色んな肩立ちのバランスで、程よい難しさを楽しむ

以前こちらの記事でも触れましたが・・・
ヨガには頭が下になるポーズ、いわゆる倒立のポーズが多くありますよね

倒立すると血液の巡りががらっと変わるのでそれに伴い色々な、本当に多くの効果が期待出来ると言われています

倒立、と一言で言っても腕で立つアームバランス系から三点倒立など、そのバランスもポーズによって様々ですが、今回は肩で立つ肩立ち系について深めてみようと思います

***

さて、肩立ち、と聞いていの一番に脳裏をよぎるのはそのまんま、肩立ちのポーズ サルヴァンガアーサナです
(ですよね?)

コレです

sarvanga

安定感はあるので比較的やりやすいアーサナではありますが、首の後ろの柔軟性や上に引き上げる腹筋や内転筋など、アーサナを洗練させていくためには色んな条件が必要になってくる割と難易度の高いポーズです
ポーズ解放後のリラックス効果はとても高いので、シャバーサナ(最後の全身弛緩)に向けてスムースに脱力していくために、レッスンの終盤に行われる事が多いですよね

これだけでも充分なのですが、肩で立つ、というバランスに焦点を当てた肩立ちの変形ポーズというのが実はいくつもあります
で、変形になるといきなり難度が上がるって言う・・・

やっぱ肩で立つっていうのはがっつり支えが無いと厳しいバランスではあるようです
なので、自分のレッスンでもあまり入れてませんが、たま〜にいれるのはコレ

taiji

胎児のポーズ、なんて呼び方を聞いた事がありますが、正確にはカルナピーダアサナと言うそうです
一見したところ、別に全然難しそうじゃないんですけどね
でもね、実はまあまあ難しいのです

やり方はハラーサナ(鋤のポーズ)から膝を曲げて腿裏で手を繋ぐというシンプルな行程なのですが、きわどいのは腕を床から離す時です

ハラーサナのときは背中の後ろか足先の方向かに腕を伸ばしているので、腕でも身体を支えているんですよね
腿を抱え込むためにその腕を床から離す時、ちょっと慎重に体重移動しないと背中側にゴロンと転がってしまうわけです
ちなみにハタヨガの真髄を参照してみると、アイアンガー先生は首の柔軟性もさることながら脚の長さが自分と全っ然
違うので、もはや全く違うアーサナのように見受けます
コレ絶対脚短い方が難しいと思うなあ・・・

でも日本人でも最近は脚長さんが多いし、たまに気分を変えてハラーサナから変形するにはちょうど良いポーズです
程よく集中力も使うので、精神的にも安定感が増していきます

そしてもうちょっと難度を上げていきたかったら、このポーズも面白いです

katatachi

「逆エビ反りのポーズ」

・・・ではなくて、正式にはニラーランバ・サルワーンガアサナというそうです

よくもまあこんな立ち方思いついたなあ!という感じ

肩立ち系の中でも結構なバランス感覚が要ります
そしてこのポーズでも鍵になるのはやはり腹筋でした

脚が倒れてこないようにキープするには腹筋で体幹を支えなければいけません
やってみると分かっていただけると思うのですが、腹筋から足先に向けて力を引き上げていくとキープしやすいです

自分の中でバランスを探って、ポーズを完成させていくのはなかなか面白いですよね★

***

逆転系のポーズの中では肩立ちのポーズや鋤のポーズは比較的やりやすいアーサナですしリラックス効果も高くてぜひとも毎日でもやりたいポーズなのですが、ちょっと飽きている日やもう少し違うバランス感覚を探ってみたいときには変形してみると楽しいです!

自分にとって少し難しいくらいのアーサナに挑戦すると適度に集中力を使うので、精神的にも安定感が増すと言われています

ヨガを楽しく続けていくためには、少し攻めの姿勢も必要かもしれませんね♬

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中