シヴァナマスカーラを効果的に取り組む姿勢

ダーマヨガという流派があるのを、ご存知ですか?

簡単に説明すると「キング・オブ・アメリカンヨガ」「ヨガ界の宝石」と称賛されているダーマ・ミトラー(Dharma Mittra)により考案された、現代人のためのヨガです
現代人のためのヨガとはいえ決して伝統を軽んずるわけではなく、むしろ忙しい現代人がいかに正しく効果的にインドの伝統的なヨガの教えや哲学を取り入れていけるかを追求したような、現代社会において再構築されたヨガ、という感じ

ちなみにこのダーマ・ミトラー先生とはどんな人かというと私はお会いした事もないのでいい加減なことは言えませんが、だがしかしあえて言おう「めっちゃすごい人」であると

もしご存知の無い方はレッツgoogle
そして画像をご覧になれば頭頂で立っているダーマ・ミトラー先生が拝めることでしょう

そう、私の中ではダーマ・ミトラー先生についてはとにかくこの頭立ちのイメージが強いのです
いやいやどないなっとんねんと、凡人代表としてはいの一番に突っ込むのがお約束のアーサナ
それだけ見てもダーマ・ミトラー先生がただ者では無い事は分かりますが、画像で拝見するだけでもその柔らかくて深い眼差しはこの人なら怒り狂う王蟲の荒波を鎮める事ができるに違いないとすら思えて来ます

さて
ダーマヨガは初心者から上級者までレベルに応じた段階があるのですが、基礎的なプラクティスとして特徴的な「シヴァナマスカーラ」というヴィンヤサシークエンスを用いてプラクティスを行います

具体的に言うとお馴染みスーリヤ・ナマスカーラBを基調に、ヴィラバトラーサナⅠから、身体を横に開いてヴィラⅡへ、上体後ろに伸びてシャンティヴィラ、パールシュバコナーサナ、からの〜捻ってパリブリッタパールシュバコナサナ、でやっとプランクへ移行するという、ポーズ数だけでいうと4つ要素が増えたシークエンスです

このシヴァ礼拝の良さと行う際のポイントについて、私なりに掘り下げてみました

***

私が思うに、シヴァ礼拝の一番の魅力はその「楽しさ」です
太陽礼拝でもそうなのですが、呼吸に合わせて色んな方向に身体を動かしていくのは、人間が四つ打ちのリズムで踊ることを理屈抜きで楽しいと感じるような、根本的な感覚が刺激されるような気がします
シヴァ礼拝は太陽礼拝と比べてもさらにアクティブな要素が大きいので、単純に楽しさもひと塩!

そして日々忙しくタスクに追われる現代人のために短時間でも集中力や新陳代謝を高め、精神的にも直感力を研ぎ澄まし本来の自分(ハイヤーセルフ=自分の霊的な本体)に繋がりやすくなれるよう組まれているシークエンスでもあるので、継続しているとすぐに心身がコミットし合い、気持ちよく呼吸に乗って動けるようになっていきます

だから、まずは
段階1.とにかく継続的にやってみること
気分がちょっと乗らない時でも出来るときにえいやっとやってみることがシヴァ礼拝の効果を感じるための重要な段階です
毎日じゃなくてもいいから、1日おきとか2日おきでもいいから、継続的にやっていけば徐々に心身がバージョンアップされてある日、自分の中に新機能シヴァ礼拝モードが加わっている事に気がつくでしょう

ひとつひとつのアーサナの完成度を高めるのは後で良い(と私は思う)
呼吸と動きをしっかりリンクさせるのも後で良い(と私は思う)

ただ、だからといって、何となく行うとせっかくの効果が半減です

段階2.各アーサナの完成した瞬間をしっかり認識しながらやること
要するに流れの中のひとつひとつのアーサナの完成度が自分の中で1番上がった瞬間を丁寧に感じながら行うということです
ヴィンヤサ全般に言えることですが、ポーズのキープ時間が短いからこそ、ポーズごとの山をしっかり確認するのが大事

アーサナの完成度が低くても、呼吸と動きがしっかりリンクしていなくても、各段階を丁寧に感じようとすることで集中力が高まりますよね
これが重要な気がします

もちろんこれは継続していれば自ずと身に付いていく事なのですが、よりスムーズに効果を感じるためのちょっとしたコツです

さて、これらをクリアしてきたら

段階3.ハートの感覚と場所を意識
えー?ここへきていきなり乙女系の流れ?
と思われた方、確かにその流れも捨てがたいですが、違います

ハートチャクラと呼ばれるアナハータチャクラは、胸の真ん中にある感情を司るチャクラです
(アナハータチャクラに関してはチャクラのはなし4をご参照ください)
このブログでもこの記事この記事などで今まで何度か触れて来ていますが、基本的に胸を開くアーサナはこのアナハータチャクラを癒し、活性化し、前向きで明るい精神性を取り戻すと言われています

で、このシヴァナマスカーラはアナハータチャクラを効果的に活性化できるように組まれているのだとか

例えばシャンティヴィラバトラーサナ〜パールシュバコナーサナ〜パリブリッタパールシュバコナーサナに見るシヴァナマスカーラの特徴的な流れなんかは特に、どれをとっても胸の真ん中、鳩尾を開く意識がポイントになるアーサナですよね

