猫のバランスポーズで身体のベクトルを感じ、歪みを矯正 vo.1

呼吸に合わせて背骨を丸めたり反らしたりする、猫のポーズ

呼吸に合わせて背骨一節一節を滑らかに動かすことで背骨全体のストレッチ、そして身体の中心軸に意識が向くので集中力も高めることが出来るという、レッスンの前半には持ってこいのヨガであります

neko

さて、そんな猫のポーズ

色々な、本当にたくさんのバリエーションがあるのですが、その中でもバランス感覚を高めることが出来るバリエーションに注目

身体の歪みを矯正する効果が高いのが猫のバランスポーズの良い点なのですが、身体の歪みって何かというと1番わかりやすいのは背骨の歪み、そして骨盤の歪みですよね

背骨や骨盤のゆがみを矯正するとどんな良いことがあるかというと、まずは姿勢が良くなります
あとは、ゆがみが原因で生じている痛みが改善されたり、表情筋にも影響してくるというのだから驚き!

ちなみに、ここでいう背骨とは背中の骨だけでなく頸椎から胸椎、腰椎までの脊柱全体のこと

脊柱と骨盤を猫のバランスポーズで効果的に矯正するためにはそれぞれ押さえるべきポイントがあります

というわけで、シリーズ 猫のバランス
まずはVo.1

***

猫のバランスポーズ、と聞いて、私がまず1番に思い浮かぶのはコレ

nekobal1

ヨガっ子にはたぶんかなりお馴染みのポーズかと
四つ這いになってあごを軽く引いて、片手と、反対の方の脚を床と平行に伸ばす

はい、ここでポイント

腕や脚を、持ち上げるのではなく伸ばす意識でバランスを取ります
つまり、背骨を前後に引き延ばす意識、こんな感じ

nekobal1_2

これが出来ると、開きがちな上げている脚の骨盤も修正されて骨盤が床と平行に保てます
その状態でキープすることが歪みを矯正するためにはずせない!

例えば右腕と左脚を上げているのなら、右手の指先から左の足先(もしくは踵)を遠ざけるつもりでやってみましょう
自然と右の骨盤が正しい位置に閉じて、体幹の感覚がありありと感じられるようになります

この、体幹の感覚、つまりは胴体中心軸の感覚がこのポーズの鍵なんですよね
体幹を意識出来れば、一気にバランスがとりやすくなるから不思議です★

コツさえ掴めばとても簡単なポーズなので、気軽に取り組むことが出来ます
バランス感覚の強化はもちろんのこと、腹筋と背筋を程よく使うので自然と呼吸が深まり、効果的な有酸素運動ができます

そう、ちょっとだけしんどい、のがイイ♬

めっちゃしんどいのは、イヤ
めっちゃ楽なんも、それはそれでイヤ

そんな時はこの猫のバランスvo.1で、ちょっとだけ頑張ってめっちゃヨガやった気になっちゃおうじゃありませんか!

つづく

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

クンバカ 吸いたくなる瞬間と吐きたくなる瞬間を吟味する

kokyu

呼吸とは息を吸って吐く事ですが、呼吸法では吸うと吐く以外にもうひとつの重要な行為があります

それは、息を止めること
ヨガではそれをクンバカ(クンバク)と言います

息を止めることがどうして重要な段階になるのかというと、身体の中にエネルギーを充満させて隅々まで行き渡らせるためなのだとか

・・・なんて言われてもいまいちピンとこない私

でも神経を一点集中するときに知らず知らずの内に息を止めていたりする経験を思い出してみると、なんか頷けませんか?
例えば針の糸通しとか、黒ヒゲ危機一髪(古!!)とか、ビリヤード打つ瞬間、ジェンガ、目薬さす瞬間・・・

あー、確かに止めてる止めてる

で、これがそのエネルギーを身体中に充満させている状態なわけです
なるほど、だからジェンガ崩れたときのため息ってあんなにもブワッと気がぬけるんですね

何かに狙いを定めて一点集中するにはそれだけでエネルギーが必要ですから、息を止めて大気のエネルギー=プラーナエネルギーを漏らさないよう保持することは理にかなっているように思えます

では、吸った後にそれを体内に保持するクンバカに加え、吐いた後に保持するクンバカも挟んで呼吸をしてみると、どうでしょう?

