chillとyogaの境界を無くす、ヨガ的ティタイムの勧め

日々、良いティタイムをお過ごしですか?
お茶やコーヒーを飲みながらリラックスする休憩時間
ちょっと一息つく空白の『chill』な時間

今日はこの『chill』の大切さについて、そして『chill』とヨガの共通点などを探ってみます
より良いヨガライフを送るために…

さて

『chill』って単語は「寒さ」「冷す」という意味から冷静になるというニュアンスで使われますが、私はどちらかというとスラングで使う「のんびりする」「落ち着く」「リラックス」という意味の方が先に思い浮かびます
で、私は『chill』が大好き
てゆーかこれ、誰でも好きなはず

こんなにも無駄に見えて、その実こんなにも必要不可欠な時間はおそらく他には無いと思われます

どんなに忙しく生きている人でもchillタイムの全くない人なんて居ないんじゃないでしょうか

あまり何も考えずに或いはそこはかとなく思い浮かぶ考えを眺めたり、
とにかくぼーっとする、
心を漂わせる

この時間があってこその集中だったり一生懸命だったりするわけで、常にフル稼動していれば人も家電もすぐ壊れる事でしょう

対して
ヨガは冷静に行うものではありますが、呼吸や感覚に集中するという側面を見ればちょっとチルとは違いますね

そして集中する事で得られるリラックス効果や精神安定効果はヨガの美味しいところです

と考えるとyogaもchillも人間メンテには欠かせない行いだと気がつくわけですが、ふと、自分の日々のchillタイムを振り返ってみると案外感覚に集中する瞬間があったりします

例えば、お茶の香り、味、喉を通る感覚…

様々な思考を漂わせながらもふと、今ここの感覚に自分を戻されるときがあります
まるで上げた凧を一旦手元に戻すときみたいに

その瞬間の感覚、めっちゃ大事だと思うんですよ

だいたいはchill真っ最中のとき、マインドフルネスいわゆる『今ここ』の感覚って薄れがちで、ふわふわと心の輪郭が薄れていたりします

それが感覚を刺激される事でキュッと引きしまる、これは思いっきりマインドフルネスです

chillはこの緩んだ状態とマインドフルネスを気ままに繰り返す最高の時間なんですよね

***

ヨガをするときは感覚を使って集中力を呼び起こしますが、良いchillタイムは感覚に集中する力、そして心の緩め方をどっちも養えるってわけです
緩んだ状態と研ぎ澄まされた状態、その境界がどんどんなくなっていくとヨガのプラクティスにも最高に生きてきます

なのでchillするときはお茶とか、お茶じゃなくても何か自分の感覚を刺激するものをお供に備えるべきかと

ちょっとした甘いものでも良いし、アロマでも画集でも、雑誌とかでも構いません

実はこのブログの隠しモットーは「お茶のお供にYOGAKURAGE」なんで、このブログを読みながらって言うのも最高ですw

今回は私のオススメのchill友アイテムをご紹介しましょう

これ、一保堂の玉露「麟鳳」です

ちなみに、急須も一歩堂です

このお茶、本当に美味しいんです!
私は自慢じゃないですがお茶の味なんて全く拘りはなく、やっすい麦茶やインスタントコーヒーでも「うんまー」モードに入れるんですが、このお茶がすごく美味しいことはよくわかります

お茶の旨味が濃くて、後引くんですよ
さながらシンギングボールの余韻のごとく

だからchillのお供にぴったりなんです、これ飲みながらのchillはまさしくヨガ的ティタイム!

一歩堂のお茶はどれも美味しいらしいのできっと他のも美味しいのでしょうけど、値段も手頃で最初に買って以来のファンです
何しろ、緑茶元々そんな好きじゃなかったですけど、これで好きになりましたから

味、香り、色、そのどれもが感覚を心地よく刺激してくれる上質玉露、ここにあり

飲んだ事の無い方は是非、お試しくださいね
緑茶そんなに好きじゃないって方も、これで緑茶好きになるかもですよ〜

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中