身体を動かす事で心を調整しようとする場合、胸を開くというのはかなり即効性がありどんな人でも効果を感じ易い動きなんじゃないでしょうか

自信の在る人は大抵姿勢がよく胸が自然に開いているし、猫背になっているとなんとなく気持ちも沈んでしまったり…

シヴァナマスカーラはさすがに短時間でも効果が出易いように組まれているだけあって、この胸を開く=アナハータチャクラを活性化する動きに重きが置かれています

なので、慣れて来たら是非、胸の真ん中アナハータチャクラの存在を心に置いて、気持ちよく胸を開く意識で行う事をオススメしたいです
そうすれば一層清々しさを感じることができるし、その清々しさと呼吸のリズムに乗る事の楽しさで本当にちょっとした悩みとかはどうでも良くなるくらい前向きな心持ちにチューニングできます

***

以上が私が思うシヴァナマスカーラの効果的な行い方とその魅力です

もちろんこんなレベルは序の口で、もっともっと深めた先にしか見えてこない段階がきっとあるのでしょうけど、忙しい現代人がヨガを使って短時間でその恩恵を受けるためなら、まずはこれらを意識してやってみるといいんじゃないでしょうか

…というのは、単に私の意見ですが 笑

シヴァナマスカーラって何?どんな効果が期待出来るの?と思っている方は、騙されたと思って一度上記のポイントを意識してやってみてくださいね★

そして目標は大きく!いつかは頭立ちをめざしたいところです

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

蹠強化月間vol.2 重要な谷間は胸元ではなく足指に有り

さて、蹠強化月間vol.2
今回はさらに蹠→足→脚の機能を向上させるところまで焦点を当ててみましょう

ポイントは、足の親指と人差し指の谷間と、小指と薬指の谷間です

私はレッスン時に足指をほぐすとき、丁寧にやるときは足の親指と小指を外に開きながらひっぱって離す、という動きも取り入れています

これは私が信頼している鍼灸師の先生からその昔教わった事なのですが、足の親指と人差し指の間、小指と薬指の間はツボの境界が多く、緩めておくと蹠全体の正常な感覚が保たれ易いらしいです
要するに、親指と小指の各谷の部分は、緩めておくとツボが多く存在する蹠全体の機能を正常に保つことができる言わばポイント地点

確かに足の親指と小指を開くストレッチをやるだけで蹠全体が温かく、各指が柔軟に開くような感覚があります

これってヨガのプラクティスにとってはとてつもなく重要なことで、特に立位のアーサナをやるときにこういった足指ストレッチをやったかやってないかで大きくポージングが変わってきます

まず蹠の感覚が整うと、蹠三点(親指の付け根、小指の付け根、かかと)に均一に体重を乗せ易くなる、つまり理想的なバランスを維持しやすくなります
結果的に姿勢が安定するというのが、足指ストレッチの大きな効果です

私はツボに関しては全くのド素人なのですが、足指ストレッチで姿勢が安定するのは重心の話だけではなくて、ツボへの刺激も関係しているのかもしれません

そんなこんなで、最近、蹠強化をもくろんでいた私が手放せなくなったアイテムをひとつご紹介したい

ずばり『あしぴた』です

ア、アシピタって…
まさか足にピタっとくるからアシピタ?
ないわー、安易やわカビキラーの方がまだひねってるやんとかぶつぶつ言いながら装着してみて第一声

「うっひょー足にピタッ!」

付けたビジュアルはこんな感じ

このままヒールの靴やバレエシューズ履いても見た目にはそこまで違和感在りません
さすがにサンダル履いたら「え?なに履いてんの?靴下?足袋?」と友人(新八ばりの突っ込み担当)に突っ込まれましたが、そこはどや顔で「ん?アシピタやけど?」と返せば無問題

これ、まず実感したのは付けているととても脚が疲れにくいことです
特に重心が安定する感覚があります、それは何故か

ポイントはまず小指と薬指の谷、親指と中指の谷をほどよく開いてくれるという事

試しに片足だけ装着してみたらほら

分かりますか?装着している方は足指全体が少し緩んで広がっていますよね

結果として踵に偏りがちだったり内側や外縁に偏りがちになる、人それぞれの「重心の癖」を矯正する効果を感じます
さらにその結果、土踏まずがグッと持ち上がる事でふくらはぎのポンプ的機能が正常化し、疲労物質が溜まりやすい下肢の血流を促してくれます

だから、楽
そして、疲れにくい

そしてこのように土台が安定すると、自ずと骨盤から上も含め全身の姿勢が改善するのは言うまでもありません

私自身は特にO脚とかX脚とかは無いのですが、ヨガの生徒さんの中にはそれらが原因で脚の疲れが出易くなっている方がいらっしゃいます

そういった方にも是非オススメしたいアイテムです!
試しに装着したままヨガをやってみましたが、全く邪魔になりません
ご興味を持たれた生徒さんが1人、装着してレッスン受講されましたが、むしろバランス系の立位は一層安定感があるように見受けました

ただ、英雄系のポーズのようにしっかり大地を踏みしめる感覚が欲しいアーサナに関して言うと、私の個人的な意見では素足に勝るものは無し…
英雄系のポーズなんかも塩梅良くピタッとくるアスリート向けのアシピタ、アシピタGTならぬアシピタGD(仮)の開発を切に願います
(因みに「G」roun「D」ingね、しまった!ひねり無し)

何はともあれ、足って大切
なんてったって地面との接地面

特に親指と小指の谷、ここを緩める事で脚だけでなく全身に予想以上の効果があることは何となく感じていましたが、ここ最近のYOGAKURAGE蹠強化月間でそれが確信に変わりました

今まで立位の多いパワー系のクラスの前は、正直そこまで丁寧に足指解しをしていなかったのですが(でも絶対最低限はやってたけど)、今後はそういうクラスこそ、足解しのストレッチを充分やっていこうと決意

そして世の男性の皆さん

女性を選ぶときは胸の谷間より足指の谷間をチェックした方が、より頑丈で健康な女房が見つかりまっせ

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村