つまり、空っぽの状態もクンバカで保持してみると・・・

***

自然呼吸法にしても丹田呼吸法にしても、はたまた完全呼吸法にしても、どんな呼吸法も当たり前ですが吸って吐くを繰り返しますよね

私達が無意識に呼吸を繰り返せるのは、息を止めるのは苦しいからです

だって吐いたら吸いたくなるし、吸ったら吐きたくなるでしょ
ただ、無意識に呼吸をしているとそれを知覚する事は出来ないですよね

でも、吐くと吸うの間、吸うと吐くの間にクンバカを挟んでみるとどうでしょう・・・?

つまり
吸った後クンバカして吐きたくなる瞬間を味わってから吐く
吐いたらまたクンバカして吸いたくなる瞬間を味わってから吸う

これ、繰り返してみると自然に吸う量も吐く量も増えて長くなり、呼吸が深まってきます
何よりもこの呼吸は、感覚に意識が向くので集中力をアップさせやすい

集中力がなかなか出ない時に、瞑想の下地作りくらいにはなるんじゃないでしょうか

ちなみに、私が好きなのはこれを完全呼吸で行うことです

完全呼吸法とは、吸うときにまず腹式でお腹を膨らませて、そのまま肺にも空気を吸い込んでふくらませて、最後は鎖骨周辺まで空気を送り込み(この時点では空気の塊が肺全体を上に押し上げているので、腹部はむしろしぼんでいます)、1度そこでクンバカ

プラーナを体の隅々に送り届けてから、吐くときは腹部を凹ませながら肺をしぼませていきます
最後吐ききって、鎖骨の位置も戻ったらまた吸う、の繰り返し

完全呼吸法にはもともと吸うと吐くの間にクンバカが組み込まれているのですが、吸った後だけではなく吐いた後にもクンバカしてみるともう一段階呼吸が深まる気がします

吸いたくなるまで待ってから吸うので、めっちゃ吸えるんです 笑

ある程度繰り返してから普通呼吸に戻すと、行う前よりも呼吸のしやすやが感じられます
吐くと吸うってこんなに気持ち良いもんなんやなぁと

そんな「特別な当たり前」を見つけられるから、ヨガってやめられません♬

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

だんごで終わらない!中秋の名月をヨガで存分に味わう

今年もこの時期がやってきました
9月15日は、年に一度の中秋の名月
今年はその翌々日、正確には17日の明け方4時頃が満月になるようです

満月についてはこのブログでもこれらの記事で何度か取り上げてきました

身体の70%以上が水分で構成されている人間の身体は、月の満ち欠けによる引力の変化に大きく左右され、影響を受けるらしいです

月が満ちていく時期には身体は緩む力が働き、欠けていく時期には締まる力が働きます
つまり満月は身体が一番緩みやすく、月の引力の影響も大きい日だということ

それは身体にとってだけではなく心も又然り

満月の夜に出産が増えたり、交通事故や犯罪が増えたり、少し感情的になりやすかったりするのはまさに月の影響なんですね
私達が地球という星に巣くうひとつの自然物であることを思い知らされます

さて、満月の中でもとくに中秋の名月と呼ばれるこの時期の満月は、空気が澄んでいるためにとても綺麗に見えると言われています

といっても、雨も多い時期なので姿を拝めない年もありますが、雲の向こうに大きく輝く満月があることには変わりません♬
礼拝のナイスタイミングだということです!

というわけで、満月にヨガをするなら外せないのが月礼拝 チャンドラ・ナマスカーラ

chandra

ゆったりとしたヴィンヤサで心も身体も静かに整ってきます

女性の身体は偶然か必然か月の満ち欠けと同じ28日周期が理想とされていますが、月礼拝はその女性のリズムを整えてくれる効果もあるのだとか

男性的で陽な要素の強い太陽礼拝と比較して、月礼拝は女性的で陰のエネルギーを活性化させるシークエンスなんですよね♬

祈りのポーズで中心軸を意識し心身をセンタリング、まずは三日月のポーズで軽く体側を伸ばしてから女神のポーズで安定感を高め、三角のポーズで更に体側を伸ばしながら骨盤調整、そしてローランジで股関節周りの血流を促して、マーラーサナで子宮周りを緩める・・・

なんともまあ理にかなったプログラム!

ちなみに、私の生徒さんで1年程赤ちゃんを望んでいた女性が居たのですが、ある満月の日にレッスンで月礼拝をやったら、翌月に妊娠されたということがありました!

