実際のところヨガは老化に効果があるのか 

オギャーと生まれたそのときから
卵パッカンしたそのときから
生き物は死に向かって進み始めます

生まれてから死ぬまでの間に心は色々と変化し、身体も変化し、やがて死を迎えて一生を終えるんですよね

その心や身体の変化が成長とか老化とか呼ばれる現象なわけですが、成長はともかくとして、老化はなるべくしたくないなあなんて思ってしまうもんです

たるみたくない、ボケたくない、固まりたくない、ハゲたくない…

しかしそれは生きている限り確実に誰の身にも起こります(ハゲは別としてね)

近年は老化のメカニズムについても遺伝子レベルで色々と解明されていきているらしく、ヨガにも老化を遅らせる効果がある、なんて言われていたりもします

それって本当なんでしょうか?

***

ヨガは老化を遅らせる効果がある

うーん、何となくですが、確かにあるかもしれん

私自身がヨガをしていることによって具体的にここの老化に効いている!みたいな実感は正直よくわかりませんが、やってないよりはちょっとはマシだったりするんでしょう、たぶん・・・
それに周りを見回してみて、インストラクター仲間や比較的熱心な生徒さんはやはり年齢に比べて若く見える方が多いのは事実です

健康のためにも若々しさのためにも運動は欠かせませんが、実は激しすぎる運動は体内の活性酸素を増やしてしまい、逆に老化の原因になったりもするらしいです
その点ヨガのような適度な有酸素運動は、若さを保つホルモンであるDHEAの分泌を増やすことがインドで行われた比較実験でも明らかになっているそうな
せっかくなんでアーサナ紹介
『若返りのポーズ』とも呼ばれる倒立ポーズ、写真はサーランバ・シールシャーサナ

精神面ではヨガの呼吸法は老化の大敵であるストレスを軽減する(=リラックス作用)があるので、内側から若さを保つためにも効果的です
また、瞑想は海馬を活性化し、脳を若く保つ作用もあるのだとか

まだまだあります
ヨガの食事法は基本的に新鮮なものや旬の物を腹八分で食べるの良いとされますが、実はこの「腹八分」というのがポイント
老いに関係する遺伝子は代謝調節と密接に関わっているので、満腹まで食べるという食生活より腹八分の食生活の方が老けにくいことが徐々にわかってきているそうです
(わかっちゃいるけどやめられない)

ということでやっぱりヨガは老化を遅らせる効果があるんだ!とまとめてもいいのですけど、実はそんな記事が書きたいわけではないのでありました

***

思うに老化に対するヨガの効果って、1番は『老化を受け入れる精神性が養われる』てとこじゃないかと
それってつまり、老化現象を否定的なこととして捉えなくなるというか…

おばあちゃんになりたくないし、おばちゃんよりお姉さんで居たい!いつまでもキレイで居たいねん!
とか
メタボ腹になりたくねぇ、いや100歩譲ってメタボ腹になったとしてもハゲ散らかすのだけはマジ勘弁
とか

まあ、気持ちは死ぬほど分かるし私だってそう思ってます

でも、正直なところヨガライフを始めてから、そういう外見的な老化現象はかなりどうでも良くなったというのもまた事実

それよか美魔女だとか言われて浮かれてる方々の価値観の方がとんと理解に苦しみます
なんやねん美魔女って
魔女なん?イリュージョンなん?まどマギの成れの果てなん?

肝心なのは、どう歳を重ねるかです

心と身体のメンテをしながら、ブレない軸を持ちつつ歳を重ねた人は、必ず素敵な歳の取り方をしています
魅力的な個性を持ってたりもします

…というのは私の周りの人生の先輩達を見て思うこと
きっと皆さんの周りの素敵な先輩も同じではないでしょうか?

何が言いたいかというと、心と身体の調和を謀りながらその人らしく日々を重ねていけば、結構老化も悪いもんじゃないということです

そんな風に思えるようになったのも、たぶんヨガのおかげ

そしてそれこそが1番の、ヨガの老化への効果なんですよきっと

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中