身の丈に合わないスピリチュアリズムはときに身の破滅を招く

ヨガ愛好者は、多かれ少なかれスピリチュアルにも関心がある
これは几帳面な人ほどお好み焼きのキャベツを細かく刻みがちなのと同じくらい当然のことだと思います

そもそもヨガは身体(=sense)を使って精神(=spirit)を平穏に整えることを目的としているわけですから、ちゃんとヨガやるからにはスピリチュアルな事に興味が湧かない方がむしろ不自然とも言えます

いわゆる「スピリチュアルな物事」として、巷には新興宗教からナチュラル思考のリトリート、心身が浄化される水、パワーストーンや幸運を呼ぶ壷まで、中には気を抜くとハマってしまいそうなニセモノもバナナの皮のように転がっています

もちろん、本物(ここで言う本物とは、人を騙そうとする意志がなく、個人的な利益の回収が一番の目的でないものを指すことにします)もあるでしょうし、どんなものであれ本当にその人の人生やスピリットに好影響を与えるのであればそれで良いのだとも思います

ただし、スピリチュアルな事は当然ながら精神への影響力が大きく、下手すると「妄信」というとんでもなくマズい状態に陥りかねません
そして悲しい事にヨガ愛好者の中にはすばりその妄信状態に陥っている人がちらほら見当たっちゃうんだからたちが悪い

ヨガを嗜みながらもそうならないためにはどう生きれば良いのか、私ごときが偉そうに私なりの姿勢を勝手に語ることにしました
というわけで断言口調で進めますが暇つぶしに読んでやってもいい、という方は続きをどうぞ

***

大前提として、スピリチュアリズムは生きる上で指針となるべき重要な事柄だと思います
要するにこの人生において霊的成長を目的として生きるという姿勢

ヨガなんてまさにこれそのものですし、多くの宗教もまた教えはそれぞれ違えど結局目的はそこにあるのではないでしょうか

何も考えずにのんべんだらりと生きるより、どう在るべきか、どう在りたいのかを見据えながら選択を重ねていく方が人として成長するに決まってます

で、その大前提は置いといて

何かひとつの事、人、主張や教えに捕われてしまうと何故ヤバいかというと、バランスが崩れるからです

それが宗教でも思想でも人物でも現象でも、何かを妄信するという姿勢は固執に繋がり易く、それ以外の物を排除しようとする精神性に偏りがち

それだけならまだしも、例えばその宗教の活動に傾倒するあまり身近な人間との接点を疎かにしてしまったり、尊敬している人物が主催するナチュラルリトリートだから日本だけど大麻や非合法の薬物を使用してもいいのだと信じて疑わず、それで気づきを得た気になったり
例えば大麻などは国によって禁止されていなかったりもするし、そういったものを全否定する気はありません
中島らも氏も言ってましたが「薬物とは生き方」であって、それを選択する人は一定数必ず存在します
ヨガ発祥の地であるインドでも大麻くらいならわりと日常的に使用されていたりするようですし
でももしあなたが今住んでいる国で向精神薬の類が禁止されているとして、あなたが高杉晋助的なキャラ属性でもないのであれば、反社会的行為なんてあえてやる必要無くないですか?
やりたい事をやるためにはやるべき事をやってこそのびのびできるってもんです

すこし話が逸れましたが何かを崇拝するレベルで妄信すると、ハマると面倒な何かを選択してしまったり、辛い目に遭った時に「これは自分が至らないから当然の報いなんだ」と必要以上に自責の念にかられたり、失敗したときに「これは好転するために与えられた経験であり私は悪くない」と自分にある原因に目を向けなくなったり、それなんか違うんちゃう?というでっかいズレに気が付けなくなってしまいます

それは、あかん

それは怖い

もっと楽にいくべし
「楽」とは好き勝手やっていいという意味ではなく、もっと肩の力を抜いて素でいようやということ

新しいパン屋へオープン当日朝に速攻で買いに行くも良し、子供のためという口実でガチで本気出してゲームクリアするも良し、菅田将暉の魅力に今頃気づいて身悶えするも良し、ツルツル肌になると聞いて卵の薄皮を必死で顔に貼るも良し…

およそスピリチュアリズムからは程遠い、そんな生活の中の一見くっだらないひとつひとつ全てが「地に足をつける」ために実はとても大切なんです

その生活の中で、ひとつひとつを丁寧に味わうこと、感じること、ときに立ち止まること

今の生活のひとつひとつを当たり前のようにこなすことは決して惰性ではないし無駄なことでもない、むしろそれでこそマインドフルネスは研ぎ澄まされるし、まずはそこ押さえにゃ話にならん、というのが私の考えです

菜食主義についての話でも以前触れましたが、身の丈に合わないスピリチュアリズムは霊的に成長するどころかバランスを崩す原因にもなりかねません
そして私は実際にそれでバランスを大きく崩してしまった人を今までに何人か見てきました