もちろん、たまたまタイミングがジャストミートしただけかもですが(^^;)
それでもこのタイミングのドンピシャ感はゾクゾクですよね〜
やっぱり月礼拝には心身をありのままのバランスに整えて、本来の働きを取り戻す効果がある気がしてなりません

さらに、今日は秋の満月にお勧めしたいアーサナをあとひとつご紹介させてください

満月は一番身体が緩むときなので、同時に余分なものを排出しやすいときでもあると言われています
そして、骨盤の骨自体(骨も水分を含んでいますから)にも、骨盤内の臓器にも陰のエネルギーを活性化する効果が出やすい時期
季節的にも、夏で緩んだ身体が少しずつ締まる方向へ向かう時期でもあります

そこでオススメしたいのはデトックスと骨盤調整の効果がある、やさしいねじりのポーズです

nejirir

ツイストすることで内臓の活性化、骨盤の歪みの調整、そのどちらも叶えてくれる優秀なポーズ

何よりもツイスト系のポーズは吐くときに腹圧がかかり腹式の呼吸をしやすいので、副交感神経を優位にさせて、心をゆったり穏やかにするのに適しています

捻りのポーズにはもっと強度のあるアサナもありますが、強い捻りでなくて良いし、難度の高いものじゃない方が良いんです

月礼拝の後ですから

満月の夜ですから

とにかく柔らかい呼吸が出来る、穏やかなポーズをチョイスする、これがポイント

ちなみに、ツイストポーズのデトックス効果は、内臓への物理的な刺激よりも、リラックス作用がもたらす通便の促進の方が比重が大きいと私は思っています

心も体も、溜め込んだらあかんねん

月礼拝でゆるやかに動のヨガの気持ち良さを味わった後は、このやさしい捻りのポーズで無理なく、静のヨガ特有の深い呼吸に身を委ねるというゴールデン満月ヨガはいかがでしょう?

さあ、せっかくの中秋の満月
だんご食べたら、すぐには寝ないでレッツヨガ!

 

↓人気のヨガブログ情報、満載★
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

菜食主義について 私の本音

yasai

世の中には食に対して色々な思想や嗜好を持った人、逆に食にあまり思い入れのない人までさまざまいらっしゃいますね

ヨガを愛好していると、自然とオーガニックに興味が湧いたり、マクロビオティックな食事に触れる機会は多くなります

また、ベジタリアンを貫いている人と会ったり食事を共にすることもちょくちょくあり、私自身「ベジタリアンですか?」と質問を受けることもたまにあります

以前にもヨガの八支則についての記事を書きましたが、ヤマ(禁戒)の中にアヒムサー=非暴力という項目があり、これを貫徹しようとするとどうしたって獣を殺生して食するという肉食行動を断たざるを得ませんから、ヨガ愛好家にベジタリアンが多いのも当然ですね

で、私はどうかというと、全くもってベジタリアンではありません

食べてます、肉

そして卵やお魚その他動物性のタンパク源を、厳しく制限した食生活はおくっていません

でも、かく言う私も以前1年以上、菜食生活を送っていた時期があります
そのときは「よし、今日から肉を絶とう!」と決めたわけではなく、徐々にお肉を食べなくなりその内授乳をきっかけに油物を摂らなくなりついには全然食べなくなっていた、という感じだったので「ほぼベジタリアン」な時期を入れるともっと長かったと思います

結果どうだったか?

まずめっちゃ痩せました
今より5キロくらい痩せてたんじゃないかな…木の椅子に座ると坐骨が当たって痛かったのを覚えています、ズボンはスカスカ

健康診断の結果はヤバかったです
体重足りてない、体脂肪足りてない、コレステロール足りてない、血が足りてない…
痩せる事それ自体は悪い事でもなんでもありませんが、大切なのは痩せ方ですよね

確実に栄養不足のあかんやつでした

「そんなにお肉食べたくないし、私は健康!」と思っていたのに、まさかの再検査になってショックを受けたものです

もちろん菜食主義で良かった事もあります
スタミナが無かったかというとそうでも無く、逆に身体が軽くてフットワークは軽かったです
あと、あまり間食を取りたい欲求が無くなってお肉系を食べない以外は理想的な食生活でした

にも関わらず、健康診断の結果からも分かるように全然健康では無かったし、生理が乱れたりもし出してこれはいかんなあと気がついたわけです

身体の声、聴けてないやん!ってね

***

というわけで、私は人間本来の雑食生活に戻りました

私には菜食主義はまだ早かったようです

健康的な菜食生活に必要なのは、それを良しとする思想だけでなく、順応する体もまた然りなのですね

気持ちだけで、安易に動物性のタンパク源を断つべきでは無い事を学びました

断っておきますが、思想を持って菜食主義を貫いている人達は素晴らしいと思います!
それだけで意志の強さも感じますし、真似できないのでリスペクトです

ただ私が言いたいのは、菜食主義というのは本来、心と身体が両方整ってから自然とそうなっていくべきものだということ

元より人間は雑食の生き物なのですから、下手に制限するよりは感謝の気持ちを持ってありがたく頂けば良いのではないかと思うわけです

もし自分からは食べないとしても、心のこもったお料理をもてなされて、そこにお肉が使われていたときはその気持ちごとありがたく頂く、くらいの緩さがあった方が、今のこの世の中を生きる上でバランスが良いのではないでしょうか

