猫のバランスポーズで身体のベクトルを感じ、歪みを矯正 vo.3最終回

さて、猫のバランスシリーズvo.3
今日は一番難易度高めのやつをいっちょういってみましょう

数ある猫のバランスポーズの中でもかなり洗練されたバランス感覚が要るポーズ

四つ這いから、片脚を持ち上げて曲げる、そして同じ方の手で持ち上げた足の甲を掴み引き上げる

nekobal3

このとき、床に下ろしている方の足先は少し外にずらしてバランスを取りやすくしましょう

支えている方の腕と同じ方の脚で支えるので、安定させるのはかなり難しくなってきます
ちょっと半月のポーズ、アルダチャンドラーサナのバランス感覚に近いですね

ただし、この猫のバランスバリエーションとアルダチャンドラーサナの違いは骨盤の向きにあり

アルダチャンドラーサナやトリコナーサナは骨盤を真横に開き傾けるのに対して、この猫のバランスポーズはあくまでも骨盤は床と平行(つまりおへそは床方向)を保とうとします

どうしたって上げている脚の骨盤は横に持ち上がって開きがちですから、上げている脚の骨盤をあえて閉じようとする意識が必要になるわけです、こんな感じ

nekobal3_2

そしてそのためにはそれと拮抗するベクトル、つまりは脚を上に引き上げる力も意識しなくければいけません
というかそうしないとバランスが取れません
そしてそれにはやっぱり腹筋と背筋、特に腹筋をしっかり使います

出来れば目線は上に向けて、耳を肩から遠ざけるように頸椎も伸ばすことを心がけましょう

バランス感覚と腹筋背筋、そして集中力も要るというちょっと難しいポーズですが、骨盤と背骨の矯正だけでなく体幹のバランス感覚まで鍛えられる、美味しいポーズでもあります☆

***

というわけで、3回に渡って猫のバランスポーズをじっくりやってみましたが、どのポーズも要になるのは丹田の意識です

誰もが持っている、丹田(おへその少し下の深層部)にあるエネルギーの塊
腹筋を締めて、下腹部を凝縮させると感じ取る事が出来るかと思います

この自分の重心となる核から、各方向に向けて力を伸ばしていくこと
これってすべてのバランスポーズにおいて、重要なポイントと言えそうですね

美しい姿勢も、その意識とそれを維持する持久力があってこそです!

猫のバランスポーズで背骨と骨盤を矯正し、バランス感覚を養えば、美しい姿勢に近づけること間違い無しです♬

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中