大きなヨガスタジオと小さなヨガスタジオ それぞれの陰と陽

あなたは、大きなヨガスタジオと小さなヨガスタジオ、どっちが好きですか?

最近の私、かなりバタバタと忙しい日が続いていまして、めまぐるしくヨガの指導状況も変化していました

そんな中でふと、自分の今までのインストラクターとしての軌跡を振り返る機会があり、良いヨガのレッスンとは何か、良いヨガレッスンのための良い場所とは何か、などなど経験からも色々と考えたりしていて..

その考えた事を今回ようやく書きまっせ!
ってことで筆を取った次第

***

私がインストラクターの資格を取得して、1番最初に担当したレッスンはどこでのレッスンだったか…

東京は世田谷区のとあるビーガンカフェで
オフタイムに店内で少人数のクラスをさせていただいたのが最初でした

思えば初めて人前でまともにレッスンをしたにも関わらず、居心地の良い店内とアットホームな雰囲気の優しいお客さん達のおかげで緊張しすぎることもなく、気持ちのよい時間を過ごさせていただきました

さて、では一番最初にドーパミンやらアドレナリンが出まくったレッスンはどこのレッスンだったか 笑
この日のことは一番最初のレッスンなんかよりよっぽど覚えています

それは、ある大きなスタジオの代行を初めてさせてもらったときです

まだまだ駆け出しのインストラクターだった頃

かなり大きなヨガスタジオの、なんと初心者向きのクラスではなく、中上級向けのクラスでした
そこへ同じTT卒のベテラン先生の代行として、ペーペーの私がのこのこと行ったわけです

レッスン10分前、スタジオに入ったときほんまにもう心臓が爆発するんじゃないかっていうくらいドキドキしました

想像してみてください

代行で来たそのスタジオはめっちゃ広く、お客さんがすでに40人くらい居ます
さすがは中上級向けのクラス、お客さん達も「めっちゃヨガやってます」感が凄い…
オシャレなウェアに身を包んだモデルさんみたいに綺麗な人やヨガ歴めっちゃ長そうなおばさま、ガチムチの男性などなどがストレッチをしたり、パドマアーサナで呼吸法をしつつ精神統一しながら私のレッスンを待っている…!
注:私は駆け出しのインストラクターです

「あ、これ、かえりたいやつや!!」

富士急ハイランドのええじゃないかの坂の上以来の死ぬほど帰りたい衝動に包まれつつ、でももう逃げる事は出来ないその状況に目を泳がせながら必死で対応して、そうこうしてるうちにレッスンはじまってしまいました

とりあえず冒頭に少し呼吸でセンタリングして

そしたら、そしたらですよ、なんか逆にスイッチ入ってね..
結果的にいい緊張感の中で、自分的には合格点なレッスンが出来たんです
何より自分も楽しかった!

なんかね、頭がキリッと冴えてパカーンとチャクラが開いた感じで、アジャストが必要なお客様が一目で分かったり、呼吸の誘導がスムーズにうまく出来たり…

普段はノミの心臓な私、自分でも驚きでした

で、何故この状況でうまくいったかというとこのとき緊張感を上手くパフォーマンスの向上エネルギーに変換できたからかと

実際、アメリカの心理学者のロバート・ヤーキーズとドットソンはマウスを使った実験で適度な緊張がパフォーマンスの向上に繋がるという結果を得ていますし、スポーツ心理学などでも定説になっています
(もちろん過度の緊張は逆効果なので、私がこのときうまくいったのは、始める直前くらいにいい塩梅で緊張感を緩めることができていたんだと思いますが)

そしてこれは教える側だけの話じゃなくて、その場でヨガを受ける人にとっても同じことかと思うのです

「家でヨガの練習やるとなんかうまく出来ないしキープも続かないけど、スタジオでやると不思議とハードなことができたりする!」

こんな経験、ありませんか?

脳の構造上、公の場ではパフォーマンスはときに20%も向上する事が分かっているそうです

緊張感がある場面、というとちょっと気が引けますが、要するにそういう公の場では雑念を消しやすく「ゾーン」に入りやすい面があるってことだと思うんです

確実に他の人達と公の場でヨガを行うとき、家で1人で練習するときより心もぐっと引き締まってますよね、その感覚こそが集中力を高めるいいスパイスになります!
大きなスタジオでたくさんの人が居ないといけないわけではなく、少人数のスタジオであっても公の場には変わりありません

小さなスタジオであればアットホームな雰囲気を味わいつつ集中することもできるでしょうし、逆にものすごく広くて100人以上の大人数で行う場合はその場に集う人達全員のエネルギーに乗せて、自分自身もまた高めていく事ができます

どんな空間であれば、程よい緊張感と深いリラックスに入り易いかは、その人によって、またその時の自分の状態によっても違うのでしょうね
なので、自分にとってちょうど良いと感じるスタジオをメインに、たまには大きなイベントで大人数のヨガに参加するも良し、パプライベートレッスンを受けてみるもまた良しです◎

色んな場でのレッスンを経るごとに、その場に合わせて集中力を発揮するチューニング力も高まっていきます

***

ちょうど良い明かり、リラックスをもたらすアロマ、心地よい音…

それらはみな、良いヨガを行うためのエッセンスであり、その空間そのものやその場に集う人々もまた、その日のヨガの質を左右します

インストラクターはその場の人数や陰陽のバランスを見極めて、声の大きさ、誘導の仕方で良いヨガを行えるようにコントロールするナビゲーターだと思っています

だから大きなスタジオでも小さなスタジオでも、常にその場にいる人たちの集中力とリラックス力を高められるように、色んなクラスを経験していきたい

皆様も、是非色んな場で色んな人と、ヨガをしてみてください!
一緒にヨガしましょうよ

私は、いつもゴールには相手と自分の幸せを据えて、レッスンに励みます☆

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中