だってもてなされたお料理のお肉にすら手を付けないのは、思想なのかエゴなのか微妙じゃないですか?
その獣がどんな残酷な経緯でそのお料理になったのかは分かりませんが、今、自分の眼の前にお料理として巡り合わせているわけです

それを食べないことで、その獣は浮かばれるのでしょうか
それとも、食べると獣への暴力に加担した事になるのでしょうか

私はそうは思いません

そんな事より目の前に居る相手の温情を有り難く受けやがれ、と言いたい

だから、ガチガチに主義を貫こうとするあまり、その主義がエゴになるような生き方はしたくないのです

***

ヨガを深めたその先に、本当の意味で心身が肉食を必要としない日が来るとすれば・・・

私にはまだまだずっと先の話になりますが、生きているうちにいつかは到達できるかもしれません
もしそうなれたら、それは素晴らしいことです♬

そのためにもまずは足るを知ること、そして感謝することから、もっともっと練習していきたいと思います★

 

↓人気のヨガブログ情報へ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

片脚のダウンドッグで骨盤を意図的にコントロールする

今までのヨガのレッスンでもしかしたら1番回数やってるんじゃないかってくらい代表的なアサナ、ダウンドッグ
いわゆる下向き犬のポーズですが、このアサナには色々なバリエーションがあります

例えば足踏みしてみたり、片手で反対足の足首を掴み脇から覗き込んでみたり、爪先立ちしてみたり・・・

片脚を蹴り上げた3本足の犬のポーズ(エカパダ・アドムカ・シュバナーサナ)なんかはヴィンヤサのクラスでポーズからポーズへの移行時によく組み込まれます

私も自分の受け持ちレッスンでヴィンヤサ的な内容の時はよくこの片脚を蹴り上げたダウンドッグを入れたりするのですが、繋ぎのポーズと捉えるとどうしてもその段階で立ち止まってじっくり深めるのが難しい

良くないのは、片脚を蹴り上げたときに陥りがちな、骨盤が横に開いてしまう型をそのままスルーしてしまう事です

いや、故意に、あえて骨盤開きたいわぁ〜っ!っていう意図の元、開いてるなら問題ないのですが
「うっかり骨盤開いちゃったバージョン」はテヘペロでは許されません

そして骨盤開いたバージョンを本当に意図的に気持ちよく行うためには、やはりまずは骨盤を閉じて安定させたまま脚を上げるバージョンを習得した方が良い、というのが私の持論

何故なら、骨盤の向きを固定させられるようになると体重の掛け方と体側の伸び感が変わってくるからです

ちょっとやってみましょう

まず片脚を背骨の延長線上に伸ばしたバージョン

単に脚を上げようとすると、おそらく骨盤が傾いてフワッと脚は上がるかと思います
んで、これは割と楽勝
楽勝ってことはですよ?

ズバリどこにも効いてないってコトです

やりたいのはダウンドッグから上半身は全く動かさないまま、股関節から片脚を後ろに伸ばす意識で上げること

dd1

これが上げている脚の太腿の裏側、ハムストリングに効いてくる
しかも骨盤が開かないように安定させるためには、腹筋に加えて下ろしている方の脚のハムストリングも使うのです

では今度は骨盤をあえて横に開いてみましょう
そのかわり脚はもっと高く高く!

dd2

両手にかかる体重が偏りそうになりますが、両手に50%ずつ体重を乗せようと意識することでしっかり床をプッシュ出来て脚が上に伸びやすくなります

このとき「脚伸びろ〜!長く伸びろ〜!」という気持ちでやってみましょう
スラリとした長い脚が手に入りスタイル抜群になった自分を、イメージする力が付きます
(注:実際には伸びません)

現実に効いてくるのは、お尻の筋肉
お尻がギュッと引き締まる感覚があれば大正解

引き締まったプリプリお尻を、目指せます

さて、骨と筋肉を使う、使う、とくれば、今度は伸ばしたくなるのがザ・人体

伸ばした脚を膝曲げてさらに反らしてみましょう
骨盤は、今度は逆にひっくり返すぞくらいの意識で!

