猫のバランスポーズで身体のベクトルを感じ、歪みを矯正 vo.2

引き続き猫のバランスシリーズ、真面目一徹面白味0ptの投稿ですがお付き合いください

前回、最も基本的な猫のバランスポーズとそのポイントをご紹介しました
そのもうちょいアドヴァンスをいってみましょう

伸ばした腕で、伸ばした脚を掴む
そして、引き上げます

nekobal2

このバリエーションは肩関節と股関節が対角線で引き上がるため、骨盤が傾きにくく(横に開きにくい)、その意味ではやりやすいです

なので歪み矯正という目的で最も意識すべしは背骨全体を伸ばすこと

例えば、肩がすくんでいては腰に負担がかかりやすくなるし、顎が上がりすぎると首に負担がかかります

背骨全体を正しく使うには腰椎、胸椎、頸椎全ての背骨全体の節を引き延ばすような感覚が必要
そしてそのためにはやっぱり、お腹は引き締めておく事

丹田(下腹部の内側重心)を中心に引き締め、そこから引き上げた足先へ伸びるベクトル、頭頂へ向かって伸びるベクトルを意識すると、自然と脊椎が無理なく引き延ばされます、こんな感じ

nekobal2_2

背骨を反らすだけなら普通の猫のポーズでも出来ますが、このバリエーションでは反らした背骨をさらに伸ばす事もできるので、日常生活の姿勢のクセで縮こまった背骨を矯正することができ、姿勢の改善に繋がります♬

ただし!
繰り返しますが、腰に負担がかかりやすいので絶対に下腹部は引き締めておくべし

背骨を反らせるポーズのお約束、ですね

なので、vol.1のバリエーションポーズで腹筋背筋を程よく鍛えて、ある程度持久力がついた段階でこのバリエーションにトライしていくのが安全な流れというわけです

ちなみにこのポーズ、上げている腕の肩関節も伸びるので胸が開きやすくなり、そういう意味でも美しい姿勢をとりやすくなる効果があります★

左右バランス良く行えば、姿勢美人にまた一歩近づけそうですね〜

つづく

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中