古く伝わるヨーガの教えを現代の自分に取り入れるために読む本

もし仮に、「よし、いっちょヨーガの教えを日常に取り入れてみるか!」となったとして

『心の働きを死滅せよ』と言われて「おっしゃー、ほな今日から心の働きを死滅するか」となる人はおそらく居ないでしょう
逆に言うと、簡単にそれが出来るんやったら、もうその人は日常にヨーガの教えを取り入れるとかそんなレベルじゃない訳です、もう悟ってもうてる訳です

ちなみにこの『心の働きを死滅する』というのは、聖者パタンジャリによって編纂されたヨーガ哲学の聖典『ヨーガ・スートラ』の冒頭で説かれるヨガの定義であり、目指すべき結論そのものでもあります

平たく言うと、心の働きというのは瞬間的な感情・情動や、記憶から呼び起こされる思考の事であり、その核となっているのが「プラクリティ」と呼ばれる真我=魂なんですな

(このブログでヨガ哲学の真我について触れる時、とっても二アリーな概念である攻殻機動隊のゴーストを引き合いに出したりします

攻殻機動隊ではAIにはゴーストが無く、電脳化していても元が生身の人間であればゴーストが在るという描写があります
そしてそのゴーストがあるからこそ生きることがややこしくもなり哀しくもあり、そして素晴らしいんだよという、生きることの本質もこのアニメのテーマのひとつなんですよね!
とここまでが実はカッコ内であったという驚愕の文章構築力)

で、ヨガ・スートラで説かれているように心の働きを死滅するとどうなるか、というと、自分の本質「プルシャ」がちゃんと見えてくる、ということなんです
まさに瞑想の目的

普段我々が知覚している感情も、五感で感じている感覚も、全ては自分の本体ではなく生きるための道具でしかないんですよね

例えるならば真我は川底の石ころであり、感情や感覚などの普段我々が自分であると知覚している自我は、流れる水や波のようなものなのです
波や流れがピタっと止まって初めて、海底の石ころの姿がハッキリと見えてくる、自我と真我が繋がる、そんなイメージ

やだ、チョー難し〜
って思いますよね

でももっと怖いのは「心の働きを死滅する」ことはヨガの目的の1つではあっても、ゴールではないということ!

なんと心の働きを死滅するのはサマディ(三昧)やその先の解脱への第一歩にすぎないのです
「ま、とりあえずいっぺん真我と繋がってよ、話はそれからやから」みたいな…

そんな気の遠くなるようなお話、そして日常の感覚からはかけ離れすぎて全く見えてこないお話を、噛み砕きまくってヨガ・スートラ粉にして更に日常の感覚にリンクさせながら説いてくれるのが、この本!

『やさしく学ぶヨガ哲学 ヨガ・スートラ』
yogatetugaku

焼いたマシュマロのようにやさしいこの書籍は、現代人が現代社会に生きる上でのヨガ・スートラの解釈や取り入れ方を紐解いてくれているのです

やっぱりね、どんなに偉大で真っ当で素晴らしい哲学であっても、時代とともにその位置付けや解釈は変わっていくものだし、またそうでないと行かんと思うのです
だって時代は変わるし、人も変わりますから

長いスパンで見れば、生き物は進化だってしますからね

人間は皆、真我を核に持っていて、本当はとてもピュアで完成された魂であるという真理は変わらなくても、現代社会には現代社会に合ったヨガ哲学の取り入れ方があるんです

ヨガ哲学は難しいです
難しい感覚や考え方、よく分からないことがいっぱいです
でも何となく、勘ですが真理であることは分かる…
だから私はヨガ哲学は本物だと思っています

