自主練に使える!全身の調整にピッタリなマイルド逆転系アーサナといえば

逆転系ポーズって基本的に結構ハードだと思うんです

例えば鋤のポーズや肩立ちのポーズのように比較的バランスが取りやすいポーズでもキープするにはそれなりに柔軟性や腹筋が必要やし、三点倒立や逆立ちはかなりの集中力を使います

sarvanga

だからこそ逆転系ポーズを解放したときには特有のリラックス感に包まれるのですが、そんなこんなで行う前はちょっとばかし気合いが要るのもまた事実

ですが以前この記事でも触れましたが、逆転系ポーズって本当に色々な効果が心にも体にもあるので、やらなきゃ損なんですよね〜

じゃあ、しっかり逆転を味わいたいけど、気合いもやる気もそこまで出ない、そんなズボラ度が上がりがちなときはどうするか
元々ズボラ度高めの私の推しアーサナはコレです

背中立ちのポーズ

という呼び名があるらしいですが、私は「くの字ポーズ」と呼んでます

このアーサナならシルシアーサナのように集中力もそこまで要らないし、肩立ちよりも土台が分散するので楽々行うことができます
隙のポーズほど首の後ろの柔軟性も要らないし、膝は適度に緩めてもO.K.!
そのくせしっかり逆転できるので、全身の血流改善とか、腰痛緩和とか、そういう逆転系ポーズのおいしいとこはちゃんと押さえられる、なんとまあ便利なポーズ

集中力や筋力をそこまで使わない分ポーズ解放のリラックス感は少し劣りますが、それでも逆転することによって全身に新しい血液と酸素が行き渡る感覚でリフレッシュすることが出来ます

***

アーサナを練習する姿勢として、修行の意味も込めて多少辛いプログラムを日々忠実に行うのも悪い事ではないと思います

例えばスタジオに通うのであれば、ちょっとしんどい日でも始まってしまえば否応無しに動いてしまったりして、それはそれでスッキリできて気持ちよかったりもしますしね♪

でも自分1人で静かに行うときは、今日、今このときの自分がどんなアーサナを求めているかを吟味して、そのときのプログラムを選ぶのも結構重要な行程のように思えたり

背中立ちのポーズのように効果をしっかり保ちながらも楽に行えるアーサナをレパートリーに加えていると、「ちょうど今こんな感覚が欲しい」を実現しやすくなります

(ヨガ愛好者には色んなタイプの人が居ますが、その中でも手練と呼べる人達は身体が柔らかいとか難しいアーサナが美しく出来るというよりも、実はこの自分の身体の感覚をアーサナで導くのが上手いというのが、手練たる所以なのではないでしょうか)

その時の自分にピッタリのポーズを見つけられたときの心地よさは、自分の身体のことをより深く知るきっかけになります

そして自分が本当に欲しているアーサナが手に取るように分かるようになれば、身体を使っての心の調整も上手くなるのではないかと、私は思っています

長くなりましたが何が言いたいかっていうと、ズボラな私は背中立ちのポーズの緩さが好きってことです

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中