山籠りして瞑想やプラクティスに明け暮れる体験も貴重でしょうし、尊敬する人のリトリートに参加してチャクラを活性化することも大きな転機となるかもしれません
でも、地に足をつけたリアルな生活を疎かにしては、本当の意味での霊的成長は成し得ないんじゃないでしょうか

そういう小さな生活や練習を積み重ねる事、そこで感じる事、変化する事、成長する事の、全ての過程を丁寧に感じる事が、多くの人にとって一番必要なヨガの姿勢だと思うのです

というわけで、しっかり地に着いた軸足の強さと力まないバランス感覚が必要なアーサナをひとつ

立位の鳩のポーズ(というかどうかは知りませんがなんかそんな感じのアーサナ)です

スピリチュアルは決して実生活から遠い特別なものではありません

とりあえず、私は今日作った水菜サラダがめっちゃ美味に出来たこと、それによって子供が野菜をちゃんと食べたこと、お代わりするご飯があったことに全力で幸せを感じようと思います★

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

これは浸かるヨガである!手作り薬湯入浴剤

お風呂って重要

これはしずかちゃんも言ってるしミサトさんも言ってるしオフロスキーも言ってる紛れも無い事実
この重要なお風呂をより充実させるために何かと地味にこだわっていることは以前こちらの記事でも触れましたが、今回ご紹介するのは手作り薬草風呂です

「薬草?どこで手に入れるの??面倒くさそう〜」と思ったアナタ
私も最初そう思いましたとも

ですが何も中国で本場の漢方医を探し当て、さらに「お願いですから薬草探しを手伝ってください」とつたない中国語で頼み込み「タダでは無理アル でもどうしても言うなら手伝ってやってもいいアル」と運良くOKが出たところで山奥に入って各薬草を採集し、干したり漬けたりしかるべき処置を施し、最終的に高額な手数料と引き換えに微量を手に入れたりしなくても『ネットでポン!』で材料くらいそろっちゃうのが良くも悪くも現代の特徴

動機は単純
銭湯の○○湯を家でやりたい…これに尽きます

さて、じゃあどんな薬湯にしようかなということで自分が欲しい効果を探ってみたところ、
「リラックスできてホッとする上に、温浴効果を促進してくれる、でも暑苦しくなく爽快な湯」
という湯ばあばが聞いたら舌打ちされそうなわがままな薬湯を求めていることが分かりました

というわけで、身内に居る漢方に明るい薬剤師を早速取っ捕まえてアドバイスを仰いだところ、はじき出されたのが以下の薬草類

薄荷(ハッカ)・・・鼻炎、ストレス解消、安眠、疲労回復など
桂皮(ケイヒ)・・・鎮静、鎮痛、抗菌、抗ストレスなど
蘇葉(ソヨウ)・・・鎮咳、健胃、発汗、解熱など
川芎(センキュウ)・・・末梢血管拡張、抗血栓、鎮痙、皮膚温度上昇など
甘草(カンゾウ)・・・弛緩作用、鎮静、リラックス効果など

これらの生薬をネットでポチッと購入
そしてブレンドした手作り入浴剤!

じゃーん!

うん、見た目地味

ですがガーゼに包んで入れたらお湯が透明感のあるなんとも綺麗な、深い緑になりました
さらに今回は夏の身体に向けてペパーミントの精油を数滴垂らして、メントール感もUP!

使ったのはNEAL’S YARDの精油

香りは決してフルーティなアロマティックな香りではないけれど、薬草感満載の「効きそう〜」な香り
それぞれの薬草の香りに桂皮の甘さが重なって、ちょっと高級感すら感じる薬湯になっているではないですか!

浸かってびっくりしたのは、そんなに温度高くしてないのに汗がじゅわじゅわ出て来たことです
なんか内側からもほぐれていく感じ
ヨガみたい

そしてその温浴効果は上がった後も長く続きました
ずっと暑い!カモーン扇風機

さらに、特筆すべきは暑いのに、ハッカの効果で身体の表面は爽快感があること
これは凄い!
私のボキャブラリーのポテンシャルを惜しみなく発揮して表現するならば
「めっっちゃええ湯やん」