もう両手に乗る体重が偏っても構わないので、とにかく引っ張り伸ばーす

dd3

うっひょ〜伸びる〜!これでもかってくらい伸びる〜!

 

はい
気が済んだら、ゆっくりと戻って反対側行きましょう

***

ダウンドッグって、片脚になる事で骨盤の向きが自由になります
ちょっと不安定になるわけです

その不安定な骨盤を安定させるも、自由自在に動かすも、目的を持って取り組む事が大切

自分の意思でコントロールするからこそ、効いてくる箇所があり、意識を内面に向けやすくなると、思うんです

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

日常生活にサイマティクスを取り入れる

hamon

以前にも記事にしましたが、私が担当させて頂いているレッスンのひとつにサイマティクスという音波療法を取り入れていらっしゃる京都の鍼灸院、ラ・サルーテにて音(サイマティクス)と香りとのコラボレーションヨガの講座があります
ラ・サルーテの石原先生の暖かいお人柄や深い知識と経験については、先生のブログなどで垣間みる事ができるかと

さて、サイマティクスという音波療法はどんなものか、またその振動の何とも言えず不思議で心地よい感覚については以前こちらの記事でも触れさせていただきましたが、今日ご紹介したいのは、そのサイマティクスを取り入れたCDについてです

先日、ラ・サルーテでのレッスンの際に、前から気になっていた『Fairy Sonic』というCDを購入しました

fairysonic

HPでも購入できるようですね

謳われている効果としては日常的にこのCDを空間に流す事でリラックス効果をはじめ鬱や不登校、癇癪などを改善し、精神の安定を促すのだとか

特に鬱や癇癪があるわけでなくても、心の調子を理想的な状態に整える手助けには充分なりそうです

しかも「よし、CDを聴こう!」と意気込まなくても、小音量で空間に流しておくだけで穏やかに効いてくるということなので、早速、子供達も気にしないくらいの音でリビングのBGMに使用することにしました

私「これ、天使のCDやねんでえ」
娘「まあ★ステキねぇ・・・」(謎の標準語)

ちなみに内容は綺麗なメロディのベースに、サイマティクス特有の音の波が重なっているような感じ
日常の空間に違和感なく溶け込みます

これがまた、ヨガのレッスンにもめっちゃ使えそうな感じだったので、自主練中にも積極的に使用しました

そんなこんなでこのCDを日常的にヘビロテすること1ヶ月
ふと気がついたら・・・

・・・子供同士の兄弟喧嘩が減った・・・!!

そう、減ったんです

CDを流し始めたのは夏休みに入ってから

子供達が家に居る時間が普段より長くなるのに比例して、こぜりあいも増えてきた頃でした

 

娘1「お母さん、はー君がもう15分以上DSやったのに代わってくれへん!!」
息子「ちがうでぇ!オレ(注:4歳児です)まだちょっとしかやってへんで?」
娘2「お母さん、いーちゃんなんかまだ1回もやってへんねんで」
息子「えー違うでいーちゃんもさっきオレ(注:4歳児です)といっしょにやってたで」
娘1「いーちゃんはおえかきして遊んでたしカンケーないやろ!?・・・あ、ていうかそれあたしのえんぴつやん!
お母さーん、いーちゃん勝手に学校のやつ使ったー!」

母『ええいややこし〜!!もうゲーム終わり!仲良う遊び!!!』

 

そう、そこに物が1つと子供が2人以上居れば、事態は果てしなくややこしくなり得ます

しかしです
陥りがちなこんなやりとりも思い起こせばここ最近やってない
あれ、ちゃんと仲良く遊んでるやん、という事に気がつきました

兄弟喧嘩は社会性が身に付いたり子供の成長に繋がる面もありますが、やっぱり機嫌よく仲良く遊んでくれている様子を見るのは癒されるものですし、親子での遊びも盛り上がります

そうして、私も声を張り上げて仲裁する事もなく、みんな笑顔が増える!

・・・は∑(゚Д゚)

もしかしたら兄弟喧嘩が減ったのは、母である私が穏やかになったからかかも?!

母親の発するオーラを子供は敏感に感じ取りますから、無意識の内に私自身がサイマティクスで癒されていたのかもしれませんね

卵が先か、鶏が先か、みたいな話ですが、正のスパイラルである事は間違いない

そんなわけで、確かに穏やかに、我が家の空間に効いてくれているようです
優しくて綺麗な音楽をかけるだけでも癒されますが、このサイマティクスのCDはその場の空気にもっと物理的に、直接的に働きかけてくれているように感じました

音の波動って見えないから気がつきませんが、実は想像を遥かに超えて広がっていって、色んな物に影響しているのかもしれませんね

例えばそれは自分が発する言葉も然り

良い響きを持つ言葉を使うには、まずは自分の内面から整えなくては

身体の外から響いて内側にも影響してくれる音の響きの力は、色んな人にとってその生活をより良くする可能性を秘めているように思ったのです

・・・てことで

今度、レッスン中にも使用してみようかな(^^)

 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

体の不思議!ナーディショーダナ片鼻呼吸で自律神経が整うのは何故か

neru

ヨガは呼吸が最も重要、なんて言いますが、それって一体何故なのか考えたことありますか?

