生活を送っています」「私は優れたデザイナーであり、創造力に溢れています」というように、理想像がすでに実現しているかのように(もしくは実現しつつあるかのように)宣言することで、潜在意識にその響きを刻み込み、セルフイメージを高めていく方法です

やり方にはいくつかのポイントがあって、
・必ず肯定文を使うこと (ex. ×私は意地悪ではありません ○私は優しい人間です)
・すでにその理想が実現しているかのように宣言する (×私は漫画家になります ○私は人気漫画家です)
・シンプルで具体的な言葉を選ぶこと
・何度も繰り返すこと
がアファーメーションを成功させるコツです

・・・と、ここまで読んで「そんな宣言するだけで理想に近づけるわけないやん、あほらし」と思ったそこのあなた!

分かります、その気持ち
私も相当、疑り深い天邪鬼なんで、分かります
そんな天邪鬼系の人には、理想を宣言する前にイメージして欲しいとっておきの情景があります

それは、光のイメージです
理想像としての煌びやかな光の塊
この光の塊がだんだん近づいてきて、そのまま自分がまるごと光に包まれて、そして最後は自分自身がスーパーサイヤ人のごとくぴっかぴかー、というイメージ

この情景をイメージした後に続けてアファメーションをすると、自分の心の核へスッと染み込むように感じるから不思議

恐らくですが、ちょっと疑り深いタイプの人はアファメーションは効果がある、と信じるまでにワンステップ要るのかなと思うわけです
ポイントは、自分が光に近づいていくイメージではなく、光の球からこっちに向かってくるのをイメージすること

この光のイメージは、アファメーションで本当に自分の実現力は上がるのだ、というメッセージを潜在意識に向けて届けてくれているのかもしれません

とにかく、潜在意識へインプットされた自己像は人生の地図とも言える大きなベクトルですから、そうやってセルフイメージを高める事は成功への欠かせない第一歩とも言えるんですよね

完全な瞑想状態とはいかなくても瞑想を行っている時は平常時より潜在意識が知覚しやすくなるものですが、そういうときにこのアファーメーションを行う事で、より効果的にその言葉の響きを潜在意識に届けやすくなります

それを意図的に行うのが「サンカルパ」

数ある瞑想法の中でも眠りのヨガと言われるヨガ・ニードラでは、眠りと覚醒の狭間であるまどろみの状態で「サンカルパ」と呼ばれる誓いを宣言する段階があります
短く、肯定的な言葉を心の内で宣言する事で潜在意識に理想的なセルフイメージを刷り込ませ、自己実現するための土壌を作っていくのです

(当初「1カルパ」「2カルパ」「3カルパ」だと勘違いしていた事実はここだけの秘密です)

このサンカルパはアファーメーションと似通ったものではありますが、正確にはアファーメーションよりももっともっと霊的な、天命を全うするための魂の抱負に近いのではないかと個人的には感じています
というのも、ヨガ・ニードラ最中のまどろみの中では思考力よりも感覚力が大きくて、短いひと言で理想を宣言しようとするとどうしても大枠での方向性になりがちなんですよね

そして実はその「あんまり色々考えられへん状態」で選ぶ言葉が本物なんかも、なんて思ってたりもして・・・

***

というわけで、私もサンカルパを唱えて理想の自己像を潜在意識に刻み込んでいる最中なのですが、私が理想像と聞いていつも思い浮かぶイメージというのは、言葉で簡潔に言うと「優しさ」と「強さ」と「シンプルさ」です

優しさ、という言葉にはおおらかさも柔和さも懐の深さも含んでいる気がするし、優しさがある強さというのが本当の強さであるように思いませんか?
シンプルさ、というのはごちゃごちゃ理屈で考えない、不必要なものを削ぎ落した真っすぐな意思であり、素直さでもあります

私は、優しく強くシンプルです
これが自分のテーマなのかもしれません

あなたの人生のテーマは、何ですか?
自分の理想像は、どんな思いを持ち、何を重んじて、何を成し遂げていますか?