ぶっちゃけ作るのはめんどくさかったけど、
面倒臭さ<気持ちよさ<効果
てとこでしょうか

疲れも取れて気持ちもリラックス、そして身体のほぐれ感と体表面の爽快感のコントラストに意識を向ければ、今ここマインドフルネスへ

この瞬間だけでも満たされる気持ちはまさにサントーシャ(知足)
身体を清めるのはシャウチャ(清浄)そのものです

ヨガってやっぱり、瞑想ってやっぱり、凡人は身体の感覚から入るのが1番の近道で、凡人代表格の私にはお風呂ってヨガそのものやんかと再認識

そしてそのヨガ効果を、更に高めてくれる薬湯

ちょっとしばらくハマりそうな予感です♪

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

Light onYoga Nada~Oneness~ 地に足の付いた浮遊感を楽しむ

『Tantric Yoga Band “VAIKUNTHAS”』によって奏でられる、ヨガのプラクティスに最適な音源『Light on Yoga Nada』については以前こちらの記事でご紹介しました
先日その第二弾、Onenessがリリースされましたね、もちろん即買いですが、かといって即使いはしないのがYOGAKURAGE流
まずはセルフプラクティスで何度もじっくり味わいようやく自分のクラスで使います

何故って、入手したての音源をすぐレッスンで使うのは、途中で混ぜると味が変わるねるねるねるねの魔法の粉を最初っからぶち込んで掻っ込むくらいの衝動的で蛮勇な行為だからです

前作に引き続きジャケも素敵…
デザイナーさん、とても良い仕事されてますね

さて、ヨガのレッスンに使う音は、決して邪魔にならず空間に溶け込み集中力を高めてくれるものがいいですよね
そんな風に言うと「じゃあ当たり障りのないアンビエントでいいよね」てなるわけですが、実はもうひとつワガママに理想レベルを上げると「元々人間に備わっている原始的で内面的な感覚を刺激して、気分も集中力も高めてくれる音」というのが確かに存在します

これがあるとレッスンの満足感も一層上がる、例えるならば大友克洋の素晴らしきアニメーションが石野卓球大先生の音源によって唯一無二のクオリティに補完されるように!

いやアンタ音に頼らず自分のレッスンの質をまず上げろよというツッコミは真っ向から受け付けよう、でもそれはちょっと置いといて…

『Light on Yoga Nada~Oneness~』は、そんな音好きのワガママな理想を叶えてくれるCDでした

***

まずこのCDの冒頭、私の中で揺り動かされた感覚は、非現実な楽しい夢から醒めて、現に戻ってきたときの、多幸感が後を引く実在感です

まるで野外レイヴで夜通し音に酔いしれて楽しく踊った後に、柔らかい朝日を浴びながら淹れたてのお茶を飲むような…
心の開放感と、地に足を着いている確かな感覚
ヨガを行うために最も理想的な心の状態へ、自然と導いてくれました

実はヨガを行う事で心身をこの状態へチューニングすることは、私が自分のレッスンでまさに目指したいところでもあるのですが、このCDをかけるだけでレッスンの冒頭でまずそこへ誘ってくれるんです

いやもうほんっとすみません、ありがとう音楽

そしてこのCDが凄いのは終わりまで一環してその「地に足が付いている多幸感」がちゃんと続くことなのでした

メロディラインやリズムは変化を続け、夢(自分の内面)と現(自分の周りの世界)が融合する、それこそ本当にOnenessを感じるレベルに深まっていきます

超個人的には4曲目Vimana Flowや5曲目Golden Fairyなどのタブラの音との入り方がもう最高!
CD全体では1番の盛り上がりとも言えるところですが、そこで私は何か懐かしいような…少しノスタルジックな気持ちになりました
広がり続ける空間を飛び続ける解放感、そういえば子供の頃の感覚に似ています

子供の頃は誰しも、しがらみの無い自由な心と、そのときそのときを全力で感じ取れる真っすぐな五感、根拠は無くても守られている安心感などで満たされていたのではないでしょうか
幼い頃はもっと自分の心の核と、意識しなくても密接に繋がっていたように思います
まさに
♫ち〜いさ〜いころ〜は か〜みさまがいて〜♫
いうやつです

大人になるにつれて、経験による自信や、理想像、あきらめと達成感、そして人を思いやる気持ちなど、自分の本体に少しずつレイヤーを重ね、人間として成長する反面自分の核が見えにくくなっていきますよね

ヨガとはそのレイヤーに包まれた核を見つめる作業でもあるわけですが、このCDを聞いているとそのレイヤーが一枚一枚はがされるように、子供の頃の感覚を思い出したってわけです

『Light on Yoga Nada』のファーストCDは音とリズムで身体を覚醒させることで集中力を高めてくれるようなエネルギーを感じましたが、『Light on Yoga Nada~Oneness~』はより気持ちよくダイレクトに内観させてくれる、優しい包容力が確かにあります

***

1番フラットな自分へ、チャンネルを合わせてくれる音
それはたぶん人それぞれの感性によって違うし、その人の生きて来た経緯によっても違うでしょう

でも、全ての人の心の奥底で共通する「懐かしさ」があるとしたら

『Light on Yoga Nada~Oneness~』はその懐かしい感覚を呼び起こし、ヨガをするに適した心の下地を整えてくれるCDだと思うのです

うん、これはぜひリラックス系のクラスで特に使いたい♬

というわけで、★5つですっ!

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村