身体の作用で1番分かりやすく、即座に精神の影響を受けるのは呼吸ではないでしょうか
緊張したり怒りがあれば呼吸は浅くなるし、穏やかなときは呼吸もまたゆったり深くなるように

私たちの体は偉大なる自律神経が内蔵を動かしたり体温を調節したりその他色々な事を、マヌケ面で鼻クソほじってる間にも漫画読んでる間にも休まずやってくれているわけですが、呼吸もまた自律神経のおかげで無意識に繰り返しています

逆に言うと、意識的に呼吸をすることは唯一、自分の意思で自律神経をコントロールする手段なんですよね
そしてこの効果を最大限に引き出すための呼吸が、ヨガで言う色々な呼吸法です

その中のひとつ、ナーディショーダナという片鼻呼吸法に、焦点を当ててみましょう

***

ナーディショーダナはハタ呼吸とも呼ばれ、ハタ(ハ=陽 タ=陰)という言葉の意味通り陰陽のバランスを整えるための呼吸法と言われています

やり方は、右手親指を右小鼻に添え、右手薬指を左小鼻に添えて片方ずつ閉じながら、左右の鼻腔片方ずつに交互に、吐く吸うを繰り返すもの

普段の両鼻腔での呼吸ではなく、片鼻ずつ呼吸する事で心身の陰陽バランスが整いやすくなりリラックス効果をもたらします

ここで言う陰陽バランスとは、平たく言うと交感神経、副交感神経と捉えていただくと分かり易いかと思いますが、何故、片鼻ずつ呼吸すると交感神経と副交感神経のバランスが整うのでしょうか?

***

ヨガの考え方では、背骨に沿って通るスシュムナーと言う生命エネルギーが通る管(ナディ)があり、その周りを螺旋状にイダと呼ばれる陰のエネルギーを通すナディと、ピンガラと呼ばれる陽のエネルギーを通すナディが対称的に巡っていると言われています

そして、右鼻腔は陽のナディであるピンガラへ、左鼻腔は陰のナディであるイダへ繋がっているのだとか

つまり、右鼻腔での呼吸は陽のエネルギーを通し心身を元気にする交感神経を刺激し、左鼻腔での呼吸は陰のエネルギーを通し心身をリラックスさせる副交感神経を刺激するということ

ところで私達、普段の呼吸は両鼻で行っていますが
、実は平均115分おきくらいで優位な鼻腔が入れ替わってるってご存知ですか?

右鼻腔優位、つまり右鼻腔の方が通りが良い115分が過ぎると、自然と左鼻腔の方が通りが良い115分に切り替わります
この働きによって、身体は自然と陰陽のバランスを取っているんですって!

確かに、ナーディショーダナを行った2時間後くらいにもう1回ナーディショーダナ第2ラウンドをやってみると、通りの良い鼻腔が変わっていたりします

オーマイゴット

凄いやん、身体

右鼻腔と左鼻腔、2つに分かれている理由は鼻フックが安定しやすいからでも、小学生が選挙ポスターに画鋲を2本刺せるからでもなかったのです

片鼻ずつ呼吸することで身体に備わったこの働きを整えることが出来るのは、ナーディショーダナをやった後に自然と落ち着く感覚で何となく分かります

この効果がなかなか侮れず、不安が大きいときなんかにも楽天的な気持ちを取り戻せたりするように私は感じています

***

私達の身体は、元々それ単体で心身を健全に保つための色々な力を持っているんじゃないでしょうか

その力を目覚めさせる第一段階が、呼吸法なのかもしれませんね

 
 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

半月のポーズのこんな練習方法

ヨガのアサナには、正しくポーズを取るための適切な身体の使い方=アライメントがそれぞれにちゃんとあって、その正しいアライメントに自分の身体を近づけようとする事で然るべき箇所に効いてきたり、身体の感覚に意識を向けやすくなったりという効果が得られるという大前提がありますが、自主線しているとどうしてもツメが甘くなってしまったりするものですよね