その「何となく」を「なるほどねー」に変えてくれる浸透力がこの本にはありました

ヨガ哲学は難しいと思っている方には是非、手にとって一読されることをオススメしますよ♫

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

色んな肩立ちのバランスで、程よい難しさを楽しむ

以前こちらの記事でも触れましたが・・・
ヨガには頭が下になるポーズ、いわゆる倒立のポーズが多くありますよね

倒立すると血液の巡りががらっと変わるのでそれに伴い色々な、本当に多くの効果が期待出来ると言われています

倒立、と一言で言っても腕で立つアームバランス系から三点倒立など、そのバランスもポーズによって様々ですが、今回は肩で立つ肩立ち系について深めてみようと思います

***

さて、肩立ち、と聞いていの一番に脳裏をよぎるのはそのまんま、肩立ちのポーズ サルヴァンガアーサナです
(ですよね?)

コレです

sarvanga

安定感はあるので比較的やりやすいアーサナではありますが、首の後ろの柔軟性や上に引き上げる腹筋や内転筋など、アーサナを洗練させていくためには色んな条件が必要になってくる割と難易度の高いポーズです
ポーズ解放後のリラックス効果はとても高いので、シャバーサナ(最後の全身弛緩)に向けてスムースに脱力していくために、レッスンの終盤に行われる事が多いですよね

これだけでも充分なのですが、肩で立つ、というバランスに焦点を当てた肩立ちの変形ポーズというのが実はいくつもあります
で、変形になるといきなり難度が上がるって言う・・・

やっぱ肩で立つっていうのはがっつり支えが無いと厳しいバランスではあるようです
なので、自分のレッスンでもあまり入れてませんが、たま〜にいれるのはコレ

taiji

胎児のポーズ、なんて呼び方を聞いた事がありますが、正確にはカルナピーダアサナと言うそうです
一見したところ、別に全然難しそうじゃないんですけどね
でもね、実はまあまあ難しいのです

やり方はハラーサナ(鋤のポーズ)から膝を曲げて腿裏で手を繋ぐというシンプルな行程なのですが、きわどいのは腕を床から離す時です

ハラーサナのときは背中の後ろか足先の方向かに腕を伸ばしているので、腕でも身体を支えているんですよね
腿を抱え込むためにその腕を床から離す時、ちょっと慎重に体重移動しないと背中側にゴロンと転がってしまうわけです
ちなみにハタヨガの真髄を参照してみると、アイアンガー先生は首の柔軟性もさることながら脚の長さが自分と全っ然
違うので、もはや全く違うアーサナのように見受けます
コレ絶対脚短い方が難しいと思うなあ・・・

でも日本人でも最近は脚長さんが多いし、たまに気分を変えてハラーサナから変形するにはちょうど良いポーズです
程よく集中力も使うので、精神的にも安定感が増していきます

そしてもうちょっと難度を上げていきたかったら、このポーズも面白いです

katatachi

「逆エビ反りのポーズ」

・・・ではなくて、正式にはニラーランバ・サルワーンガアサナというそうです

よくもまあこんな立ち方思いついたなあ!という感じ

肩立ち系の中でも結構なバランス感覚が要ります
そしてこのポーズでも鍵になるのはやはり腹筋でした

脚が倒れてこないようにキープするには腹筋で体幹を支えなければいけません
やってみると分かっていただけると思うのですが、腹筋から足先に向けて力を引き上げていくとキープしやすいです

自分の中でバランスを探って、ポーズを完成させていくのはなかなか面白いですよね★

***

逆転系のポーズの中では肩立ちのポーズや鋤のポーズは比較的やりやすいアーサナですしリラックス効果も高くてぜひとも毎日でもやりたいポーズなのですが、ちょっと飽きている日やもう少し違うバランス感覚を探ってみたいときには変形してみると楽しいです!

