OM 自分の声の響きを感じる まずは体で、やがて心で

当方、自分の声が嫌いです

なんてゆーか、綺麗じゃないし、どちらかというと低めで可愛くもないしそのくせ色気もなければ透明感もない

インストラクター、しかもヨガの、なんてやってると特に声って重要だと思うんですが、私の声の取り柄といえば「よく通る」
ことくらいでしょうか

それはさておき

ヨガのレッスンでは、しばしばマントラが唱えられます

マントラとは日本語で「真言」と訳されたりします
サンスクリット語ではマン=心、トラ=解放する という意味を持ち、マントラを唱える事で心を解放し、その音の響きが持つエネルギーでより高次な自分自身へ導き、個(=自分)と全(=宇宙)を調和させることができると考えられているそうな

やだ、むっつかしい!
ヨガブログやってて痛感するのは「難解な内容を簡単に書くのはめっちゃ難解」ってことです
でもここはひとつ小難しく考えずに「マントラってエネルギッシュで神秘的なこ・と・ば♥」くらいに捉えときましょう
本質は自分自身で感じてみればよいことですから

さてさて、数あるマントラの中でも最も崇高と言われている、そして最もポピュラーとも言える「オーム(a・u・m)」ってどんな言葉なんでしょう

オームを唱える事で広がる声の波動について、今一度見直してみました

***

マントラ、特にオームって聞くと日本では、あの胸くそ悪いオーム真理教事件を連想する方が多いかと思います
ただでさえちょっと宗教臭いイメージのあるマントラを唱えるという行為は、一般的なクラスでは敬遠されがちな側面があるのも事実

ですが本来オームの音は、宇宙の始まりの音であり「創造・維持・破壊」というサイクルで変化する森羅万象の真理を象徴していると言われているものっすごい、最っ高の、スーパーグレートハイレベルな偉大な音です

その神秘的な音を身体に響鳴させることで細胞を構成している分子を構成している原子(ここまでは理科でやった)を構成している素粒子(ナショジオでやってた)まで波動が染み込んで、生命を支えている自律神経の働きを正常化、結果的に心身が静かに快く整っていくということです

ちょっと胡散臭く感じる方も、個人的に瞑想しているときや自主練を始める前など、マントラを唱えるのは呼吸法をするのと同じくらい心がフラットになるし、何たって自分の声ひとつで簡単に行える優れた音波療法ですから、試して損は無し!

と言うわけで唱えて見ましょう
マントラの練習はざっくり3段階に分かれます

①まずは声に出して唱えてみる(ジャパ)
お腹の底から音が始まっているようにイメージしながら「オー」の音を伸ばしていき、徐々に口をすぼめ「ウー」の音へ変化させ、最後は口をさらにすぼめ「ムー(ンー)」とのばして終わります
「ムー(ンー)」のときは音が頭の中に響き渡るように感じながら唱えるとさらに余韻が残ります

実際に唱え、その響きを感じることで雑念を取り払い、集中力を高めやすくなります
誰でも効果を感じやすく、簡単に行える段階です

音が波動として広がるのは物理的な現象ですから、素直にその響きを感じるだけで身体の感覚でマントラの効果って実感できるものです
音で心身が浄化される感覚…とても良いです、いやまじで、ドラクエの呪文にもあればいいのに

②心の中で唱えてみる(アジャパ)
声に出して詠唱する事に慣れて来たら、心の中でとなえてみます
これは誰にも邪魔されない領域なので周りに人が大勢居ても出来るし、風邪ひいてて声が出ない時も出来ますよね
ちょっとめんどくさい人と話してる時なんかは適当に受け流しながらアジャパってみてもOK、その際白目は剥かないようにだけ注意しましょう

これも声に出して唱えるのと同じように集中力を高めたり、余分な雑念、心の無駄な動きを和らげることが出来ます
つまり、無駄に緊張したり気構えたり、または怒りを感じたりするときに、それによって必要以上に乱されることが無くなります

なんとまあ、ヨガ道を進む上でめっちゃ大切な姿勢

③自分の存在もオームである事を認識する(ムクティ)
最終的には自分の存在もまたオームである事に意識を向けます
自分の体も心も「創造・維持・破壊」を繰り返すオームであり、心の内では常にオームが鳴り響いているんです
南インドの聖者であったラマナマハルシも生前語られていますが、自分で唱えなくてもオームの響きが心の中で聞けるようになれば、自分(個)と世界(全)の境目が溶けるような解放感を感じることが出来るのだとか

それをムクティ(解放)と解釈したのは私の個人的な感覚なのですが、ジャパ、アジャパを繰り返しているうちにおそらくはそういうことだと思ったんですよね

そして、かくいう自分はまだ全然その域ではありません
正直、まだまだ内なるオームが聞こえる段階は想像すら出来ません
ただ、自分自身がオームであるという事実はジャパ、アジャパを繰り返すうちに頭ではなくて感覚でもっとクリアに染み込んで来ました

ただただ自分の声の響きを全身で感じる、やっぱりこれぞヨガであり、繰り返す価値のある行為なんですよ

***

当方、自分の声が嫌いです

でもマントラを唱えるときはその自分の声が気持ちよく、「この声も悪くないな」なんて思ったりもします

宇宙の始まりの音とか真理の音とかってかなり壮大な話ではありますが、とりあえずは、単純にその音の響きを味わう事で心地よく感じられれば、まずはそれだけでハッピー度UP

あなたも、自分と、そして世界に少しでも波動が響くようにイメージしながら、オームを唱えてみませんか

Hari om…
shanti shanti shanti…
Hari om…
om…

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中