特にちょっとツラいアサナはその傾向が強くて、ついついやりやすいアライメントや短いキープ時間で満足してしまったり・・・

これぞヨガの自主練あるある

バランス感覚も筋力も必要なアサナは尚のこと

アルダチャンドラーサナ 半月のポーズなどはその代表格です

hangetu_var

このアーサナ
ちゃんとやろうとすると本当に難しいとやればやるほどに思います

要になるのは軸脚

軸脚が真横を向いてその延長線上に手が来るのが本当の正しいアライメントですが、これってかなり柔軟な股関節と、その姿勢を支える体幹のバランス感覚が無いと実現し得ないのです

なのでいきなり軸脚真横、ではなく少し内に向ける軽減法でまずはバランス感覚を鍛えていく事が妥当な練習方法かと思っているのですが、先日、この半月のポーズのとても面白い練習方法を教えていただきました

軸脚を股関節から横に向けて、ゆらゆら左右に揺れながら自分自身のタイミングで一気に完成形へ持っていく、というもの

p_chandra

この練習方法の良いところは、何と言っても誤魔化しが効かないところです
逆に、この方法でピタッと完成形に持っていくことが出来れば、通常のやり方なら楽勝でバランスを取れるということ!

めっちゃいい練習方法やん!

ということで最近ちょくちょくやってます
なかなか難しいのですが、たまにピタッとハマるときがあってそれが爽快
そしてその感覚こそがアルダ・チャンドラーサナに必要なバランス感覚であり、キープする事で集中力と体幹を鍛えることができるというわけです

慣れるまでは軸脚方向を少し内に入れ込んでやりやすくしてもいいし、軸足が少し曲がった状態までで止めてみてもいいですね
慣れてきたら徐々に正しいアライメントに近づけていけることでしょう

コツとしては、息を吐くタイミングで軸脚に全ての体重を乗せることでしょうか
お腹に力が入るので安定しやすくなります★

***

こんな風に、ちょっとゲーム感覚で練習するのも面白いものです♬

楽しみながらアーサナを鍛錬できる方法、もっと探っていきたいです

 
 
 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

ヨガに筋トレは必要なのか?

danbel

結論から言うと、特に必要ないと思っていますが、私は少しやっています、筋トレ
その理由について

ご興味のある方は、続きをどうぞ

***

ヨガのアーサナは、誰でも出来ますよね

身体が硬くても、肺活量が無くても、ムキムキでもガリガリでも足が長くても胴が長くてもお年寄りでも子供でも・・・

何故、誰でも出来るのかというと答えはシンプルで、その人それぞれのヨガをすれば良いからです

アーサナは、ポイントさえ押さえていれば、お手本通りに行う必要も全くありません
正解があるとしたら、その人にとって効くべき箇所に効いていて、柔らかい呼吸が出来ていること

アーサナに日々取り組んでいると、まず感じる変化は柔軟性の向上かと思います
私もそうでした

元々全然身体が柔らかい方では無かったので、やればやるほどに柔軟になっていく身体の変化がとても面白く、それがヨガにのめり込んだひとつの要因でもありました

そして柔軟性があがるごとに正しく出来るアーサナが広がり、より深く呼吸をする事が出来たり身体の感覚に意識を向ける余裕がうまれて、さらに気持ち良さが実感できていく、という嬉しいスパイラル

ヨガを続けている方なら必ずといっていいほどこの経緯を踏んでいるかと思います
それこそがヨガの醍醐味ですよね、そのまま続けていけば色々な効果が出てくるわけです

さて、ある程度柔軟性が上がって来たら、ネクストステップ
もっと色んなアサナをやってみたい!となってくると、女性の場合特に、筋力の無さという壁が立ちはだかってきます

なぜなら、アーサナには筋力が欠かせないものも多く存在するからです

***

アーサナには、
○柔軟性を高めながら呼吸を深めていくもの
○筋力(インナーマッスル)を使いキープすることで呼吸を深めていくもの
○バランスを取りながら集中力を高めて呼吸を深めていくもの
など色々あります

ここで言う筋力とは、モリモリの筋肉を使う瞬発力ではなく、主に縦に長い筋肉から生まれる持久力のことです

身体の各部分に持久力を持った縦長の筋肉があればパワー系の色々なアーサナが可能になりますが、一部のアシュタンガヨガなどのアームバランス系(腕で立つもの)のアーサナを除いては、特に必要なのは太腿など下半身の筋肉、そして一番外せないのは・・・

腹筋!!