具体的に思い描けば描く程、そのイメージは潜在意識に深く響き、その理想像に向かってはっきりと道が繋がっていく・・・

自分のテーマを簡潔な言葉で見つけることがなりたい自分に近づく第一歩であり、夢は心の底から思い描くことが実現への大きな躍進になるように思えてならないのです

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

〜香水作り〜 シダーウッドで、外界に惑わされない芯を養う

最近、香水作りがマイブームです

何でもっともっと前からやらへんかったんやろうっていうくらい、自分に馴染むこの没頭感
みうらじゅん風に言うと、yogakurageのB面は死ぬほど漫画が好きな事かと思っていましたが、この香水作りはB面になり得るポテンシャルを秘めています
(そもそもマイブームっていう言葉もみうらじゅんの造語なのですから、彼の誰も矛先を向けていない方向を指すエッジなセンスは心底リスペクトです)

自称香りモノ大好き人間でありながら「香水は自分で作れへんものやから」と根拠もなく思い込んでいた私が香水も手作りできる事を知ってしまったのですから、ハマるべくてして、という感じでしょうか

作り方は本当に簡単で、無水アルコールに好みの精油を加えて混ぜ、2週間ほどなじませるだけです
基本的には、無水エタノール10mlに対して精油20滴を混ぜ、10%の精油濃度の液体を作るのですが、この20滴で自分のイメージを追求するのが香水作りの醍醐味!
市販の香水のように強い香りではありませんが、より精油のもたらす心理作用が期待出来ます
(無水エタノールのかわりにホホバオイルを使う方法もあります ご興味のある方はレッツgoogle)

***

さて、香水には

トップノート : ~10分程度持続 香水の第一印象
ミドルノート : ~3時間程度 主体となる香り
ベースノート : ~15時間程度 香水の余韻

というように、その持続時間に応じて内訳が決まっています

私のオススメはシダーウッドを使った香水

シダーウッドの精油は意思を強くし、外界からの影響を受けにくい強い精神力をサポートしてくれる心理作用があります
つまり、自分の軸を強く安定させてくれる香りであるということですね

このシダーウッド、本当に良い香りでとてもナチュラルで安心感があるし、そのくせちょっと別世界の雰囲気も漂うような、なんとも言えない不思議な香りなんですよねえ〜

私はこのシダーウッドをアロマとして使うとき、香りによるリラックス効果が鼻孔から入って身体の真ん中の軸を流れるようにイメージしています
心がセンタリングされて、瞑想のスタートにもとても良いのです
嫌なことがあった日も、その感情を少し切り離しやすくなります

シダーウッドやサンダルウッドのような樹木系の精油の多くはベースノートに適しているのでこの上に他の香りを重ねていくわけですが、シダーウッドをベースに使うと、芯が強く、人に安心感を与えられるような凛としたイメージの香りを作りやすい気がするんですよね

ちなみに
この上にミドルノートとして、イランイランとジャスミンを足すのが私のお気に入りです

「オリエンタルフェミニン」を追求していてたどり着いたのがこのシダーウッド+ジャスミン+イランイランなのですが、これが何ともう〜ん、オリエンタルフェミニン!

イメージで言うと、美しい森の中にある異国情緒溢れる国で花や薬草を売る小さな店の店主、って感じ

そう、一歩間違えば新興宗教を勧誘してきそうなただの怪しいオババになりそうな危うさも秘めているのですが、イランイランの女性的な印象がそれを和らげてくれます

だからってイランイランが強すぎると台無しになるのがこの配合の難しいところ
ポイントは、イランイランをかなり、かーなーり抑える事です

入れすぎたら、新興宗教のオババ風
少なすぎたら、そのうち出家しそうな花屋のオババ風(ま、これは悪くないよ)

ちょうど良いオリエンタルフェミニンとはどこか!ちょっとの加減を、色々試行錯誤するのが楽しいですね♬

完成したこの香りにはインド古来の女神様に因み、saraswati(サラスワティ)と名付けました

perfume

そして今回はオリエンタルフェミニンはブレない範囲で、3つの香りをシリーズ化
パケデはyogakurage印でデザインコンセプトは…強いていうなら上品な土臭さ
香りの名前は前述のsaraswat(サラスワティ)に加え、devi(ディーヴィー)、そしてlakshmi(ラクシュミー)

deviは創造・維持・破壊の根本的なエネルギーを司る女神ですから、香りもユニセックスでスパイシーに仕上げています
対してlakshmiは美と豊穣のエネルギー、そして浮気者のちょっと艶のある女神ですから、香りも女性的で甘い雰囲気になっています

他にも作りたいイメージがいっぱい★
シダーウッドベースのものはとくに、ちょっと心がふわふわしていて自信の無いときや、心に迷いが生まれているときにお勧めです
香水で問題が解決!とは言いませんが、付けるだけで気持ちを落ち着けて自分の意思を確認しやすくなるような気がします
それに好きな香りをまとうというのは、それだけで気分が上がるものです by35歳女子

てなかんじで、私の誰得マイブーム
ご興味のある方はぜひ、こんな風に自分の好きな香りを作ってみてはいかがでしょう?