自分にとって少し難しいくらいのアーサナに挑戦すると適度に集中力を使うので、精神的にも安定感が増すと言われています

ヨガを楽しく続けていくためには、少し攻めの姿勢も必要かもしれませんね♬

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

荷物多いねん…ヨガイントラのかばんとその中身

基本的に私の今の生活で、受け持ちレッスンのある日はそれ以外の用事
(例えばちょっと遠いスーパーまでわざわざ安いアボカドを買いにいったら駐車場代を150円取られてみたり、ヘアサロンに行ってお任せにしたら人造人間17号みたいな髪型にされてみたり、じいじばあばにぶっちゃけ焼き過ぎたけどチョコレート味やからギリギリセーフかアウトかさあどっち!なマフィンを持っていったり)
を、入れません

つまり受け持ちレッスンに出かける日は、レッスンのための荷物しかほとんど持っていないわけです

にも関わらず、荷物の多いこと多いこと
ほんで、重い!

なんでこんなに荷物が多いねん?といきなり我に返り、中身を確かめてみたらなんと!!

・・・全部必要な物でした・・・

そうです、これが要る、あれも要る、と私のたぎる「思い」が熱いパトスとなってほとばしった結果が「重い」荷物となってずっしりとのしかかっていたのであります

一体、それはどんな荷物なのか?

気になる人も全くならない人も
私と一緒に確認してみましょう

***

こちらが、私が受け持ちレッスンへ向かう日に持つバッグ、大きめトートを愛用しています

marimekko

写真はmarimekkoのマツクリシリーズですが、中にポケットがある事とファスナー付きであること、色が素敵なことも含めてめちゃんこお気に入りのトートです
何よりも見た目の割にタップリ容量なのが、荷物の多い日にはピッタリじゃないですか

さて中身

nakami

まず断っておきましょう、写真左上のぬいぐるみ

決して幼い頃から一緒に寝ていたから今でも常に一緒じゃなきゃ不安なマーティ君ではありません
受け持っているレッスンで子連れ可能ヨガのクラスがあるのですが、そのクラスの終盤にお子さんを抱っこして一緒にできるアーサナを入れたりしているのです
そのときの誘導で赤ちゃん役をやってくれている熊五郎氏ですよろしくどうぞ

つまりこの熊五郎が荷物に加わるのは子連れヨガの日限定です

というわけで次いきましょう

熊五郎の下の書類ケース
こちらは諸々の書類や名簿など事務的な色々を入れています
直接レッスンに必要な物ではないけれど、管理に必要な物たち
代行のレッスンなどはこれがかさばるときもあります
この書類ケースはとってもハイセンスでオシャレな友人がプロデュースしているMEDICOM TOYのもので、かわいらしいマトリョーシカ柄が何とも和みます

そしてその上に乗ってるのがCD
これは説明するまでもありませんね、レッスンには欠かせない音源です
その日の気分でチョイスしたものを持参しています

どんどんいきましょう、その右上のまあるいのはシンギングボールです
これはシャバーサナからのお目覚め合図のときに使っています
前にこちらの記事でも触れましたが、余韻が最高
空間を浄化してくれる不可欠なアイテムです
たまにティンシャにする日もあります

その右の手袋のようなもの、これはズバリ手袋です
シャバーサナのときに、レッスンの人数や雰囲気によっては皆様にちょっとしたマッサージや、脱力を促すために身体のポジションに手を入れさせてもらうことがあります
そのときに直接触れるよりかは手袋越しの方が精神的に抵抗なくリラックスしていただけるかと思い、使っています

さらにその右いきましょう、タオル
ご覧の通り3種類のタオルを持参しています
1つはフェイスタオルサイズの、シャバーサナのときのマッサージに使うもの、もう1つのフェイスタオルサイズのものは自分がレッスン中に汗拭きなどに使うもの、そしてマフラーサイズのものは生徒さんのプロップ(柔軟性のリラックス効果の補助器具)として必要に応じて使うもの、です

タオルはどれも、今治タオルやオーガニックコットンのものなど、肌触りにこだわって選んでいます
ちなみに写真のは左のセットが今治タオル、1番右のベージュのタオルは、友人がくれた泉州タオルですがこれは大のお気に入り