腹筋です
腹筋はヨガで使う筋肉の中で最も重要・・・というか、最も色々なアーサナで使います
そもそも腹式呼吸だって腹筋使いますしね

一見、腹筋なんかそんなに使ってなさそうなアーサナでも、実は腹筋無くてはキープできないものの多いこと
倒立系は分かりやすく、腹筋があるかないかで安定感がそりゃもうガラッと変わってきます

ですから、私も日々自主練の中で筋トレとして主に腹筋エクササイズは取り入れています
そして気分がノってる日はたまにスクワットなど入れてみる

6つに割る気は無いけれど

お腹の真ん中、腹直筋の中央にスッと縦スジ1本、そして出来れば腹直筋と外腹斜筋(ウエストラインの筋肉)の間にも左右1本ずつ縦スジが入るような、軽く引き締まった程度の腹筋があれば、より一層ヨガを楽しむ事が出来ると思います♬

効果的な鍛え方も色々あるので、ご興味のある方は検索してみてくださいね

私が取り入れているメニューも、その内ご紹介しようと思います(^^)

 
 
 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

ヨガ的 間食のススメ

sirial

さあ、おやつの時間です

普段みなさまは、どんな間食をどんなふうに摂っていらっしゃるでしょう?
1番多いのは、3時頃にちょっとした甘い物をお茶を飲みながら、というパターンでしょうか

午後3時の軽食、というのは生体リズム的に脂肪を溜め込みにくいとか、リラックス効果があるとか、適量なら夕飯の食べ過ぎを防げる等、体型や健康を気にする方にとってもメリットがあるというのは私も聞いたことがありますが、とは言え甘いものやジャンクフードを食べすぎてしまうと本末転倒になるという罠を孕んだちょっと危険な習慣でもあります

ではそんな3時のオヤツの甘い罠に、ハマらない間食ってどんな間食なんでしょう?

・・・という、興味深い疑問にズバリと答えてくれる心強い商品に、この度yogakurageは出会ってしまいました

その名も『snaq.me』
snacme

何でも、150種類ものナチュラルなおやつの中から自分でカスタマイズする事が出来る、身体に優しい間食のための商品なのだとか

サンプルを頂いたのをきっかけに、最初は「自然食品のお店なんかに置いてるようなナチュラル系のお菓子?」なんて思いながら食べてみた、その感想

そう、確かにナチュラル系のお菓子である事に変わりは無いのですが、まず、めっちゃ美味しい

オーガニックなナッツやドライフルーツはもちろんそうなのですが、スナックミーのオリジナルのお菓子はどれも素朴な味わいで本当に美味しいです

そして、身体に嬉しい効果がある

例えば写真手前のさつまいもスティック
素材の味が濃いだけでなく、グルテンフリーです

ナッツやドライフルーツも、効果的に摂取出来る栄養素に沿って組み合わせが考えられていたり、低カロリーをテーマに据えたもの、美肌効果のある物など、その人その人のニーズに合わせて選べます

snacme2

おやつなのに、余計なものを食べている感じが全くしません

だからでしょうか、そんなに食べすぎる事もなく満足出来ます

***

大体ね、
おやつって何で食べすぎるねん、てとこ、考えてみましょう

おそらくは巷に溢れるジャンクフードや駄菓子は味が濃くて中毒性があったり、眼が覚めるような甘さがあったり、こってりしてて瞬間的にカロリーが満たされたり、という「パンチの効いた」味のある物が多く、それ故にブレーキが効きにくいんだと思うんですよね

つまり「サントーシャ(知足)」に至りにくく「アパリグラハ(不貪)」を実行しにくいということ

もちろん、たまにはそういったパンチの効いた「美味しい〜!!」おやつを、量を決めていただくのはひとつの潤いにもなりますが、毎日の暮らしに取り入れるベーシックな間食としては新鮮な果物や、スナックミーのような身体に優しいおやつに軍配が上がります

ジャンクフードって不思議な事に、食べれば食べるほど日々身体が欲しがるようになりませんか?

この悪循環にハマってしまったときは、思い切って一旦ジャンクフードを絶つのが良いと私は思っています

経験上、身体は必要な栄養素をちゃんと取っていれば、余計なものは欲しくならないものです
裏を返せば余計なものがやたらと欲しくなるのは、何かしらバランスが崩れているシグナルでもあるわけです

おやつなのに、身体にとって余分じゃ無いものを撮れるとしたら、そしてそれが美味しいとしたら・・・

バランスを崩す悪循環にハマらない食生活を送れそうですよね

どうせ間食するなら心にも身体にも潤いを補給できる間食を!
ヨガの一環として、取り入れていきたいですね(^^)
 
 
 

↓人気ヨガブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村