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

猫のバランスポーズで身体のベクトルを感じ、歪みを矯正 vo.3最終回

さて、猫のバランスシリーズvo.3
今日は一番難易度高めのやつをいっちょういってみましょう

数ある猫のバランスポーズの中でもかなり洗練されたバランス感覚が要るポーズ

四つ這いから、片脚を持ち上げて曲げる、そして同じ方の手で持ち上げた足の甲を掴み引き上げる

nekobal3

このとき、床に下ろしている方の足先は少し外にずらしてバランスを取りやすくしましょう

支えている方の腕と同じ方の脚で支えるので、安定させるのはかなり難しくなってきます
ちょっと半月のポーズ、アルダチャンドラーサナのバランス感覚に近いですね

ただし、この猫のバランスバリエーションとアルダチャンドラーサナの違いは骨盤の向きにあり

アルダチャンドラーサナやトリコナーサナは骨盤を真横に開き傾けるのに対して、この猫のバランスポーズはあくまでも骨盤は床と平行(つまりおへそは床方向)を保とうとします

どうしたって上げている脚の骨盤は横に持ち上がって開きがちですから、上げている脚の骨盤をあえて閉じようとする意識が必要になるわけです、こんな感じ

nekobal3_2

そしてそのためにはそれと拮抗するベクトル、つまりは脚を上に引き上げる力も意識しなくければいけません
というかそうしないとバランスが取れません
そしてそれにはやっぱり腹筋と背筋、特に腹筋をしっかり使います

出来れば目線は上に向けて、耳を肩から遠ざけるように頸椎も伸ばすことを心がけましょう

バランス感覚と腹筋背筋、そして集中力も要るというちょっと難しいポーズですが、骨盤と背骨の矯正だけでなく体幹のバランス感覚まで鍛えられる、美味しいポーズでもあります☆

***

というわけで、3回に渡って猫のバランスポーズをじっくりやってみましたが、どのポーズも要になるのは丹田の意識です

誰もが持っている、丹田(おへその少し下の深層部)にあるエネルギーの塊
腹筋を締めて、下腹部を凝縮させると感じ取る事が出来るかと思います

この自分の重心となる核から、各方向に向けて力を伸ばしていくこと
これってすべてのバランスポーズにおいて、重要なポイントと言えそうですね

美しい姿勢も、その意識とそれを維持する持久力があってこそです!

猫のバランスポーズで背骨と骨盤を矯正し、バランス感覚を養えば、美しい姿勢に近づけること間違い無しです♬

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

猫のバランスポーズで身体のベクトルを感じ、歪みを矯正 vo.2

引き続き猫のバランスシリーズ、真面目一徹面白味0ptの投稿ですがお付き合いください

前回、最も基本的な猫のバランスポーズとそのポイントをご紹介しました
そのもうちょいアドヴァンスをいってみましょう

伸ばした腕で、伸ばした脚を掴む
そして、引き上げます

nekobal2

このバリエーションは肩関節と股関節が対角線で引き上がるため、骨盤が傾きにくく(横に開きにくい)、その意味ではやりやすいです

なので歪み矯正という目的で最も意識すべしは背骨全体を伸ばすこと

例えば、肩がすくんでいては腰に負担がかかりやすくなるし、顎が上がりすぎると首に負担がかかります

背骨全体を正しく使うには腰椎、胸椎、頸椎全ての背骨全体の節を引き延ばすような感覚が必要
そしてそのためにはやっぱり、お腹は引き締めておく事

丹田(下腹部の内側重心)を中心に引き締め、そこから引き上げた足先へ伸びるベクトル、頭頂へ向かって伸びるベクトルを意識すると、自然と脊椎が無理なく引き延ばされます、こんな感じ

nekobal2_2

背骨を反らすだけなら普通の猫のポーズでも出来ますが、このバリエーションでは反らした背骨をさらに伸ばす事もできるので、日常生活の姿勢のクセで縮こまった背骨を矯正することができ、姿勢の改善に繋がります♬

ただし!
繰り返しますが、腰に負担がかかりやすいので絶対に下腹部は引き締めておくべし

背骨を反らせるポーズのお約束、ですね

なので、vol.1のバリエーションポーズで腹筋背筋を程よく鍛えて、ある程度持久力がついた段階でこのバリエーションにトライしていくのが安全な流れというわけです

ちなみにこのポーズ、上げている腕の肩関節も伸びるので胸が開きやすくなり、そういう意味でも美しい姿勢をとりやすくなる効果があります★

左右バランス良く行えば、姿勢美人にまた一歩近づけそうですね〜

つづく

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村