この流れでその右いきましょう、白湯です
水分補給は欠かせません
お茶の日は美肌効果を狙ってルイボスかハトムギが多いです

レッスンに直接必要な物括りで写真左下、ヨガウェアです
他の用事を入れていないのでヨガウェアでそのまま行ってもOKですし実際夏場はそのまま行ったりもしています

ですが冬場や、そのまま行くのが気がひけるレベルのいかにもなヨガウェアの日はやっぱり持って行って着替えたりします
あとは運動量が多くて汗かき必至のレッスンの場合などの場合も
まあこれは、当たり前の荷物ですよね

その右、ミニマイクとスピーカー
当方、声の通り具合には自信がありますが、そうは言っても広いスタジオの場合、重宝します

右上いきましょう、赤い四角いの
これは手帳カバーですが中身は、ザ・ヨガ手帳です
「ザ」とつけたのは重要アイテムだからです
予定やレッスンの内容何しようかな的なこと、忘れてはいけない事も書いてあるので常に持参
ボールペンはステッドラーのアヴァンギャルドのスリムを愛用しています
だって黒ボールペン、赤ボールペン、シャーペンまでこれ1本でカバーできてしかも細い!これさえあればラクガキも快適★

その下、救急袋です
消毒液と絆創膏、そしてみんなの味方オロナインが入っています
レッスン中にもしもすこし擦りむいたり…何てことがあってもこれで安心
(でも実はまだ使ったことはありません)

その横、財布は説明要りませが生意気にもボッテガヴェネタの二つ折り、そしてその上の丸い箱はアメちゃん入れです
アメちゃん入れってそれもう完全に大阪のオバチャンの習性やん!!て言われたらサツキちゃんが泣いたシーンみたいな顔して号泣しようと決めているのですが、電車の中で目が合ったからってむやみに勧めたりは決してしないのでどうか大阪のオバチャンなんて、絶対言わんといてやー

とにかくインストラクターって本当に喉を使うんですよね…私は家では、誰に似たのかまあよく喋る子供達と他愛もない話をしたり大声で喧嘩の仲裁をしたり褒めたり叱ったりで日常的に喉を酷使しがちなので、レッスンの前や後にはアメちゃんを舐めたりしています
オススメはプロポリスキャンディ!画像のやつはこちらです
喉がスッキリするし、味もクセが無し!しかもプロポリスキャンディでこの低価格、さすが老舗カンロ
長年、かりんのど飴愛用者でしたが、プロポリスキャンディを知ってからはもう手放せません

その横、GOOD LUCKとデザインされた赤いポーチの中はいわゆる身だしなみポーチです
アルジェランのリップクリームとキールズのハンドクリームにナウの万能オイル、ハンカチとティッシュ、ミラーがレギュラーアイテムです
お化粧はあまりしませんが、曲がりなりにも人様の前に立つので最低限の身だしなみはしっかりせねば
目くそ鼻くそ・即・斬!です

因みにこのポーチ、RYTを仕込んでくれた師匠がくれた物です
このポーチを見るたびに気分が上がって元気でる、先生ありがとうー!!

ラスト、1番右下はアロマスプレーです
これもシャバーサナアイテムの1つ
最後のリラックスをより心地よくするために持っていたいアイテムです
写真はmarks&webのものですが実は中身は違って、私の手作り
ラベンダーを主体に、人を選ばない精油をブレンドしています

***

一気にいきましたが、ね?多いでしょ??

でも、やっぱり全部必要

少しでもより良い時間を過ごしてもらいたいし、どうせなら最大限にヨガの効果を感じてもらいたいのです
そして、ほんのちょっとの気配りでグンとレッスンの質が上がる事を私は知っている!

きっと他のインストラクターもそうなんじゃないでしょうか?

色んなインストラクターのカバンの中身、めっちゃ興味あるなあなんて、この記事を書いていて思ったのでした

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村